2019年03月13日

【日記】JavaScriptだろうがダメなものはダメ

 JavaScriptを使った簡単な無限ループダイアログを出すURLを掲示板に貼ったとして、13歳の女子中学生宅を兵庫県警が家宅捜査。今後、児童相談所に通告するという。罪名は「不正指令電磁的記録供用未遂」。(他に男性二名も家宅捜査され、そちらは書類送検とのこと)

 この件について、多くのネットユーザーは「子どもがやったことなのに」、「こんなことくらいで家宅捜査!?」、「うわっ、警察のITレベル低すぎ」という感想を持っているようだ。
 しかしわたしの考えは違う。%title%のとおり、たかがJavaScriptの簡単なイタズラでも、ダメなものはダメ。今回の家宅捜査には快哉を叫びたい。兵庫県警はよくやったと思っている。

 まず根本的なこととして、パソコン通信の頃から持っているわたしの持論がある。「ネットを使うユーザーは、すべて成人とみなすべし」だ。
 ネットを使う以上、そこに現実世界のアトリビュートが反映されるべきではない。年齢、性別、職業、学歴、そういったものが排除されるのがネットの良いところであるはず。
 ツイッターなどのSNSが隆盛を誇るようになって、やっと皆が理解したことだが、世間で名の知れたいわゆる識者≠ニ呼ばれる者が、実はけっこう莫迦だったり、有名人≠ェ必ずしも人間ができていない、むしろエキセントリックだったりするという事実がある。
 現代は有名人℃ゥらがSNSで馬脚をあらわす時代になってしまったが、ネットがインフラになる前の時代は、マスコミに祭り上げられるだけでそこそこの人格者≠ニみなされる傾向が確かにあった。だからこそ、フォーカスやフライデーのようなゴシップ誌が意外性を持って受け入れられたのである。

 パソコン通信の頃は、やけに暴力的で幼稚な書き込みをしていたユーザーと、それを理知的な書き込みでやりこめたユーザーが、実際にオフ会で顔を合わせてみると、前者が大学教授で後者が高校生だった、などということもあった。
 そういう世界において、ユーザーを現実の年齢で判断することは、むしろ失礼なのである。「ネットユーザー全員成人論」の根拠はこの善意にある。ネットは「知のポトラッチ(贈与戦)」となるとき、その威力を何十倍、何百倍にも増すのである。

 だから逆に、犯罪行為をして、それが子どもだから許される、ということもない。13歳の女子中学生なら許されて、中年男なら罪になる、というのは、多くの理知的で自制心のある同じ13歳の女子中学生を莫迦にしているのである。

 このJavaScriptがイタズラレベルの簡単なものであることも焦点になっているようだが、これもイタズラレベルだから許される、そうでないなら許されない、というのは根本的におかしい。
 なぜなら、手だれのプログラマにとって、本物のコンピュータウイルスやワームをつくることくらい、簡単なことだからだ(「【日記】ウイルスではなく」参照)。
 いや、手だれのプログラマでなくとも、スクリプトキディですら適当なソースを拾ってきて新種のウイルスをつくることができる時代である。
 あなたが「こんなJavaScriptのイタズラくらいで」というのならば、それはあなた自身がその程度のITレベルであるということの裏返しなのだ。

 サバイバルナイフを街中で振り回せば、当然、凶悪事件になるが、これがボンナイフであったとしても、やはり犯罪に変わりはないのである。
 この中学生に味方して、ダイアログがループするJavaScriptのURLを貼って同じ穴のムジナになろう、という活動があるようだが、「立ち小便も皆ですれば軽犯罪ではない」と大のオトナが壁に並んで小便しているような醜悪さを感じずにはいられない。

 最後に「警察のITレベル低すぎ」だが、これはなんとも評価しがたい。確かにWebを回っていれば、こんなJavaScriptのイタズラレベルではない「不正指令電磁的記録供用」の事例はあふれているし、詐欺メール、ウイルスメールもほとんど放置状態である。わたしもこのブログでそういった事例を「人をだまして食う飯はうまいか?」タグで紹介している。
 実際、警察のITレベルが低いことは「PC遠隔操作事件」で誤認逮捕をするなどで、衆目のこととなってしまった。
 しかし、手の届く範囲から微罪でも摘発していくというのは、悪い方針ではない。「ブロークン・ウィンドウ理論」である。
 繰り返して書くが、この中学生に味方して同じようなことをしている連中は、義賊でもなんでもない。建物の割れた窓にゴミを捨てていくようなガキと同じ思考形態である。ネットのモラル全体を下げる行為であることがわかっていないのである。

 たとえJavaScriptのイタズラでも摘発されることがある、というのは、いい前例になったはずだ。

 返す刀で余計なことを書いてしまうが、わたしはJavaScriptが出始めた頃から、こいつが大っ嫌いだったのだ。こういう古いネットユーザーは少なくないのではないかな。出始めの頃から、くだらない右プレス禁止や、それこそ今回のようなイタズラに使われるばかりで、それがウザくブラウザのJavaScriptを切っていたユーザーは珍しくなかった。

 今回、見せしめのようになってしまった中学生はかわいそうに感じないでもないが、この事件を機に「できることとやっていいことは違う」ということを、ネットユーザーの多くが肝に銘じてほしいと思う。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記