2018年05月26日

【日記】澤井珈琲「プレミアムコーヒー 3缶ギフトセット」

 大きな仕事が終わったので、細君とお祝いに、「澤井珈琲 コーヒー専門店 世界を驚嘆させる幻の3種 最も希少な極上のプレミアムコーヒー 3缶ギフトセット 【豆のまま】 」を購入してみた。



「ブルーマウンテンNo.1(ミディアムロースト)」一缶、「ハワイコナ・エクストラファンシー(ハイロースト)」一缶、「ゲイシャ(ハイロースト)」一缶。それぞれ(たったの)50グラム入りである。

 こんなおしゃれな木箱に入れられて送られてくる。



 中身はこんな感じだ。左からハワイコナ、ブルマン、ゲイシャである。




(ハワイコナ)


(ブルマン)


(ゲイシャ)

 ちょっと残念だったのが、このキャニスター缶の中に、そのまま豆が入れられていたこと。


(こんな感じ)

 贈答品などにも使う可能性はあるわけだし、届いた豆をすぐ飲める人ばかりではないと思う。焙煎後の酸化を最小限に抑えることを考え、ここはひとつひとつ、パック包装にしてからキャニスター缶に入れてほしかったところだ。

 というわけで、ここは焙煎が新しいうちにさっさと挽いて、細君と味を楽しむことに。
 まず一杯目は、ふだんブレンドを飲んでいる細君が「高いシングルオリジン・スペシャリティコーヒーはそれだけ美味しい」ということを知ったゲイシャから。



 豆は当然、きれいに前の豆を掃除したミルを使って、手挽きで丁寧に。



 いい豆なので、これも当然、コーヒープレスを使ってストップウォッチを見ながら浸漬。



 挽いているうちから、ゲイシャの良い香りが漂ってくる。口あたりはフローラルで素晴らしい。

 細君「美味しいゲイシャだねぇ」
 わたし「ローソンで最初に飲んだゲイシャの驚きを思い出すね」
 細君「でもローソンのより美味しいよ」

 そりゃやっぱり、直前に挽いて、丁寧にプレスで淹れてますから。

 次はブルーマウンテンをいってみましょう。



 ブルマンは大学時代に、そのまま「葡瑠満(ぶるまん)」という名をつけた喫茶店に何度か通ったことがある。その後もブレンドでよく飲んだ、なじみのある豆だ。
 この豆は、一口目でガツンと苦味のくるストレートなブルマンだった。いかにもコーヒーらしいコーヒー。細君はミルクと砂糖入りで楽しむことに。
 なんとも、スイーツが欲しくなるコーヒーである。なにか用意しておけば良かった。

 最後にハワイコナ。飲む機会は今まで何度かあったが、なんとなく飲まずにきてしまった豆だ。



 ほどよい苦味。酸味は柔らかであまり感じない。ブルマンとちがってストレートでも美味い。後味がとてもサッパリしていて良い。バランスの良さがひきたっている。

 細君「ブルマンより飲みやすいね」
 わたし「ミルクや砂糖が不要のコーヒーだね」

 まあわたしは味覚音痴だが、細君は料理が趣味で食べるの大好きな人なので、彼女の美味しそうな笑顔を見られるのがなによりうれしい。

 この澤井珈琲「プレミアムコーヒー 3缶ギフトセット」。コーヒー好きの人にプレゼントすれば、間違いなく喜ばれると思う。

 今回は、大きな仕事をがんばってくれた細君へのプレゼントである。そしてなにより、神に感謝。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記