2018年10月31日

【日記】ピコハンのある生活

 やったー! ついに、ついにほぼ一年かけて、「ピコハン」入手に成功。

 というのは、任天堂の3DS版「とびだせ! 動物の森」のお話。
「ピコハン」というのは、要するに「ピコピコハンマー」である。
 これは(同ゲームをやっていない方にはピンとこないかもしれないが)、通常のゲームが繰り広げられる「村」ではなく、カッパのかっぺいが船で連れて行ってくれる「南の島」にいかないと入手できない。
「南の島」に行くこと自体は、ゲーム内通貨の1,000ベルがかかるだけなので容易なのだが、そこの土産物の棚に「ピコハン」が並ぶ可能性が、実に、実に激レアなのであった。

 わたしは去年(2018年)の9月1日に、この「ピコハン」を入手するぞ、と心に決め、毎日毎日、「南の島」へ通ったのであった。
 休んだのは、病気でどうしようも動けなかった計三日だけ。あとは雨の日も風の日も雪の日も猛暑の日も、毎日毎日、コツコツと通い続けたのである。

 土産物の棚には、毎日、計四つの品が並ぶのだが、そのうちのひとつは、けっこうお高い「クラブコトブキ入会書」。これを買うと、通称「オン島」と呼ばれる、見知らぬ人と一緒に島のゲームができるフラグが立つ。しかしこの「オン島」にいるのは子どもたちばかりであり、通称「何歳厨」と呼ばれる、相手の歳を聞いてマウントを取ったり、オンラインを強制切断したりするマナーの悪いプレイヤーばかりとのこと。わたしのようなオジサンはとてもではないが恐くて行けない。
(実際、二、三度行ってみたのだが、なにか、子どもたちの間に割り込むのが申しわけなくて行かなくなってしまった)
 なのになぜ、大枚はたいてこの「クラブコトブキ入会書」を買ったのかというと、これを買えば、土産物にコイツが並ばなくなって、翌日からはピコハンが出る可能性が少しでも上がるかとおもったから。

 なのに、なのに、翌日も「クラブコトブキ入会書」が並んでいるという任天堂のいじわる!

 他にもレアアイテムはいくつかあって、ピンク色のスイムスーツや、銀の斧などが出たときは、まぁまぁ嬉しかった。しかし、ピコハンだけはもう出ない出ない。

 ちなみに、島での土産物は、ゲーム内通貨「ベル」ではなく、島内通貨「メダル」である。このメダルを集めるには、島でのミニゲームを何度もやらなければならない。これもまた大変なのである。

 秋も過ぎ、冬になって、春がきて、夏になった。
 もう、ピコハンは手に入らないのかと諦めつつ、それでも毎日、通い続けた。あの休んでしまった三日間の間に出ていたのかも、と、マクラを涙で濡らす夜もあった。

 せっかくだからと、島内をすずらん畑にしつつの毎日の作業であった。(すずらんは髪飾りにすると村から島内に持ち込める)。



 男の娘である村長に対する、かっぺいのLGBTへのセクハラにも耐えに耐えた。



 そ・れ・が――




(ちょばーん!)

 なんの予感もなく、どうせ今日もないだろうと島に行ったら、あったのである。ピコハンが! やったー!
 もう、持っているメダルを全部使って、買えるだけ購入。自分のとび森キャラ全員にはもちろん、細君のとび森キャラにもあげたい。ピコハン、それは平和の証。

 あふれ出る嬉しさとともに村に帰り、さっそく装備して、恨み重なるかっぺいに一発!



 スカッ! くそう。ピコハンは村民にしか効かないようだ。悔しい。かっぺいをポコスカ叩いてやりたかった。

 ピコハンを装備すると、村民に話しかけることはできなくなり、ただ叩くことしかできなくなる。三発叩くと村民は怒り、ドヨーンと凹んでしまう。実際には「使えないアイテム」である。
 引っ越してほしい村民に使う、という話もあるが、実際にはむしろ、仲のいい村民の方が引っ越しフラグを立てるという印象。ほんとうに使えないアイテムだ。ピコハン。

 それでも、ピコピコと村民を叩けるのが楽しく、いつも持ち歩いてたまにピコピコやっている。

 ピコハンがその効果を出すのは、やはり村にお客さまがきたとき。細君のキャラがうちの村にきたときは、ピコハンで叩きあいをして楽しかった。




(バーチャル夫婦喧嘩w)

