2018年04月20日

【日記】スターバックス「タッチ・ザ・ドリップ」

 正直者のモノカキがスタバの森を歩いていたときのことです。ひょんなことから、そこの湖にスタバカードを落としてしまいました。
 モノカキが途方に暮れておりますと、なんということでしょう、湖からセイレーンの女神が現れて、こう言ったのです。

 セイレーン「あなたが落としたのは、この、普通にお店でもらえるストリート≠フカードですか?」



 モノカキは答えました。「いいえ、それは以前使っていましたが、今は使っていません」

 セイレーン「では、あなたが落としたのは、スタバでコーヒーグッズを買ったときに抽選で当選した、このアイスキューブ≠フカードですか?」



 モノカキ「そうです。いただいたそれを使っていました。わりと珍しいカードらしくて、PTRさんに声をかけられることも多かったです」

 セイレーンはニッコリと微笑むと、こう言いました。「では、正直者のあなたには、このふたつのカードのほかに、タッチ・ザ・ドリップも差し上げましょう」


 というわけで、佐川急便から大きめの箱が届いた。実は6月当選組だったのだが、繰り上がって4月に発送になったのである。
 これが外箱。中身に比してけっこう大きい。



 開けてみると、まずは伝票。



・STARBUCKS TOUCH THE Drip LIGHT BLUE(入金済み) 数量1 価格0円
・スターバックス カード入金 1000円 数量1 価格1,000円 非課税
・STARBUCKS TOUCH THE Drip LIGHT BLUE 数量1 価格3,000円 課税8%

 で、合計金額4,240円となっている。

 わくわくしながら伝票を取ると、出てきましたよ、タッチ・ザ・ドリップ。



 ひっくり返すと、注意書きの紙が入っている。まあ、クルマのダッシュボードに置くなとか、そのあたり、常識的なことが記されている。



 ビニール袋から出すとこんな感じ。



 左側のプラスチックタグの裏に、カードナンバーとPINコードが記されている。今まで、この裏側をバーンと写真で出しているサイトはなかったような気がする。ので、ババーン(もちろん、ナンバーはモザイクかけているが)



 このタグには「外すな」と記されているが、頼りないプラスチックケーブルでタッチ・ザ・ドリップ本体とつながっているだけだし、必要なのはカードナンバーとPINコードだけだと思うので、力任せに接続部を引っ張って、外してしまった。



 これで、タッチ・ザ・ドリップだけを単体でどこかにつけられる。プラカードは別に保存しておけばかまわないだろう。

 さっそく、スターバックスのサイトへ行って、PINコードを削り、新しいカードとして登録した。ここでの扱い自体はカードとまったく変わらない。メインカードに設定して、今までのアイスキューブから残高移行も順調に行えた。

 さて、どうやって持ち運ぼうか迷ったが、結局、キーホルダーを入れている小さなポーチにつけることに。

 タッチ・ザ・ドリップ自体は、去年6月の販売日に、各販売店に長い列ができ、混乱を避けるために、急遽、販売中止に。ウェブでの抽選になったくらいの人気だが、そのときの発表だと、抽選後の当選者数は――

 1回目:2017年07月頃 2,500個
 2回目:2017年12月頃 5,000個
 3回目:2018年03月頃 7,500個
 4回目:2018年06月頃 7,500個

 となっており、計22,500個がユーザーのもとに届くことになっている。これ以前にもタッチ・ザ・ドリップは販売されていた(やはり瞬殺だった)ので、まあ、国内で25,000人程度は持っているということになる。
 珍しさ、という観点から言えば――



 のアイスキューブ≠フカードの方が珍しいのではないだろうか、とも思う。
 が、まあいいのだよ。こういうのはファンアイテムなのだから。

 今週末にでも、早速使ってみたいと思っている。ドキドキ。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記