2016年09月12日

【カットリク!】聖痕・前編

筒井康隆
聖痕

筒井康隆先生は、小説新潮新人賞選考のとき、わたしのデビュー作「美琴姫様騒動始末」を推してくださった方でもあり、わたし自身、小、中、高と筒井先生の本を読んで育っていた。いわば私淑していた師匠にあたる方。

そんな筒井先生を「カットリク!」の俎上に乗せねばならないのは非常に心苦しいのだが、ガチカトとしては「あなたがたの師は一人だけで、あとは皆兄弟なのだ。(マタイによる福音書 23:8)」というイエスの教えを守らねばならないのです。あいすみません。

「聖痕」は、筒井先生が朝日新聞に2012年から連載されていた小説である。その26回目――



より引用――
 幼稚園ではクリスマスに父兄を招いて園児に歌を歌わせ、劇を演じさせる企画がもちあがった。例年は歌だけなのだが、アンセルモ神父のたっての希望で「受胎告知」と「キリスト降誕」の二場面が演じられることになったのである。
(中略)
「受胎告知」はルカ伝にしか登場しない大天使ガブリエルとマリアだけの劇。「キリスト降誕」はマリア、ヨセフ、東方の三博士が出てくる科白なしの劇に、卒園して教会の合唱団にいるお姉さんたちと園児たちのコーラスで讃美歌百十二番「諸びとこぞりて」と「聖しこの夜」だ。
 えっ。貴夫君にガブリエルやらせるんですか。はい。彼ならできます。めでたし、恵まるる者よ、主、なんぢと偕にあり。こんなむずかしい科白。しかも昔の新約聖書そのままじゃあないですか。(後略)


さて、どこが「カットリク!」ポイントか、読者諸兄にはおわかりいただけるだろうか?
アンセルモ神父、ということはこれはカトリック。このシーンはカトリックつきの幼稚園で進むストーリーである。
まず復習をひとつ。

カットリク!ポイント17――
カットリク!では、聖歌ではなく賛美歌を歌っちゃう。


そう、これ。カトリックでは賛美歌は歌わない。歌うのは「聖歌」。日本のカトリック教会では、具体的には下の二冊がほぼ使われる。



「典礼聖歌」と「カトリック聖歌集」である。
 ここではカトリックの司祭であるアンセルモ神父が「讃美歌」と言っているのが、まず「カットリク!」。

そして(わたしはガチカトなので、ガチプロテスタントの友人に聞いた話であるが)、「賛美歌」と「讃美歌」もまた、教会業界用語では違うのである。たとえて言えば、賛美歌は「タブレット端末」を示し、讃美歌は「アイパッド」を示す。つまり商品を表す言葉と、商品そのものの違い。

プロテスタントでは、主に下記の二冊のどちらかが
賛美歌集として使われている。



「54年版讃美歌」と「讃美歌21」である。ほかにも教派によって違う賛美歌集があるが、主なプロテスタントはこれのどっちか。
(写真の「54年版讃美歌」は実際には讃美歌第二編との合本だが、ここでは煩雑さを避けるため、「54年版讃美歌」と呼ぶ)

作中でアンセルモ神父が『讃美歌百十二番「諸びとこぞりて」』と言っているが、これは確かに112番として、「54年版讃美歌」に載っている。


(クリックで拡大できます)

しかし、「カトリック聖歌集」の「もろびとこぞりて」は、654番なのだ。


(クリックで拡大できます)

カトリックの神父がなぜわざわざ他教派の賛美歌集の番号を言わねばならないのか、これも「カットリク!」である。
わたしは興味があるので、他教派の賛美歌集も持っていたりするが、普通のカトリック信徒は、プロテスタントの賛美歌集など見たこともないというのが本当のところだろう。

カットリク!ポイント29――
カットリク!は「カトリック聖歌集」に同じ歌があるのにプロテスタントの「讃美歌」の番号を言っちゃう。


カットリク!ポイント30――
カットリク!は「聖歌」と「賛美歌」と「讃美歌」の区別がついてない。


モーツァルトのケッヘル番号や、バッハのBWVのように、賛美歌にも世界共通の番号がついている、と、日本人の多くは勘違いをしている。実際にはその教派が使う歌集によって、番号はまちまちなのだ。

たとえば、同じ「もろびとこぞりて」も「讃美歌21」だと261番になる。


(クリックで拡大できます)

そして、一応、アンセルモ神父が言った「112番」を、プロテスタントが使用する「讃美歌21」、およびカトリックが使用する「カトリック聖歌集」と「典礼聖歌」とで調べると――


(クリックで拡大できます)


(クリックで拡大できます)


(クリックで拡大できます)

かように、全然違う歌なのである。しかも「典礼聖歌」の方は「聖歌」というより「答唱詩篇」ですな。

カットリク!ポイント31――
カットリク!は聖歌と賛美歌は同じで、しかも番号は世界共通だと思っている。


おそらくここまでで、かなりビックリされている方が多いのではないだろうか。「自分もカットリク!だった」と。
ところが、まだまだ皆さんが驚かれる「カットリク!」ポイントがこの小説の一節に潜んでいるのである。

それはまた次回に!
posted by 結城恭介 at 08:00| 新興宗教カットリク!の研究