2019年05月11日

【回想録】プラモデルを完成させたことがない

 10日間の連休は平成最後の日に、10年来の仲間と畏友R氏の家に集まってオフをしたのだった。
 畏友R氏はこのブログにもたびたび登場願っているが、とにかくいろいろなもののコレクターである。そのときそのときでコレクションのベクトルが変わっているのだが、今は部屋の一面にうずたかく積み重ねられたプラモデルの箱がものすごい。

 以前、「【日記】老後の楽しみ」の記事で、若い方に「コレクションしないで今を楽しみなさい」とアドバイスしたが、考えてみると、プラモデルは箱のままつくらず残しておいて、年を取ってから作るという楽しみができる趣味かもしれない。わたしにはプラモづくりの経験がろくになかったから、プラモ収集は息の長い趣味になるという視点に気づかなかったのだ。

 そう、わたしはプラモづくりの経験がほとんどない。ほとんど、ということは、二、三個くらいは作ったことがあるのである。それで、自分の才能の限界を理解して、手を出さなくなったのだ。

 最初の記憶は、小学校一年生のとき。スポーツカーのプラモデルだったと思う。これはプラモとは言え、中にモーターを入れて走らせることができるという、プラモとしてはちょっと邪道なしろものだった。この頃から「動くものでないと興味がわかない」という自分の性格が出ていたのである。
 とにかく、説明書を見い見い、セメダインを使って組み立てたが、これの出来が、自分でも見ても不格好なしろものだった。セメダインははみ出し、ぴったりはまるはずのパーツはずれ、ところどころ塗装は溶けていた。自分の不器用さが具現化したようなもので、子ども心にも「下手だなぁ」と思ったものである。

 次に作った覚えがあるのは、小学校高学年の頃、JALに搭乗したとき、記念にもらった飛行機のプラモデルであった。
 もらったからには作るのだが、数年年を取ったからといって不器用さが治っているわけはなく、できた飛行機は滑走路から飛び立つのは無理そうな出来栄えであった。
 怒りのあまり、虫メガネで日光を集め機体を焼いてみたら(さすが小並感)、プラスチックが溶けて存外におもしろく、JALが好意で少年にプレゼントしたプラモデルは、まるでテロリストの攻撃にあったかのようにボロボロにされたのであった。

 最後の大物は宇宙戦艦ヤマトのプラモデル。これは迫力を出すために、艦主が太く、艦尾が小さくデフォルメされており、正直、もとからあまり格好の良いものとは思えなかった。確か中学の頃だったから、それまでよりはまともに作った――というか、もとから簡単なつくりになっていたのだと思う――覚えがあるが、やはりセメダインが接合部からニロニロはみ出しているという仕上がりで、しばらく部屋に飾っていたが、見るたびに自分の不器用さをつきつけられる気がして、そのうち捨ててしまったと思う。

 こんなわたしだが、人の作った美しいプラモデルは「すばらしいなぁ」と感じる感性はある。プラモ屋の店頭ディスプレイに飾ってある完成品は息をのむような美しさをたたえており、「凝る人は凝るのだなぁ」といつも嘆息している。

 振り返ってみると、どうにもわたしは、細かい手作業を根気よくやるのが苦手らしい。気が急きすぎるのである。
 そんなわけで、趣味としてのプラモ、コレクターとしてのプラモからも縁遠い人生を送ってきている。

 ところでR氏は、なんにつけても「買ったはいいが箱を開けるのを忘れている」ことが得意な人で、オフのとき、仲間が箱を開けるのがひとつの様式美にもなっているのである。
 どうだろう、R氏、このままプラモは積み重ねておいて、お互い還暦を過ぎたらいよいよ箱を開け、わたしに作らせていただけませんか?
「不器用とはこういうものだ!」という真骨頂(というか絶望感)をお見せしますぜ。
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録

2019年05月08日

【日記】Xiaomi Mi Band3レビュー・その2

 Xiaomiのアクティビティ・トラッカー「Mi Band3」レビューの続きである。

1)歩数計

 まんま、歩数計である。誤差はけっこう多いという印象。スワイプすると、距離、消費カロリー、バッテリ残量が次々と表示される。なぜこの項目にバッテリ残量が? というちょっと不思議。
 アプリMi Fitの方の画面はこんな感じ。



