2018年11月10日

【日記】心を亡くすと書いて「忙しい」と読む

 タイトルそのままである「りっしんべん」に「亡くす」と書くと「忙しい」。人間、忙しいと「心を亡くす」のである。漢字ってよくできてるね。

 わたしなどはその典型的な例。忙しくなってくると、心の整理整頓が間に合わなくなってパニックになってくる。どんなに速くタッチタイプしていても、心のホームポジションとでもいうものを守らないと正確なタイピングができないタイプ。

 毎日コツコツと定量的な仕事をやり、忙しいときと暇なときの差はなるべく少なくしたい。そのために計画をたて、仕事の優先順位を決めて、トラブルの発生は最小限に抑えて、「忙しい」という状況自体を作らないようにしたいのである。
 そうしてポッカリあいた時間があったりすると、映画を観たり、博物館や美術館へフラリとはいってみたりして、「生きている」という実感を味わう。

 ところが、世の中には、「忙しくないと、生きている実感が味わえないタイプ」がいる。次々と仕事を入れるが、計画は(言ってしまえば)ルーズなので、スケジュールはいつもギリギリ。もちろんトラブルは頻発するのでその対処にまた追われ、最後は睡眠時間を削ってつじつまを合わせてプロジェクトを完成させるが、そのときにはもう、次のプロジェクトが始まっている。そんな、過去を振り返ることすら困難な状況の中に、自分の生きがいを見いだす人である。

 わたしの細君がそのタイプ。これはもう、むかしからそう。わたしと一緒にやった小説のイラストレーションでも、請われて描いたゲームCGでも、商業マンガでも、個人的な年賀状でも、はたまたコミケのサークル参加準備でも、とにかく、締め切りぎりっぎりまで、ほぼエンジン全開でブン回す。コミケ準備などでは、わたしがサークル参加でディレクターとして介入するまでは、前日は徹夜が当然であった。

 以前も書いたかもしれないが、コミケには「PostPet」関係の同人ソフトで参加していた(細君はそのずっと前から、別サークルで活動していた)。
 わたしがディレクションする前は、もう、いつも一週間前から直前までバッタバタしていたコミケ参加が、事前の計画通り進み、綺麗に終わったときのことである。帰りの車の中で――

 わたし「今回のコミケは、自分的にほぼ満点かな。計画通りに進んで、トラブルもなく、メンバーに無理を強いることもなく、予想の範囲内で終わった。どう?」
 細君「確かにね――でも」
 細君はちょっと不満げに、こう言ってのけたのである。
 細君「なんか、コミケやった気がしない!」

 ッガーン! いや、細君がそう感じるだろうことは、薄々、わかってはいたのだが、こうもはっきり言われてしまうと、トラブルなくスムーズに終わらせた甲斐はどこにあるの!? という感じだ。

 そう「甲斐」である。わたしはプロセス主義ではなく、結果主義なのだろうと思う。そこに「甲斐」を観じる。
 結果に生き甲斐を感じるから、プロセスが苦しくてしょうがない。結果が出たあとは、次の「甲斐」を求めて、苦しい石ころだらけのプロセスを裸足で歩く。こういうのは、本当はよくないのだ。

 対して細君はプロセス主義なのである。結果はどうあれ、そこまでにいきつくプロセスを楽しむ。楽しめるだけの度量があるのである。つねに生き甲斐を持っている。

 わたしはそんな細君を羨ましく思っているが、配偶者としては、もうちょっと自重してほしいな、とも感じていたり。

 というのも、今年に入ってからというもの、弊社の細君担当のプロジェクトがとても忙しく、横で見ていてハラハラするからである。忙しいのはいいことよ、と本人は言うが、とにかく体調には気をつけてほしいな……。

 最初に帰って「心を亡くすと書いて忙しい」という漢字を発明したのは、おそらくわたしと同じ「結果主義」の人だったのだろう。世の中には、「忙しいほど、心が充実する人もいるんだよ」という結論で、今回は筆を置く。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2018年11月07日

【日記】任意保険共通ステッカーをつくれないだろうか

 わたしが教習所に通っている時代は「強制保険(自賠責保険)」の他に「任意保険」に入るのは当然のこと、言うまでもなく、無車検での運行は論外、と習ったものだが、ものの統計によると、現代では任意保険未加入のクルマが26パーセント、無車検車でさえ0.31パーセントのクルマが公道を堂々と走っているそうだ。
 なんと、四分の一のクルマが任意保険なしで走っているというのは、恐ろしい現実である。