 というわけで、南の島への日参が終わったかというと、実はそうでもない。他にも「ボトルシップ」という超レアアイテムがあるそうで、それのゲットを目指して、今日も今日とて「とび森」を立ち上げ、南の島へ行っている。
 振り返ってみると、こんなに長くひとつのゲームを続けたのは初めてかもしれない。

 最近の任天堂はスマホ版「ポケ森」の方に力を入れているようだが、3DS版「とび森」のことも忘れず、たまにはイベント(特別アイテム配布など)をやってほしいなぁ、と思う。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2018年10月27日

【日記】歩いて歩いてアクエリ一本

 ここにスマホで使える、Coke ONアプリがあるじゃろ。
 これをこうして、ああして、こうやると、アクエリアス一本差し入れなのじゃ。

 というわけで、コカコーラの自販機には、スマホに入れたCoke ONアプリを使い、Bluetoothで接続、スマホ画面をスワイプするだけで商品が買えたり、モニター商品をゲットできたり、キャンペーンに参加できたり、ポイントをためたりできる、「Coke ON対応自販機」というものがあるのである。


(こんなのね)

 ポイント大好き細君が、このアプリをスマホに入れて、「スマホを持って歩くだけでもポイントたまるんだよ。あなたもやってみたら」と誘ってきていたのだが、基本、ポイントめんどくさがり≠ネわたしは「いいよ、面倒だから」と断っていたのだった。

 が、この夏、クスリの服用量が増えたため、その副作用か、BMIが「標準体重」の22を越えてしまったのだ。自分でも「腹が出てきたなぁ」と感じることが多くなった。
 わたしの個人的見解では、健康上一番良いとされているBMI22は「小太り」である。

 以前にもBMIが22になったとき、ダイエットに励み、BMI17〜18まで持っていったことを書いたことがあると思う。いわゆる「シンデレラ体重」だ。達成はできたが、それを維持することはできなかった。すぐに風邪をひくし、食事にも相当気を遣わなければいけなかった。世の中のスリム体型を維持している女性はすごい! と思う。

 ちなみにわたしは、拒食症のようにガリガリで貧乳の女子がわりと好みである。
 よくネットでは「男子はちょっとふくよかなくらいの女性が好きだ」という意見が出るが、女性読者諸嬢、勘違いしてはいけない。男子は女子の体重の現実をほとんど知らないから、こんな莫迦なことを言うのである。彼らが「ふくよか」と言う体型はBMI20くらい。BMI22の標準体重だと、容赦なく「デブ」と言ってくるものですぞ。

 閑話休題。自分の心の性と現実の身体の性の違いに違和感を持つのが性同一性障害なら、わたしは自分のアイデンティティを痩身に置いているのである。BMI22の標準体重でも、体が重いと感じる。現在は体重同一性障害の状態なのだな。
 本物の性同一性障害の方が、うだうだ屁理屈こねずに性別再判定手術をサクッと受けるように、わたしも自分のアイデンティティを取り戻すべく、この秋からダイエットに再び取り組むことにしたのだった。

 前回のダイエットのときは、深夜の街をテクテク歩き回って一日一万歩以上を続け、停滞期もなくスムーズに痩せることができたのだが、今回はモチベーションを高める意味もあって、最近流行の24時間営業のフィットネスジムに入会。

 おじいちゃん、前置きながーい。おっとこりゃいかん。本題じゃ。

 前述したCoke ONアプリで、この秋(10/15〜11/04)、キャンペーンが行われているのである。
 その内容が――毎朝5時から8時の間に7,000歩を歩き、それが5日分たまると、アクエアリアスを一本、Coke ONアプリ対応自販機でいただける、というものなのだ。

 朝の5時から8時の間に――



 7,000歩なんて――



 しかもそれが――



 5日分も必要だなんて――



 できるわけないじゃないですかー!