 タップすれば詳細表示になり、時刻ごとの歩数計数や、毎日の記録も見ることができる。
 歩数には目標を設定することができ、デフォルトでは八千歩となっている。目標達成すると、Mi Bandが震えて、表示でもその旨教えてくれる。

2)睡眠記録

 これはMi Band本体では見ることができない。アプリMi Fitだけの機能である。
 入眠、起床を自動的に判断して記録してくれる。この「入眠時間を自動的に」というのが実に便利だ。



 しかも、グラフで「浅い眠り」、「深い眠り」の記録が表示される。このあたりの判定をどう行っているのか興味深い。心拍数ではないようだ。寝返りなどの動きで判定しているように思う。
 それと、昼寝にはまったく無力。「まともな人間が寝るのは夜のみ!」という強固なアルゴリズムで守られているようだ。

3)ワークアウトの記録

 これもアプリMi Fitのみの記録。
 Mi Band本体の機能としては、ワークアウト時は、「トレッドミル」「エクササイズ」を選べるようになっている。
 ワークトアウト時にアプリMi Fitを連動させ、心拍数をリアルタイムでスマホ画面に表示することなども可能だが、この連動機能を使うとスマホのバッテリ消費が激しいので、その機能は使わないことにした。

4)心拍計



 Mi Band本体では、心拍計モードにしてタッチすることで、今の心拍数を測ることができる。
 腕の静脈にLED光を当ててセンサーで測っているようだが、やはりこの精度は「乳バンド」方式より正確性が劣る。乳バンドの方が心拍70台なのに、Mi Bandの方では100を越えている、などというのはザラだ。この数字は「あくまで参考」という感じ。
(余談だが、乳バンド方式はこれはこれで外部ノイズに弱く。シェーバーを使ったり、クルマの運転中だったりすると、簡単に心拍数200を出したりしてくれる。そういったことはMi Bandの方にはない)

 アプリMi Fitでは、この心拍数を刻一刻と記録している。



「安静時心拍数」というものがあり、いわば心臓がアイドリンク時の心拍数を記録してくれている。たいていは眠っているときだ。この数字は60〜80が標準となっているが、わたしはたいてい50台。低いときだと40台のときがある。これを徐脈というのだが、スポーツをよくする人は、いわゆる「スポーツ心臓」といってこの状態になるらしい。ただ、わたしがそうかというと疑問である(一日二万歩は歩いているけれど)。
 まあ心電図検査でも医者に異常を言われたことはないし、わたしの個性なのだろう。

5)その他

 Mi Band本体の機能には、ほかに「天気予報」と「スマホの通知を伝える機能」がある。
 天気予報は、今日、明日、明後日の予報が見られるが、精度はお世辞にもあまりよくない。本当にオマケ機能である。

 次いで、「スマホの通知を伝える機能」だが、これが実に便利だ。
 スマホに電話があったとき、メールが着信したとき、LINEやSkypeの発言があったときなどに、腕につけたMi Bandがバイブレーションして教えてくれる。
 しかも、メールのタイトルやLINE、Skypeの発言などを少しだけでも表示してくれるので、いちいちスマホ本体を取り出さなくとも、すぐに返事をするべきかスルーでもいいかを判断できる。
 正直、アクティビティトラッカーとしての機能がなくとも、この「スマホの通知を伝える」機能だけで、導入した甲斐はあったな、と思っている。
 ただ、LINE通話の着信は拾えない。これは純正アプリMi Fitではなく、サードメーカーのアプリを使えばできるそうだが。

 ほかにも、スマホをどこかに置き忘れた、などというとき(BluetoothでMi Bandとつながっていれば)「スマホを鳴らして探す」という機能がある。これはスマホ本体がマナーモードでも強制的に音を鳴らしてくれるので便利だ。
 ただし、Bluetoothが切れているとどうしようもない。Bluetooth接続が切れたとき、Mi Bandが震えて教えてくれる機能があってもいいように思う(サードメーカーのアプリだとできるとかできないとか)。