 そんなクルマにぶつけられでもしたら、もしケガや後遺症の残る障害の被害でも受けたりしたら、と身震いする思いだ。おそらくそういう「任意保険未加入」の相手は「ない袖は振れない」と言って、素知らぬ顔で、これからの人生、それまでと同じように過ごしていくに違いない。
 世の中、持たざる者ほど最後には強い、とはよく言ったものである。

 こういう時代だから、なるべく、危ない運転をしそうな怪しいクルマからは車間を取った方が良い。偏見もこめられているが――

・希望取得ナンバーがアレなクルマ
・リアガラスにカーテン
・サイドの窓に遮光フィルム(違法行為)
・ヘンなステッカー
・見るからに車体改造してあるクルマ
・ズンドコズンドコ音を鳴らして振動しているクルマ
・怪しい雰囲気を発しているクルマ

 などなど、優良ドライバーの方なら、それぞれ「こいつには近寄らないほうがいいな」という感覚みたいなものが身についているのではないだろうか。

 今回の提案は、それを明確化し、いわゆる「ドラゴンボールにおけるスカウター」のように数値化して、回りのクルマに教えることはできないか、というものである。

 ご存知の通り、任意保険には「等級」というものがあり、6等級からスタートして、最高が20等級である。数字が大きいほど、無事故期間が長い優良ドライバーということになるのだ。
 これは各社、微妙な差異はあるものの、ほとんどが同じで、保険会社を変わっても引き継いでいけるという、そのドライバーの「安全レベルを量化した数字」と言ってもいい。

 そこで、各社、毎年更新の度に、同じデザインのものをベースに等級の数字を入れたものを配布できないか? 貼れば何パーセントか料金を割引、などというのもいいだろう。
 こうすれば、等級の低いクルマは「安全運転意識が低いクルマだな。近寄らんとこ」とすぐにわかるし、逆に等級の高いクルマなら、駐車場などでも安心して隣に止められる。

 もちろん抜け穴はたくさんあるが、少なくとも、貼っていないクルマは「こいつは安全運転意識が低いか、あるいは、任意保険にすらはいっていないクルマだ」と警戒することができる。

 まあ、等級入りまでは無理にしても「任意保険にはいってますよ」ステッカーくらいは、毎年、各社共通で配ることはできないだろうか。優良ドライバーなら喜んで貼るだろうし、さらに安全運転意識を高める目標にもなる。

 本来、こういうのは法制化するのが正しいのである。免許の点数によって、なにかステッカーを貼らなければいけない、というような制度が法制化されたら、無茶な運転をする者は減るように思う。

 今も昔も、日本人の行動を縛っているのは「恥」の意識である。回りのクルマから、「恥ずかしい奴だなぁ」と思われることを避けるために、日本人ドライバーは、よりいっそう、安全運転に励むのではないだろうか。

 いや、しかしなぁ。世の中、明らかに「恥ずかしい」クルマが堂々と走っている時代だからなぁ(わたしは「痛車」を恥ずかしいとは全然思わない。恥ずかしいクルマとは、「鬼キャン」とか、そういう違法改造されているクルマ)。

 ヤクザがアウトローであることにプライドを持つように、そういうクルマのドライバーは、安全運転「しない」ドライバーであることに、妙なプライドを持っているのかもしれないね。

 まあ、どちらにしろ「危ないクルマには近寄らない」という目的が達せられればいいのである。
 いかがだろうか、このアイデア。道を走っていて――

「等級1か。ゴミめ――」

 と、やってみたいと思うでしょ(笑)。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2018年11月03日

【日記】ドキッ! 北斗だらけのあた大会

 なんだこのタイトルw


(原作:武論尊/画:原哲夫「北斗の拳」1巻より引用。「ひでぶもあるヨ」)

 本年度、わたしの住む千葉市では、千葉氏中興の祖千葉常胤生誕900年ということで、その千葉氏が北極星や北斗七星を信仰する「北辰(妙見)信仰」で結束していたことに絡み、みなさまご存じ、世紀末バイオレンスアクションマンガ「北斗の拳」とのコラボ企画がいろいろ行われているのであった。