 できたーよ!(゚∀゚)
 いやー、毎朝、5時からトレッドミルの上を、コツコツ歩き続けた甲斐があったというものである。



 これがゲットの証拠。
 早速、Coke ON対応自販機のところへ行って、Bluetoothで自販機と接続。



 指示通りにタップしていくと――



 ごほうびのアクエリアス一本、無事いただきましたーヽ(^o^)丿




(35,000歩の汗の味がします……)

 ネットでは全然話題になっていないキャンペーンで、扱っているページでも、「朝5時から8時の間に7,000歩を五回なんて、最初から無理ゲー」という感想のようだが、どうしてどうして、やってみればそう難しくはない。
 けっこうダイエット始めのいいモチベーションになってくれたことにも感謝感謝なのである。

 このキャンペーン、前述のように11/04までやっている。ということは、10/31から始めても、まだ間に合うという計算である。
 朝5時から8時の間に、通勤や通学で7,000歩を歩ける環境にある方は、チャレンジしてみたらいかがだろうか。

 正直、全国でこのキャンペーンを達成できた方が何名いたか知りたいなぁと思う。
 そしてコカコーラさま、できたら、また似たようなキャンペーンをやってくださいな。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2018年10月24日

【日記】スターバックス・リワード

 スタバの「リワード」が、やっと一個たまった。ふぅふぅ、ひぃこら。



 このスタバの「リワード」。要するに、よくスタバを使う人を優遇してあげようというポイント制度なのだが、なかなかに凶悪なのである。

 まず基本は、商品のお値段50円ごとに1スターがもらえる。

 そして、ランクがふたつある。平民は「グリーンスター」。スターが250個集まるまで(要するに12,500円分をスタバで消費するまで)は、この平民。しかもタイムリミットがあり、「一年以内に」である。一年以内に250スターが集められないと、チャラーン。ゼロにリセットされてしまう。

 一年以内に250スターを集められれば、やっと常連認定。「ゴールドスター」に昇格である。その上で150スター(7,500円分)を集めると、やっとこさ、1リワードが付与される。
 常連の「ゴールドスター」もまたタイムリミットがあり、一年以内に250スターを集めなければ、また平民の「グリーンスター」に落とされる。維持するためにもひぃこらなのである。

 飲めど食べど、わがスター楽にならさり、じっと画面を見る……。

 なお、これらの「スターバックス・リワード」プログラムの恩恵にあずかるには、根本的に、web登録したスターバックス・カード(モバイルorタッチ・ザ・ドリップ含)を使わなければならない。

 さて、ひぃこらいいながら「グリーンスター」から「ゴールドスター」へ昇格。そして150スターを獲得しもらえるのが、1リワードであることは先にも記した。

 この1リワードで、どれくらいお得かというと、実はそれほど大したメリットはない。700円分(税抜き)のコーヒー豆、フード、ビバレッジと交換できるだけである。
 しかも、ここで注意しなければいけないのは、この700円は金券とは違う、ということ。つまり、300円のA商品と400円のB商品を合わせて、1リワードで買うというようなことはできない。どちらか一品だけ、なのである。300円のA商品だけを買うのに1リワード使い、おつり400円をもらう、ということもできない。
 700円以上の商品を買うのなら、追い金で可能である。

 ただし、前記したとおり、買える商品はコーヒー豆、フード、ビバレッジのみ。コーヒー器具やマグカップなどのグッズはダメなのである。

 なんというしぶちん。せこいぞスタバ。いやせこいのはわたしか……。

 ここまでしぶちんであるからして想像いただけるように、がんばって2リワードためても、一回で使えるのは700円分の1リワードだけである。合わせて1,400円の商品が買えるわけではない。

 この「700円」という価格がまた絶妙なのである。普通にカスタマイズなしで買うと、たいていの商品が700円以下なのだ。デフォルトで一番(普通のスタバで)高価なのは「スターバックスデリボックス・タンドリーチキン&オニオンソースヌードル」の680円(税抜き)で、価格も税込みなら700円にちょっとの追い金で買えて、ちょうど良さそうなのだが、なんかこれ、まずそうなのである(ごめん、味音痴の分際で……)。

 スタバのカスタマイズ呪文をスラスラ言える上級スタバマニアの方ならば、適当に好きなビバレッジに700円分をちょっと越える程度のカスタマイズをして注文するのだろうが、わたしはあいにく、そのあたりはまったくわからない(そう、そういうのがまったくわからなくても、今日のコーヒーと旬のフラペチーノを注文するぐらいで、ゴールドスターまで行けちゃうのであるw。呪文のせいでスタバ嫌いという人は多いようだけれど、けっこうハードル低いんですよ)。

