2019年08月31日

【映画評】ゴーストランドの惨劇(ネタバレあり)

 この夏、いきなり「この映画はすごい」と評判が伝わってきた作品。やっているハコは少ないが、幸い、地元では観られたので、細君と鑑賞。

 わたしは映画紹介の記事を書くとき、なるべく既存の資料を使わず、自分の観たとおりを記憶を頼りに書くようにしているのだが、本作はフライヤーからちょっと引用したい。

 僻地に佇む家で、母と双子の娘を襲った凄惨な事件。それから16年後――。姉は精神を病み家に囚われ、妹は家を出て幸せを手に入れた。姉妹がその家で再会したとき、あの惨劇が再び幕を開ける――。
 などという、ありきたりのホラーでは終わらない――。




 すごい自信である。はてさて、見せてもらおうか。「2度と見たくないけど2回観たくなる」という、パスカル・ロジェ監督の鬼才とやらを。



 あらすじ――僻地に引っ越してきた母と娘二人。ヒロインの妹ベスはホラー作家志願の多感な娘。一方、姉ヴェラはリアリストな少女だ。
 引っ越してきたその晩に、恐怖が三人を襲う。女装の変態男と、知的障害があるミツクチの巨漢が家に乱入してきたのだ。娘たちは地下室に逃げ込み、母ホリーンは必死に抵抗。変態男と巨漢を刺し殺して見事に撃退した。
 そして16年の月日が経った。妹ベスはシカゴに上京し、ホラー作家として大成功をおさめていた。結婚もし、子どもにも恵まれ、忙しい日々を送っている。
 昔から使っている、古いタイプライターを使って執筆している彼女のもとに電話が入る。それは姉ヴェラからのものであった。錯乱した様子で「助けて!」と。
 姉ヴェラは母ホリーンとともに、16年前のあの家に住んでいるはず。母に電話をしてもつながらず、ベスは不安にかられ、翌朝、運転手つきのクルマに乗って、あの家へと向かった。
 家につき、母と再会して抱き合う二人。そして話が姉のことになると、母は表情を曇らせる。姉ヴェラは、あの日からずっと精神を病み、今もあの日の恐怖の中、部屋に閉じこもって生きているというのだ――。
 母を思いやり、また、ヴェラの精神障害を治してあげたいと望むベス。一晩眠って、起きてみると、鏡にルージュで「HELP ME!」と記されている。いったいこれは? 心霊現象なのか。ヴェラがやったのか。そしてベスは、やがて残酷な真実をつきつけられることになる。


 さて、いきなりネタバレしてしまおう。まだ本作を観ていないで、ここまでで「観てみたいな」と思った方は、今のうちに先に読み進まず、別ページへ飛ぶことをお勧めする。

 ちょっと緩衝帯のヨタ話を書いておこう。
 本作、確かに「これはやられたな」というトリックが出てきて、もう一度観てみたくなるのだが、その参考になるかと思い買ったパンフにはなんにもそういう情報はなかった。監督のインタビュー記事は読み応えがあるが、それ以外は写真集。それも、伏線やトリックに関するシーンはむしろ慎重に取り除かれている感じだ。



 同日に観て買った「ダンスウィズミー」のパンフは実にサービス精神旺盛だったのに、こちらのパンフはがっかりである。
 しかし、以前にも書いたが、わたしは数年前から、よほど気に入った作品しかパンフを買わなくなった。両作品はそれくらい気に入ったというわけだ。

 さてさて、ネタバレいきますよん。
 最初に違和感を持ったのは、妹ベスが運転手つきのクルマで実家に戻ったシーケンスだった。自分で運転しないのは有名作家だから? と。
 しかしその謎は、このネタバレで解けることになる。彼女が自分で運転して実家に向かわなかったのは、彼女に運転経験がなかったからなのだ。だから描写ができなかったのである。
 つまり、シカゴでホラー作家として成功して、夫と子どもにも恵まれ――というのは、すべてベスの妄想だったのだ。

 実際のベスは、姉ヴェラとともに、16年前のあの惨劇の最中に、まだいたのである!
(最中と言っても、変態男と巨漢は家を根城に出入りしているので、数日は経っている)
 あの日、必死の抵抗をして暴漢二人を倒したとベスが思っていた母親は、実は変態男に首を切られ、あっけなく惨殺されていたのだ……。
 姉ヴェラは妄想の世界に浸っていたベスを守りつつ、巨漢のオモチャにされていたのである。

 ベスが妄想の「成功した作家生活」で、古いタイプライターを使っていたのも、PCで書くという経験がなかったから、それを妄想できなかったからなのである。

 また、冒頭、車中で、ベスが書いた小説を母と姉に読み上げるシーン。ヴェラが「なんで最後はpiss(おしっこ)で終わるのよ」というようなことを言うが、現実でも巨漢に襲われたベスは最後に失禁してしまう、など、数々の対比が行われている。

 この作品、ゴア描写自体はそれほど大したことはなく、音や突然の脅かしでびっくりさせるシーンも多いので、それほど「二回みるのはつらい」という感はないのだが、惹句のとおり「もう一度観てみたくなる」のは確かである。
 なんにせよ、オカルティックな心霊現象ホラーではなく、現実ベースなのが実に怖い。

 見終わってから、つらつらといろいろなシーンを回想してしまう。ベスが妄想に入ったのはどこからなのか。ひょっとしたら、最初の方の雑貨店で、新聞記事を読んだあたりかもしれない、とか。
 ラスト、娘二人は無事救われるのだが、それも妄想なのではないか? とか。
 もし、これから観る方で、地下室の壁に「救急隊の写真」などが貼ってあったら、上記は本当かもしれない。これは心底恐怖である。

 もう一度劇場で――というのは、ハコも上映回数も少ないし、なによりもう上映自体が終わってしまうかもしれないので、この先はDVDが出たら、ぜひ細かく確認していきたいと思っている。

「ゲット・アウト」以来、久々に面白いと感じたホラー映画であった。

 余談:この夏から秋にかけては劇場で観たい映画が多くてうれしい。「トールキン」は必ず観るし、「ゲット・アウト」の監督ジョーダン・ピールの「usアス」も面白そうだ。
 なんて思っていたら「ニノ国」が「ドラゴンクエスト・ユア・ストーリー」よりもある意味すごい出来だとかいううわさ。あああわたし、そういうのに弱いのよ。これも観にいかねばならんかなー。
posted by 結城恭介 at 08:00| 書評・映画評