 たとえば牛乳パック。





 このあと、ラオウの出てくる三種類目があるらしいのだが、順次発売なので、現在はまだ出ていない。

 ほかにもいろいろ「食べ歩きグルメ祭り」とか、モノレールの記念切符発売など、ラッピング車両に各所にデジタルサイネージと、たくさんのコラボ企画が行われている。
 そんなわけで、千葉市民は街を歩くと、一度は「同じ北斗を目指すもの」のコピーと一緒に、北斗の拳の主人公ケンシロウと千葉常胤が並んだ、妙な取り合わせのポスターなどを目にするのであった。


(千葉駅の大きな看板とかね)

 しかしこれで千葉常胤生誕900年記念が盛り上がっているかというと、ま、そこはそれ、お上が笛を吹いても、市民は踊らずという感じなのである。なおこの「笛吹けど踊らず」は新約聖書マタイ9:23、ルカ7:32から取られている。これ、豆な。

 わたし個人としては「北斗の拳」連載当時からのファンだったし、アニメもかかさず見、当時発売されたファミコンゲーム版「北斗の拳」のプロデューサーO氏と同じ仕事をした仲で、ほんのちょっと関わったこともあり、「北斗の拳」自体は大好きである。
 しかし、なんというか、千葉常胤とのコラボは「無理やり感」が否めないというのが正直なところ。

 それでも、「せっかくだから」という理由で、今年の春から、「千葉モノレールスタンプラリー」に挑戦していたのであった(このさわりは「【日記】スタンプラリー完走」に書いた)。
 スタンプラリーは今年の05/20から12/25の間に行われている。北斗七星にならって――

1)モノレール千葉駅
2)モノレール千葉みなと駅
3)都賀駅
4)千城台駅
5)郷土博物館(千葉城)
6)千葉市科学館(きぼーる)
7)千葉ポートタワー

 の七カ所を回って、それぞれスタンプを押していかねばならない。このうち、1から4までは千葉都市モノレールの改札の外にスタンプ台がある。
 スタンプ台が駅の構内にあるのなら、一回、切符を買って各駅で乗り降りして押していけるのだが、改札外なのだからそういうわけにはいかない。
 モノレールの定期券でも持っていれば楽勝なのだろうが、あいにくわたしは、年に数回、モノレールを使うだけの切符ユーザー。おかげで、このモノレール駅のスタンプ押しはとてもしんどかった。

 6と7の千葉市科学館と千葉ポートタワーはなじみの場所なので、プラネタリウムを見に行くついで、ポートタワーに遊びに行くついでにポンポンッと押せる。これは楽勝。

 残る郷土資料館が難物。駐車場がなく、モノレール駅からも遠い。適当な駅や駐車場から、テクテク歩いていくしかない。

 そんなこんなで、盛夏前には郷土資料館を残してスタンプ6個を押し終わっていたのだが、最後の郷土資料館だけは、今年の夏の暑さから「猛暑が過ぎたら行こう」と思いつつ、秋になったらなったで大雨の日が続き、タイミングが合わずにいたのだった。

 しかし締め切りは12/25である。時間がたつのなどはやいものだ。ここは重い腰を上げてでも郷土資料館へ行ってスタンプを押さねば、と、先週の日曜日、教会の帰りに、トコトコ歩いて郷土資料館まで行き、やっとスタンプラリーを完走したのである。

 スタンプラリーを完走した台紙を、1、2、3、4のモノレール駅へ持って行くと、特製クリアファイルをゲットできる。わたしはJR千葉駅に近いので、モノレール千葉駅で交換した。


(モノレール千葉駅ではケンシロウが出迎えてくれる)


(表面とスタンプラリー台紙)


(裏面)

 ふー、やっと終わった。夏休みの宿題を終わらせた子どものような気分である。
 写真では一枚だが、実は細君と各所を回ってスタンプを押していたので、クリアファイルは二枚ゲットできた。しかし苦労していただいただけあって、なかなかもったいなくて、使いにくいね、これは。

 さて、クリアファイルをゲットしたあとは、千葉市科学館へ行って――



「北斗の剣(つるぎ)」という、特別プログラムを細君と鑑賞してきた。死兆星などの説明もあり、なかなか面白かったが、もちろん「あたたたたた」などとケンシロウが活躍するシーンはひとつも、ない。
 なお、「北斗の拳」では「死兆星が見えると死が近い」という設定になっているが、実際には逆で、見えなくなると死が近い、と言われていたという説の方が説得力がある。
 わたしも子どもの頃は視力がよく、死兆星がよく見えたものだが、今はもう、どんなに度の強いメガネをかけても見えなくなってしまった。

 というわけで、「北斗」三昧で送った秋の一日。以上レポっす。地方のネタすんません。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記