 やっぱり豆か……。しかしなぁ。スタバの豆って、おいしいわけじゃないんだよな(ぉ
 ビバレッジはなぁ。呪文わかんないし。どうしてもちょっと損してしまう。
 やっぱりフードのデリボックスか。まずそうだけれど……(ぉ

 というわけで、たまった1リワードをなにに使うか、迷い中のわたしである。
 あ、ちなみに「1リワード」と書き続けてきたが、実際に使うにはこの「1リワード」を「Reward eTicket」というものにオンライン上で交換してから使う形になる。そして、一度、eTicketに買えてしまうと、今度はそれを一カ月以内に使わなければならないという縛りがあるのである。
 ほんと、しぶちんだぞスタバ。むぅ−。迷うー。

 迷った結果は、そのうち(ネタにできそうなら)、記事にするかもしれない。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2018年10月20日

【日記】Xiaomi GiiKER Smart Cubeレビュー・その4

 さて、三回にわたってXiaomi GiiKER Smart Cubeと、その専用アプリSupercubeのレビューを続けてきたわけだが、ここらへんで、GiiKERシステム全体の総評を記しておきたい。

 まず、マテリアルなGiiKER本体は、以前も書いたが、硬質でマグネットアシストがキッチリ聞いた味付けである。そのせいでカチャカチャという音がするのと、たまにキィーという擦過音がするのが、ダメな方はダメかもしれない。わたしは許容範囲であった。
 また、各キューブの配色がパステル系で、ここはもうちょっと原色に近づけてほしかったというところ。
 あと、ちょっと滑りやすい。精密機器が入ったキューブだけに、落とすのはご法度だ。気をつけた方がいい。また、他のキューブに比べて、キューブのステッカーが剥がれやすそうだな、という気もする。まあそのときは、triboxさんで専用ステッカーを買って、丹念に貼っていこう。

 一時間でフル充電でき、30時間使える、というのは本当らしい。実際、一回フル充電してから、100ソルブくらいはしてみたが、まだ充電量が60パーセントを切っていない(GiiKERの充電量は、アプリSupercubeのステータス画面からわかる)。充電に関しては十分過ぎる性能だ。
 なお、フル充電でもすぐにバッテリーがあがってしまう場合は不良品とのことで、triboxさんでお買い上げの場合は交換対応してくれるそうだ。さすが技術と信頼のtriboxさんである。

 これも前述したことだが、GiiKERキューブはジャイロセンサーや重力センサーを持っていないので、持ち替えには対応していない。デフォルトはUが白、Fが青、Rが赤となる。残念だが、これはハード上の問題なので仕方ない。

 アプリ「Supercube」については、文句たらたらだ。
 まず、起動するとたまに出てくるGiiKERキューブの宣伝(カウントダウンで消せるようになる)は出ないようにできないものか。このアプリを使う者はみんなGiiKERキューブのユーザーなわけなのだから、本当に宣伝を乗せる意味がわからない。

 やはり一番使うのは、ソルブのタイム計測機能だと思う。ここは本当に不満ばかり。せめて、過去10ソルブくらいの記録機能をつけてほしかった(追記参照)。欲を言うなら、5ソルブで一番悪いタイム、いいタイムを除き、残る3ソルブで平均を取る機能があればなお良い(subはこうやって計るものだから)。
 ソルブの過程は一応、回転記号として表示はできるが、それのコピペなどは一切できない。うーん、片手落ちな印象だ。
 せっかく過程を記録しているのだから、リアルタイムな再生機能なども欲しかった。自分がどこで迷っているのか、どこで考え込んでいるのかが、客観的にわかるというのは、なかなか参考になると思うのだが。

 他にも細かい不満点はあるのだが、上記のタイム関係のところだけでも改良されれば、自分的にはかなり納得ができる。
 通信プロトコルを解析している方もいらっしゃるようだから、もしAndroidアプリ、あるいはWindowsアプリで発表してくださったら、シェアウェアでも買ってしまうだろうと思う。

 もっとも本製品、Xiaomi GiiKER Smart Cubeは、かなり安価である。triboxさんでも4,800円。この値段で、ここまでできるのだから、これはこれで感謝しなければいけないのかもしれない。

