2018年04月30日

【カットリク!】「聖メンバー」への崇敬

 この記事の内容の信頼性について検証が求められています。確認のための文献や情報源をご存知の方はご提示ください。


「聖メンバー」はキリスト教の聖人であるが、カトリック、正教会、聖公会とも、正式な聖人とは認めていない。

 忘れ去られた聖人として、長い世紀を隔て知られることがなかったが、2001年に「ジャニーズ宣教会(*1)」の稲垣吾郎氏が駐車違反と公務執行妨害で警察に逮捕されたとき、同氏の名が「稲垣メンバー」という「聖メンバー」の洗礼名(*2)付きでマスコミ各社に報道され、「聖メンバー」という聖人の存在が改めて衆目を浴びるようになった。

(*1)「ジャニーズ宣教会」はインターネットへの顔出しを禁じる厳しい規律があり、所属会員がネットに載るときは姿を黒塗りにするというおきてが長らく厳守されていたが、近年になって解禁されており、同宣教会の宣教力の低下を懸念する声がある(誰から?)

(*2)キリスト教徒が洗礼をうけたときに与えられる名、霊名、クリスチャンネームとも呼ばれる。多くは尊敬する聖人の名などを取ってつけられる。

「聖メンバ−」の聖人としての逸話は謎に包まれており、盗んだロバを勝手に宿屋に止め、それをとがめた者を無視して逃げる。裸で森を歩くなどの奇行を繰り返していたというが、あるとき、「電波の愛修道会(*3)」のマザー・ソンタクに出会い、キリストに帰依するようになったという(要出典)

(*3)20世紀には、ラジオ、テレビを通じ、その宣教活動は絶大なものがあったが、ネットのある現在、その影響力は格段に落ちているという一部の識者(誰?)の指摘がある。

 しかし、その逸話はもちろん、「聖メンバー」自体の存在すら疑う声が多く、一応、殉教記念日は8月24日となっているが、カトリック、正教会、聖公会ともまったく無視しているのが現状である。

 似たような聖人として「聖タレント」、「聖ショゾク・タレント」、「聖モト・メンバー」「聖ギタリスト」「聖シカイシャ」などの存在も見直されているが、彼らの聖人としての逸話が反社会性という点で「聖メンバー」と共通しており、やはり正式な聖人として認定されてはいない。

「聖メンバー」の存在は上記のように一時注目された後、また忘れられつつあったが、2018年4月26日、ジャニーズ宣教会の山口達也氏が強制わいせつ事件によって書類送検され、同氏の洗礼名がやはり「メンバー」であったことから、再び「山口メンバー」という名がマスコミに流れ、「聖メンバー」の名がネットを駆け巡ることになった。

 しかし現在においても、やはりメンバーという聖人の存在は疑問視されており、この先も、キリスト教界が聖人として認めることはないと思われる。
(一部の例外として、「電波の愛修道会」のマザー・ソンタク派のみが、上記各種聖人の存在を主張している状況である)

カットリク!ポイント75――
 カットリクには「聖メンバー」という聖人が存在する。


 なお、世間の一部に「聖ヨウギシャ」という聖人の存在を信じる声があるが、これは明確に「容疑者」の読み間違いであると思われる。
posted by 結城恭介 at 08:00| 新興宗教カットリク!の研究

2018年04月29日

【甘味】コメダ珈琲「シロノワール完熟チョコバナ」

 またコメダ珈琲である。そしてまたシロノワールである。
 4月16日から、チョコバナナをイメージした「シロノワール完熟チョコバナ」という商品が期間限定で発売されるという。

 大のバナナ党のわたし(「【日記】バナナはオヤツに入りますん」参照)、これは食べられるうちに食べておきたい。



 ちなみに、「完熟チョコバナナ」ではなく「チョコバナ」である。シェアして食べながら、チョコ話に花を咲かせてもらいたいという店側の意図であろうか。
 というわけで、細君とガールズトークを楽しみに(ガールズじゃないじゃん、といつもつっこまれる)、コメダ珈琲へとクルマを止めたのであった。いいじゃん、心は女≠ニ言えば通用する時代なんだからっ!

 注文してしばらく、さっそくやってきましたよ。「シロノワール完熟チョコバナ」。



 あれ、あれ、あれ……?

