2018年04月29日

【甘味】コメダ珈琲「シロノワール完熟チョコバナ」

 またコメダ珈琲である。そしてまたシロノワールである。
 4月16日から、チョコバナナをイメージした「シロノワール完熟チョコバナ」という商品が期間限定で発売されるという。

 大のバナナ党のわたし(「【日記】バナナはオヤツに入りますん」参照)、これは食べられるうちに食べておきたい。



 ちなみに、「完熟チョコバナナ」ではなく「チョコバナ」である。シェアして食べながら、チョコ話に花を咲かせてもらいたいという店側の意図であろうか。
 というわけで、細君とガールズトークを楽しみに(ガールズじゃないじゃん、といつもつっこまれる)、コメダ珈琲へとクルマを止めたのであった。いいじゃん、心は女≠ニ言えば通用する時代なんだからっ!

 注文してしばらく、さっそくやってきましたよ。「シロノワール完熟チョコバナ」。



 あれ、あれ、あれ……?

「【甘味】コメダ珈琲「シロノワールN.Y」と「コメ黒」」でも起きたことなのだが、あれ、あれ? シロップがついてこない。
 これはまた間違いなのかな? と店員のお嬢さんを呼んで訊いてみる。

「こちら、シロップはついてこないんですか?」
「はい!」お嬢さんは元気よく「シロップはついてきません!」

 ……そーなんだ。
 なんか、シロノワールN.Y.のときはシロップが出たり出なかったりで、ちょっと疑心暗鬼である。
 ま、ないならないでそれはよしとして。



 デニッシュの間にバナナクリーム。今日は昼食後のデザート代わりなので、細君と半分こということで、





 うん、ソフトクリームとバナナクリームの相性がいい。デニッシュに飛んでいるミックスチョコが楽しくて、子ども心に還る感じ。
 シロノワールN.Y.はどちらかというと「主食系」にできる味だったが、これはバッチリ、スイーツである。ごちそうさまでした。

 それにしても、シロップのありなしは謎だなぁ……。
 なにを基準に「このシロノワールにはシロップあり」「なし」を決めているのだろうか。甘党としては、全部のシロノワールにシロップつけちゃってもいいと思うよ、うん。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味