 すごい世の中になったものだ。ツクダ法でチマチマ六面そろえていた頃の高校生の頃の自分に、2018年にはこんなスーパーキューブが登場しているんだよ、と教えてやったら驚くだろうな、と、妄想したりしている。

 追記:SupercubeのVer2.0では、このソルブの記録機能がつけられた。回転記号のコピペなどもできるようになっている。
 Supercube2.0のレビューもそのうち……と思っているが、キューブの記事ばかりというのもアレなので、Xiaomi GiiKER Smart Cubeレビューは、いったん終わりとする。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2018年10月17日

【日記】スタバ「ハロウィンウィッチフラペチーノ」と一風堂「振る舞いラーメン祭り」

 どうにもちょっとライターズブロック気味なので、今日は日記風に。なお、Xiaomi GiiKER Smart Cubeレビュー・その4は次の土曜日に掲載するのでヨロ。

 早朝5時に、細君とともにフィットネスジムへ。そう、あんなに運動嫌いを公言していたわたしが、最近、フィットネスジムでベルトコンベヤーの上を流れてくるニワトリの雛を「オス」「メス」「オス?」と選別している……ちがーう。トレッドミルの上を走っているのである。
 理由はまあいろいろあるのだが、きっかけがあり、体を動かすのが健康上悪いわけはあるまい、ということで、細君と勢いでジムに入会してしまったのだった。

 6時半までたっぷりと汗を流し、ジムで着替えて細君と別れ、所用のため、クルマでわたしのすむ地方都市中央の大きな駅へ。
 ここでの用件がすぐに終わってしまったので、午前中の時間がぽっかりあいてしまった。

 ちょうどスタバから、10月18日(木)に出る新メニューを先行で試せるeTicketをもらっていたので、それを試しに同店へ。

 なお、先行お試しが特典なだけで、ふつうに有料である。
 しぶちん! スタバはしぶちん!!
 しかも、SNSで宣伝してもらおうという腹が見え見えである。なお、スタバのしぶちんRewardsプログラムについてはそのうち記事にするつもり。



「ハロウィンウィッチフラペチーノ」か「ハロウィンプリンセスフラペチーノ」のどちらかが選べるので、「せっカト(洗礼を受けたカトリック信徒)だから、俺はこの赤の魔女を狩るぜ」とウィッチの方を選択。なお、前にも記事にしたが、ハロウィンとキリスト教はまーったく関係ないからね。



 どれどれ。リンゴの果肉がまず口の中にとびこみ、その食感と甘酸っぱい味が広がる。やがて溶けたチョコが流れ込み、生クリームと混ざり合って、甘さの味蕾に華が咲く、スイートビターな幸福に満たされる。うむ、これはいい。
 木曜日を過ぎたらプリンセスの方も試したいと思いつつスマホをいじっていると、おっ、今日(10月16日)、博多ラーメンの一風堂で、創業33周年を記念して「振る舞いラーメン祭り」が開かれるとな?



 昼に先着333名、夜も先着333名に、無料でラーメンを一杯、替え玉もひとつ提供してくれるのだそうだ。
 整理券を配る時間が決まっているので、早々にスタバを後にし、繁華街の一風堂へ。ここは前に「【日記】選挙で替え玉」の記事を書いた店。
 整理券配布時間には、まだ一時間あったのに、もう列ができていた。いやしかし、むしろこれで迷わず並べるというもの。



 どんどん列が長くなっていく様子を感心しながら待っていると、そのうち店員さんが来て、整理券を配り始めてくれた。





 おぉ、333名中の33番とは縁起がいいね。



 今日のメニューは白丸元味か赤丸新味のふたつのみ。せっかくだから、俺はこの赤のカタを選ぶぜ(今日はこのパターンの日だな)。



 おいしくご馳走になって――



 しかも一年有効の替え玉無料券までいただいてしまった。
 太っ腹! 一風堂は太っ腹!!
 おかげさまで、わたしの腹も太っ腹に。今朝、せっかくフィットネスジムへ行ったのにねw

 まあ、なんだかんだと、いろいろタイミングよくつながっていくので、ちょっと気分も浮いてきた。
 さて、午後もがんばりますか。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記