「【甘味】コメダ珈琲「シロノワールN.Y」と「コメ黒」」でも起きたことなのだが、あれ、あれ? シロップがついてこない。
 これはまた間違いなのかな? と店員のお嬢さんを呼んで訊いてみる。

「こちら、シロップはついてこないんですか?」
「はい!」お嬢さんは元気よく「シロップはついてきません!」

 ……そーなんだ。
 なんか、シロノワールN.Y.のときはシロップが出たり出なかったりで、ちょっと疑心暗鬼である。
 ま、ないならないでそれはよしとして。



 デニッシュの間にバナナクリーム。今日は昼食後のデザート代わりなので、細君と半分こということで、





 うん、ソフトクリームとバナナクリームの相性がいい。デニッシュに飛んでいるミックスチョコが楽しくて、子ども心に還る感じ。
 シロノワールN.Y.はどちらかというと「主食系」にできる味だったが、これはバッチリ、スイーツである。ごちそうさまでした。

 それにしても、シロップのありなしは謎だなぁ……。
 なにを基準に「このシロノワールにはシロップあり」「なし」を決めているのだろうか。甘党としては、全部のシロノワールにシロップつけちゃってもいいと思うよ、うん。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味

2018年04月28日

【日記】おや!? 御子(みこ)のようすが……

「おめでとう御子(みこ)は御子(おんこ)にしんかした!」

 なんのことやら、クリスチャン以外、それもカトリック以外の人にはわからないと思うが、イエス・キリストは父なる神の子であり、「御子」なのである。

 さて、読者の皆様、「御子」をどのように読みましたか? みこ? おんこ?
 ちなみにMicrosoft IMEでは「おんこ」では変換できない。「みこ」である。

 ところが、カトリックの典礼式文では「おんこ」と呼ぶのが正式なのである。
 そして典礼の朗読で使われる「聖書・新共同訳」では「みこ」とルビが振られている。
 つまり、聖書朗読のときは「御子」を「みこ」と読んでいるのに、その他の典礼式文では「おんこ」と読む矛盾が、ずーっと生じていたのである。


(今年の「よい牧者の主日」こと復活節第4主日の「聖書と典礼」。どことなく「カルディ」の逸話を思い出す表紙絵である)


(そして第二朗読は1ヨハ3:1-2。「みこ」とルビが振られている)


(次ページの式文にはルビは振られていないが、司祭は「おんこ」と読む)

 それが2018/04/19のカトリック中央協議会からのお達しで、日本聖書協会との協議を重ねた結果、やっと、典礼における聖書朗読に限っては「おんこ」と読む許可を得た、というのであった。

 くわしくはカトリック中央協議会の「『聖書 新共同訳』の「御子(みこ)」の読み替えについて」あたりをご覧くださいませ。

 この読み替えは、今年の聖霊降臨の主日の翌日(5月21日)から実施されるとのこと。

 さて、カトリックの主日ミサは、通常、第一朗読、第二朗読があるのだが、これは朗読台に用意された「ミサ典礼書」を読むのが正式のこととなっている。
 よく、その日の「聖書と典礼」を持って朗読台へ行き、それを読んでしまう朗読者がいるのだが、細かいことを言えば、それはアウト、なのである。

 以前、「ヤハウェ」を「主」に読み替えよ、とカトリック中央協議会からお達しがあったとき、教会委員や教会事務は、典礼聖歌の「ヤハウェ」の上に「主」のシール貼りをがんばったのだが(笑)、今度もミサ典礼書の御子のルビ「みこ」に「おんこ」のシール貼りをがんばらねばならないのだろうか(汗)。

「聖書・聖書協会共同訳」の発行(11月末)を目の前にして、やっとこの変更が行われたという事は、カトリック中央協議会、司教団も、新訳発行後も数年は「新共同訳で行く」という意思の現われなのかもしれない、と思ったりも。

 ちなみに、新しい「聖書・聖書協会共同訳」で「御子」にどちらのルビがついているかというと、やはり「みこ」である。


(「聖書・聖書協会共同訳」のロマ信1:3のサンプルより)

♪聖しこの夜、星は光り、救いの御子(みこ)は――


 という歌詞を、カトリックは歌わない(「【カットリク!】聖痕・後編」参照)という「カットリク!」も、思い出していただければ。御子(みこ)はプロテスタント用語なのである。

 ところで、カトリックにおいて、御子は「おんこ」だが「御父」は「おんちち」と、プロテスタントと変わらない。
「御」にまつわる、ほかのテクニカルタームをいくつかあげてみよう。

「御聖堂」――「おみどう」。「ごせいどう」と読むのはトーシロです。
「御血」――「おんち」。ボエー。
「御体」――「おんからだ」。ただしこれは聖変化したご聖体のみを指す言葉で、日常生活で「おんからだを大切に」などと言ったりはしない。
「御絵」――「ごえ」。なぜかこれは「おんえ」じゃないんだなぁ。
「御メダイ」――「おめだい」。「ごめだい」でも「おんめだい」でもない。不思議。
「御大切」――「ごたいせつ」。その昔、神の愛のことをこう呼んだのです。
「御聖水」――「ごせいすい」。「おんせいすい」とは聞いたことがない。
「御国」――「みくに」。
「御名」――「みな」。
「御心」――「みこころ」。上ふたつと合わせて「み」三姉妹ですな。

