2018年04月30日

【カットリク!】「聖メンバー」への崇敬

 この記事の内容の信頼性について検証が求められています。確認のための文献や情報源をご存知の方はご提示ください。


「聖メンバー」はキリスト教の聖人であるが、カトリック、正教会、聖公会とも、正式な聖人とは認めていない。

 忘れ去られた聖人として、長い世紀を隔て知られることがなかったが、2001年に「ジャニーズ宣教会(*1)」の稲垣吾郎氏が駐車違反と公務執行妨害で警察に逮捕されたとき、同氏の名が「稲垣メンバー」という「聖メンバー」の洗礼名(*2)付きでマスコミ各社に報道され、「聖メンバー」という聖人の存在が改めて衆目を浴びるようになった。

(*1)「ジャニーズ宣教会」はインターネットへの顔出しを禁じる厳しい規律があり、所属会員がネットに載るときは姿を黒塗りにするというおきてが長らく厳守されていたが、近年になって解禁されており、同宣教会の宣教力の低下を懸念する声がある(誰から?)

(*2)キリスト教徒が洗礼をうけたときに与えられる名、霊名、クリスチャンネームとも呼ばれる。多くは尊敬する聖人の名などを取ってつけられる。

「聖メンバ−」の聖人としての逸話は謎に包まれており、盗んだロバを勝手に宿屋に止め、それをとがめた者を無視して逃げる。裸で森を歩くなどの奇行を繰り返していたというが、あるとき、「電波の愛修道会(*3)」のマザー・ソンタクに出会い、キリストに帰依するようになったという(要出典)

(*3)20世紀には、ラジオ、テレビを通じ、その宣教活動は絶大なものがあったが、ネットのある現在、その影響力は格段に落ちているという一部の識者(誰?)の指摘がある。

 しかし、その逸話はもちろん、「聖メンバー」自体の存在すら疑う声が多く、一応、殉教記念日は8月24日となっているが、カトリック、正教会、聖公会ともまったく無視しているのが現状である。

 似たような聖人として「聖タレント」、「聖ショゾク・タレント」、「聖モト・メンバー」「聖ギタリスト」「聖シカイシャ」などの存在も見直されているが、彼らの聖人としての逸話が反社会性という点で「聖メンバー」と共通しており、やはり正式な聖人として認定されてはいない。

「聖メンバー」の存在は上記のように一時注目された後、また忘れられつつあったが、2018年4月26日、ジャニーズ宣教会の山口達也氏が強制わいせつ事件によって書類送検され、同氏の洗礼名がやはり「メンバー」であったことから、再び「山口メンバー」という名がマスコミに流れ、「聖メンバー」の名がネットを駆け巡ることになった。

 しかし現在においても、やはりメンバーという聖人の存在は疑問視されており、この先も、キリスト教界が聖人として認めることはないと思われる。
(一部の例外として、「電波の愛修道会」のマザー・ソンタク派のみが、上記各種聖人の存在を主張している状況である)

カットリク!ポイント75――
 カットリクには「聖メンバー」という聖人が存在する。


 なお、世間の一部に「聖ヨウギシャ」という聖人の存在を信じる声があるが、これは明確に「容疑者」の読み間違いであると思われる。
posted by 結城恭介 at 08:00| 新興宗教カットリク!の研究