 Mi Bandはサードメーカーのアプリや、対応グッズが多いのも魅力である。
 聞いた話だと、最初にヘタるのが、シリコンバンドのポッチ部分が折れることだと聞いたので、予備として10本組のシリコンバンドを購入。これで当分、安心である。
 ほかにも、普通の腕時計風にするバンドなども販売されている。自分的には、重くなると24時間つけているのがしんどくなりそうなので、デフォルトのシリコンバンドが一番いいのではないか、と思っている。

 そうそう、Mi Band本体は内蔵リチウムバッテリ仕様。充電は専用のケーブルでUSB出力から行う。が、本体端子はUSB仕様ではない。シリコンベルトからMi Band本体をはずして充電する仕組み。
 わたしのペースだと、10日に一回、充電するペースである。ネットでの報告を見るに、これはどうも個人差が多いようだ。
 防水仕様だが、お風呂やシャワー、水仕事のときははずしている。こういうデバイスの「防水」は基本的に信用しないわたしである。

 そんなこんなで、今やほぼ24時間を一緒にすごしているMi Band3だが、久々に「いい買い物をした」と感じる一品である。
 フィットネスに無縁の方にも「スマホの通知を伝える」機能だけで、かなりおすすめできる製品だと言えると思う。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2019年05月04日

【日記】Xiaomi Mi Band3レビュー・その1

「【回想録】万歩計(歩数計)」のところの最後でも触れたが、この数ヶ月、XiaomiのアクティビティトラッカーMi Band≠24時間身につけて生活している。

 アクティビティトラッカーは、以前から睡眠時間管理のためにほしいなとは思っていたのだが、有名なSONYのFitBitは、ただ睡眠時間管理のためだけに買うのはちょっとな、というお値段であったし、第一、アクティビティトラッカーをつけるようなアクティブな生活を送っているわけではないという思いもあり、導入は躊躇していたのだった。

 毎日、ほぼPCの前に座っているだけの生活で、一日の歩数が100もいかない状態ばかりが続くのもわびしいでしょう? 自分の運動不足を記録していくほどマゾでもない。

 それが毎日、フィットネスジム通いをするようになって、トレッドミルでウォーキングをするようになったものだから、これは好機、といろいろ調べ、XiaomiのMi Bandが安くて高機能、評判もいいことを知り、即、購入を決めたわけだ。

 Mi Bandも数年毎にバージョンアップしているらしく、わたしが購入したのは3バージョン目。Mi Band3である。

 アクティビティ・トラッカーをご存じないかたのために、ちょっとどのようなものかを解説すると、これを腕輪のように四六時中身につけていると、心拍、歩数、睡眠記録(入眠から起床までを自動記録)などを計測し続け、スマホと連動して記録を残していけるという代物である。
 主な情報管理やMi Bandのファームアップなどはスマホでやらなければいけないので、スマホがあることが前提だ。

 基本的にはスマホにXiaomi公式アプリであるMi Fitアプリをインストールして、Bluetoothで接続。その分、スマホのバッテリーは余分に食うようになる。実際、わたしのスマホはMi Bandを使い始めてからバッテリ消費がちょっと速くなり、モバイルバッテリなしでは一日保たないようになってしまった。
 また、Bluetooth接続とはいえ、なにか特殊なプロトコルを用いているらしく、通常のプロシジャでは接続できない。

 基本的には公式アプリであるMi Fitを――と書いたように、応用的にはサードパーティが用意しているいくつかのアプリを使用することもできる。このあたりの選択肢の多さもMi Bandの魅力だ。とはいえ、ノーマル、デフォルト主義のわたしはMi Fitを使い続けている。
 この基本のMi Fitでも、けっこう設定できるパラメータは多い。