 まあ要するに、イエスに関するところは「おん」で、そのほかは「ご」だったり「お」だったり「み」だったりと、統一されていないというのが実際のところ。

 こんなところで、たとえばクリスチャン同士のエキュメニカルな会合などがあったとき、世間話をしていて、「あ、この人、カトリックだな」、「プロテスタントだな」とわかったりするのである(というか、なにも話さなくても、なんとなく、かもしだす空気感でわかっちゃうものなのだけれどね、不思議と)。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2018年04月27日

【日記】結城さんは倒れたの

 以下は極秘情報。
 最高機密。
 バイオニックじゃない施術カルテ。

 結城恭介。
 男。
 職業、会社役員。

 瀕死でもない軽症。
 妻が運転するクルマを追っての事故。
 負傷箇所。
 両手のひら、右の親指。
 左肘、左上腕(元から五十肩)、右上腕。
 右膝、顎。

 治療内容。
 絆創膏貼りまくり。ロキソニンとムコスタを服用。
 責任者:整形外科のお医者さん。
 費用:健康保険適用。


 というわけで、結城さんは転んじゃったの。
 でも、すぐ立ち上がれなかったの(ぐすん)。

 ↑のようなフレーズを、最近、面白がって使っていたので、神さまも面白がって、「わしもいっちょコイツを転がしたるか」と、ヨナ書でヨナをからかったように、わたしをアスファルトに転がされたのだと思われる。

彼は、主に訴えた。「ああ、主よ、わたしがまだ国にいましたとき、言ったとおりではありませんか。だから、わたしは先にタルシシュに向かって逃げたのです。わたしには、こうなることが分かっていました。あなたは、恵みと憐れみの神であり、忍耐深く、慈しみに富み、災いをくだそうとしても思い直される方です。(ヨナ書 4:2)


 今はもうこんな気持ち。勘弁してくださいよ、もう。

 どうして「妻が運転するクルマを追っての事故」に遭ってしまったのかは、そのうち、機会と気力があったらクダリを書くかもしれない。
 けれど今は特に、両手のひらの傷が痛くて、長時間、タイプしていられない。腫れてきてしまったので、左手薬指の指輪を外したくらい。

 とまあ、こういうわけなので、ブログのストックはまだしばらくあるが、もし毎日更新が途絶しても「あぁ、傷がまだ治っていないのだな」とご了解のほど。
 ここまで書くのも一苦労であった。

 最近は、フリック入力で卒論を書く若者がいるとも聞く。ひょっとしたらキーボードを使わないのは、本当に人間の進化系なのかもしれず。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2018年04月26日

【甘味】さかい珈琲「いちごと抹茶のマリアージュ」

 たまに通る道沿いに「さかい珈琲」という看板を出している店があって、ちょっと雰囲気よさそうで気になっていたのであった。
 ネットで調べると、本社は岐阜発祥のチェーン店らしい。

 かなりコーヒーに自信を持っていると上に、この春は「いちごと抹茶のマリアージュ」という、いかにも美味しそうなメニューを限定発売しているとのこと。
 これは甘味者として、一度は行っておかねば、と、細君と寄ってみたのであった。

 店内の雰囲気はちょっと薄暗く、調度品は豪華な感じ。椅子もフカフカだ。そういう系統の店なのね、と、納得。

 肝心の「いちごと抹茶のマリアージュ」は――





 いやぁ、これは美味しそうだ。お値段1,274円(税込)はちょっと高めに感じるが――

※ご注文を頂いてからメレンゲと生地をあわせて焼くためご提供に20〜30分程かかります。また、注文数が多い場合は更にお時間がかかりますので予めご了承ください。


 との注意書きが、逆に甘味者の心をくすぐってくれる。

 コーヒーはブレンドとアメリカンを注文。こちらはすぐ出してくれるようお願いし、細君と交互に一口づつ。うーん。もうしわけないけれど、コーヒーはごくふつうかな。お値段はまあ、場所代として納得しましょう。



 豆菓子がついてくるのは、まるでコメダ珈琲。箱根の山を越えると、喫茶店はみんな豆菓子を出すものなのだろうか?

 そして待つこと数十分。きましたよ――



 おおう、これは美味そう。しかもいつぞやの「コメダ珈琲」の「君なんか写真と違わない?」事件と違って、写真より抹茶パウダーがふんだんに振り掛けられており、豪華感が増しているではないはないの。

 さっそく、細君と食前の祈りを済ませて、いただきます。







 美味しそうでしょう!
 半分に切ると、断面は――



 メレンゲとスポンジ、それにちょっとすっぱいイチゴ、そして抹茶パウダーに、かかっているアンコが、絶妙なマリアージュである。うん、これはいいよ。美味しい。



 あっという間に食べてしまって、もうこんなに少なくなってしまった。
 量的にも、コメダのシロノワール(大)よりはちょっと多く、シェアして食べても十分満足感があると思う。
 ま、その分、お値段がちょっと、ね。

 今週はちょっとがんばったので、自分へのご褒美にはいいかな、と思った、贅沢な甘味でした。ごちそうさま。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味