2019年09月25日

【日記】Adobeに敗北したお話

 10月の増税を前に、社内と個人PCの総入れ替えに踏み切った。Adobe CS6を使う関係もあり、全機が対応OSであるWindows7機だったのだが、同OSのサポートリミットが来年2020/01/14に迫っている現在、全マシンをWindows10 Proにするしかなかった(Professionalにしたのは、勝手にWindowsUpDateされて、継続中の仕事に支障がでると困るから)。

 会社の金庫的にも、個人の財布的にも、かなり痛い出費であったが、ここでケチってもしかたないと、全機Core i9 9900Kである。Adobeアプリを使うという前提があるので、Ryzenという選択肢はなかった。
 実はAdobeアプリ的には、シングルコア性能が高い方がパフォーマンスがよく、Core i7の方が良いこともあることは承知していたが、スタッフに「レンダーバッフェより、ずっとおそーい」と文句を言われないためにも、スペックのみでCore i9を選択したのであるヨヨ。

 そう、Adobe。弊社はどうしても業務上、PhotoShop、Illustrator、InDesign、DreamWeaver、Premiere、Acrobatが最低限必要なのである。

 そして無情なことに、今まで使っていたAdobe CS6は、Windows10に非対応なのであったorz

 最初は、Windows10でもCS6を使うつもりだったのだが、調査をすると不具合が起こる可能性も否定できないらしい。非サポートOSなので仕方ないと言えば仕方ない。
 業務で使う以上、「非対応OSのせいでInDesignファイルが吹っ飛びまして……」で数百万の損失を出したら、クライアントに土下座ではすまない。
 仕方なく、Adobe CCを導入せざるを得なかった。

 詳しくない方のために説明すると、Adobe CS6は、ふつうのアプリと同じように「買い取り」であった。一度買ってしまえば、ライセンス認証がかかるとはいえ「自分のもの」である。
 それが、CS6の次バージョンであるCC(クリエイティブ・クラウド)になると、「買い取り」ではなく「サブスクリプション契約」になるのである。どういうことかというと、月額あるいは年額払いでソフトの使用料を支払うことになるのだ。当然、毎年、毎年、Adobeに年貢を払い続けなければならない。年額の場合、約65,000円/機だ(Adobe CCはPC2機にインストールできるが、同時使用はできない)。
 それが嫌でCS6を使い続け、Windows7も10にアップグレードせずにいたのである。

 それが今回、仕方なく、嫌々ながら、涙を飲みつつ、断腸の思いで、CCを導入せざるを得なかった。Adobeに対する敗北感、ここにきわまれり、である。もうわたしはAdobeの犬である。Adobe畜と呼んでいただきたい。わんわん、クゥーン(泣)。

 会計的には、月払い・年払いは、リースと同じように減価償却せず、通信費あるは消耗品費として仕訳すればすむという利点があるわけだが、これから毎年、ずっとAdobeにAdobe税を支払うというのは抵抗感が強いのである。
 いやこれ、計算すると、費用的には決して損ではないのだけれどね。ただ、サブスクリプション契約のソフトというのは、気分的に滅入るというか、「自分のものではない」という感じがするのですよ。マイカーとレンタカー(やリースカー)と同じ感覚。

 そして、実際にヨドバシでAdobe CCを手にとってみると、根本が「ダウンロードソフト」なものだから、シリアル番号が中に記されているだけの紙っぺら。軽薄なことこの上ない。あああ、こんなもんが一年で約65,000円/機かよ……。

 まったく、それもこれも、MicrosoftがWindows7のサポートを来年早々に切るというリミットがあればこそなのである。
 Adobe製品以外にも、Windows7から10になって、動作が不安定になるアプリはある。正直、Windows7はまだまだ「末期」という感じはしないOSだ。Microsoftにも文句たらたらである。

 というわけで、気分的にAdobeに敗北したというお話。
 どうにも「期間に金を払う」というサブスクリプション契約は、わたしのような古い人間には合わないものなのかもしれない。
 同じような方がいらっしゃったら、同じように憤ったり、敗北感にまみれている者がいるよ、という表出になれば、と、ケチくさいながらこの記事を書いてみた。
 世の中、住みにくくなったものだよね、ハイ。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記