 ちなみにわたしは、Mi Bandを右腕に、腕時計(乳バンド方式の心拍計と連動しているやつ)を左腕につけている。右利きなので、Mi Bandを右腕につけ続けるのはうざいかと最初は思っていたが、Mi Bandは軽いので、すぐに慣れてしまった。そんな洒落っけはないが、ブレスレットをしていると思えばよろし。
 そうそう、Mi Bandの画面は常時表示ではない。Mi Bandをタッチすることでしばらく情報が点灯される方式である。言うまでもないが、普通に時間も表示されるので、腕時計としても使用可能、といいたいところだが、直射日光下では表示がほとんど見られないという欠点もある。

 Mi Band本体と、それに対応するアプリMi Fitの、個々の機能を見てみよう。
 記事が長くなったので、次回に続けたい……と書きたいところだが、実は令和元年初日からPCトラブルで、ちょっと慌てふためいていて、これはストック記事から持ってきているのであった。写真がないのもそのせい。
 みなさま、PCの無事復帰をお祈りくださいませ……。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2019年05月01日

【日記】令和元年、千葉の春。

 というわけで、令和元年、おめでとうございます。

 以前にも書いたが、昭和から平成への改元は、昭和天皇陛下のご崩御が前提であったので、とてもめでたいムードにはならなかった。
 それはおそらく、大正、昭和への改元を知っている世代も同じだったろう。
 つまりわたしたちは、生きている日本人としては、初めて「めでたい改元」を体験しているのである。老若男女区別なく、この感覚を共有できることを感謝したい。

 めでたいめでたいで筆を置きたいのだが、それだけではなんなので、ちょっと元号不要論についてひとくさり。

 わたしはクリスチャンなので、カレンダーは日曜始まりでないと使えないし、もっぱら西暦を用いて生活している。
 それでも、日本人には元号が必要だと思っている。この思いは、むしろ洗礼を受け、キリスト者として教会生活を送るほどに強くなってきた。
 七曜を受け入れるだけでも、日本人はキリスト文化国に屈しているというのに、祝日を月曜日に移動する「ハッピーマンデー法」さえ生まれてしまった。わたしはこれを、日本人のアイデンティティをないがしろにした悪法だと思っているくらいなのだ。

 このブログでは「カットリク!」というカテゴリで、日本に蔓延している、「誤ったカトリック文化」を指摘し続けているが、それらの多くが、キリスト教文化への歪んだ憧れ≠ェ原因になっていると感じている。
 ここで「キリスト教文化へ憧れなんか持つかよ」と思った非クリスチャンのあなたは正しい。きっと、日本人には元号が必要な理由を、わたしより肌で感じているはずだ。

「【書評】キリスト教は「宗教ではない」」の記事で、「普遍宗教はカルチャーとしてしか表現できない」という竹下節子先生の指摘を紹介した。
 つまるところ、元号は日本の誇るすばらしい文化なのである。それをなくして西暦に統一しよう、というのは、利便性ばかりを追い求めて、日本人のこころ≠キリスト教文化へ売るということに他ならない。

 わたしは左翼ではなく、もちろん右翼でもない。一人の「わたしたちの本国は天に」ある(フィリピ3:20)クリスチャンだが、同時にどうしようもなく日本人なので、日本人の誇る文化をないがしろにすることはできない。

 むしろ、日本人でありながらクリスチャンとして自覚のある者ほど、元号不要論にはなびかないのではないだろうか。わたしが「カットリク!」を書いているのと同じ理由で。
 表面だけ西暦に統一してもらっても、うれしくともなんともないのである。西暦の持つ重み、キリスト教文化への正しい理解が伴っていなければむしろ迷惑、と筆を滑らしてしまったら書き過ぎだろうか。

 さて、「令和」という新元号。本当にすばらしいと思う。わたしは「平成」よりも気に入った。音の響きも、そこから感じる雰囲気も、清潔で力強く、真摯で澄んでいる。平成を隔てただけで、昭和の和≠再び使うとは意外だったが、今は「令和」以外考えられなくなっている。

 この「令和」が何年続くのかはわからないし、次の改元も今回と同じようにめでたい状況になるかどうかはわからない。
 ともあれ、今は、この、どこか世界が新しくなるようなめでたい気分を満喫したいと思う。

 令和元年5月1日、日本の地方都市の片隅にて。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記