2018年05月21日

【日記】コンパイル終了のお知らせ

 と言っても、「ノーミソコネコネ」のコンパイルの話ではない。

 その昔、NIFTY-Serveには有名人がたくさんいた。その中に、お名前は失念してしまったが、目の不自由な方がいらっしゃったのである。
 目が不自由なので、NIFTYのログは読み上げソフトでお聞きになって、レスを書かれている――とのことだった。
 と、簡単に言うが、NIFTYのログはツイッターや5ちゃんの短レスとは違う長文である。自分がそれをすることを考えると、ちょっと尋常の努力、理解力ではできそうにない。

 おそらく、彼のNIFTYの書き込みを読んで、十人中十人とも、この方は目が不自由だな、とわかる方はいなかったろう、と断言できる。書き込みの要旨は明快で、論理展開も考察も、いつも見事であった。
 その方は視力を失った代償に(と書いてしまうのはPC的にアレかもしれないが)、脳内に、とてつもない明晰力と構成力を得たのかもしれないな、と思う。

 なにしろ、その方の職業は「プログラマ」だったのである。盲目のプログラマ! プログラムソースも読み上げである。まだDOSの時代だったので、出力がグラフィカルなものではなかったからという面もあるだろうが、目の不自由な方がプログラマをなさっていた、というのは驚異的なことだ。

 で、その方の書き込みの中で、とても印象に残るものがあり、今も覚えているのが、プログラムを書き、コンパイル(メイク)を終了したとき、どう知るか、という話であった。

 ここでちょっと、コンピュータプログラムについて疎い方のために解説を入れておくと、プログラマが書いたコンピュータソースは、通常、人間が理解できる「高級言語」であり、それを「コンパイル」つまり「翻訳」して機械が理解できる機械語にする作業が必要になるのである(もっともコンピュータ黎明期には、皆、機械語を直接書いていた、というのは懐かしい話)。

 その方はラジオを手元に置いて、放送を聞きながら(プログラムソースも聞いているのに)仕事をしているのだが、コンピュータからはわずかにノイズが出ているので、それがラジオの音声に紛れこむ。コンパイルが終わると、わずかにノイズの変調が変わるのでわかる、というのである。

 たしかに、当時のコンピュータはシーリングが甘く、ラジオを近づけようものなら、音声にノイズが乗りまくりではあった。しかしそれで、コンピュータの動作の方を悟る、というのは、まさに目からウロコであった。

 かくいうわたしも、病気で耳をやられる前は、部屋にテレビがついているかを、音声ミュートしていても、すぐに悟ることができた。キーンという高周波の音が聞こえたからである。これはテレビがブラウン管から液晶に変わった今でも、若い人にはわかる感覚ではないだろうか。

 そう言えば、一時、深夜に若者が集まるところに高周波を流して不快にさせ去らせる、という話があったが、あれは実用の域に達したのだろうか。その後の成果はあまり聞いたことがないように思う。

 閑話休題。
 先の、目が不自由なプログラマさん、もうお名前も覚えていないのだが、今でも元気にしていらっしゃればよいが。
 時代が変わって、ツイッターのような短文レスが好まれる今の方が、実は出自を隠して活躍なさっていらっしゃるのかもしれない。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記