2019年08月03日

【日記】本物のお巡りさんを詐欺師扱いしてしまった話

 ある日のこと。実家に帰ってみると、老父が「これから警察がくるから」という。
 話を聞いてみると、なんでも、オレオレ詐欺の亜流の特殊詐欺電話がかかってきて、その件で警察に連絡したので、調書を取りに警官がくるというのだ。

 詐欺電話の概要はこんな感じだったらしい。

 詐欺師「こちら、○○中央警察署生活安全課の××ともうしますが、通帳を落としませんでしたか?」
 ふつう、通帳など持ち歩かないものだが、おり悪く――本当にタイミングというものがあるものだ――父は昨日、通帳を持って街にでていたのだという。
 それで父は少しあわててしまい、通帳が手元にあることを確認し、そこで老母と電話を代わったという。
 詐欺師「ほかにも通帳はありませんか? 実は、先日、特殊詐欺のグループが捕まりまして、そこにあった六十四の通帳の中に、結城(父)さんの通帳があったんですよ」
 母「(怪しいと踏みつつ)通帳なら全部ありますよ」
 そこで押し問答のような感じになり、詐欺師は――
「こちらにご来署いただいてですね、ご確認いただきたいんです」
 と、なぜか家から外に誘導しようとする。
 母はしっかりきっぱりしているので――
「嫌ですよ。雨が降っているのに。○○中央警察署の電話番号はなんですか? あとでこちらから折り返し電話します」
 詐欺師「xxx-xxx-0110です」
 母「じゃああとでかけ直します(チン)」
 ちなみに、詐欺師からの電話は非通知であった。

 そして警察(110番)に電話したら、警官が調書を取りに来るという。そして最初のくだりになるというわけ。
 これは自分もついていた方がいいな、ということで、待つこと十数分。カッパを来た重装備のお巡りさんが玄関チャイムを鳴らしてきた。わたしがインターホンに出て、思わずモニター越しに(ちょっと冗談めかして)「本物ですよね?」と一言言うと、お巡りさんはとてもまじめな顔で「もちろんです」。
 ドアチェーンを開けて玄関へ通すと、カッパを脱いで、丁寧に警察手帳を見せてくれた。

 実家の電話機はダイニングにあるので、そちらへお通しして、調書取りが始まる。だいたい、上記のようなことを説明して――と、そのとき、電話が鳴ったのである。

 顔を見合わせる警官とわたしら家族。これは? ひょっとして?

 わたしが取ると――
 ?「結城さんのお宅ですか?」
 わたし「どちらさまですか?」
 ?「○○中央警察署の△△ともうします」

 こ、これは、詐欺師再びキターッ? 横にいる警官に聞こえるよう、わたしは復唱する。
 わたし「○○中央警察署の△△さんですね」
 横の警官の肩についた無線機がコールを寄越してきたので、彼はサッとそれを手で覆った。わたしもとりあえず芝居を続ける。
 ?「それでですね。さっきの電話ですが、あれは全部、相手の嘘ですから」
 わたし「えっ、さっきの電話は、全部嘘なんですか?」
 ?「はい、そうです。それでですね――」
 ここからの会話が、どうも噛み合わない。こちらは相手を詐欺師と決めつけて、横にいる警官にわかるよう話すのだが、なかなか用件に入ってこないのだ。
「この電話、スピーカホンにできますか?」と、横の警官がささやくので、いよいよ勝負か? とスピーカホンのスイッチを入れる。と――。
 警官「もしもし。こちら○○署の☆☆です。すでに現着しております」
 ?「もしもし。ああ、そうでしたか。それではよろしくおねがいします」

 え? ええー? えええーっ?

 なんと、電話の相手は、本物の○○署の警察官だったのだ。どうも横の警官が無線で署の方に現着を伝える前に、本物の警官が心配してこちらに電話してきたらしいのだ。
 なんとわたしは、本物のお巡りさんを、詐欺師扱いしてしまったのである。
 ガックリしてへたりこむわたし。苦笑する老父母。警官がまじめな顔で、一笑もせず――
「そのくらいの警戒心があった方が、わたしどもの方も助かりますよ」
 と、言ってくれたのが幸い。

 ちなみに、詐欺師が言った番号、xxx-xxx-0110は、○○中央署どころか、ぜんぜん違う病院のそれだった。どうやら最後の0110がそれっぽいのででたらめを言ったようだ。

 というわけで、我が実家の特殊電話詐欺騒動はおしまいである。その後、特になにも悪いことは起こっていない。
 ただ不気味なのは、この詐欺師が、通帳をおとりに、父母を家からおびき出そうと躍起になっていた、という点である。これは新手で聞いたことがある、電話で巧みに相手を誘導し留守にさせ、その間に空き巣に入るという手法の詐欺・窃盗犯グループだったのかもしれない。

 くわばらくわばら。
 特殊詐欺グループも、次から次へと新手の手法を編み出してくるが、粗暴犯になりかねない空き巣、強盗のたぐいは恐ろしい。
 皆さまもお気をつけて――。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記