2017年01月31日

【日記】バナナはオヤツに入りますん

ニンテンドー3DSの「とびだせ動物の森」を、飽きずにもう三年やっているのだが、このソフト、けっこう教育的とは言えないところがある。

たとえば海でサメを釣り上げて、それを素手で掲げて釣果を自慢したり、川でウナギを釣り上げ以下同文。ウナギの血液には毒があり、子どもに持たせたくはない。

オノで木を三回斬るとドドーンと簡単に切り倒せ、さらにスコップで根をいともやすく掘り出せる。子どもがこれを真に受けたまま成長すると、吸血鬼相手に丸太を振り回すことがリアルでもできると思うのではないかと心配だ。

はたまた、バナナを砂浜に埋めると、「バナナの木」が生えてきて、数日後にはバナナがなるようになる。バナナはバショウ属の顕花植物で、植物学的には「草」である。葉が木の幹に似た偽茎を作るため、木に見えるだけなのである。
そしてバナナは植えても新しく生えてくることはない。バナナは単為結実なので生殖はできない。接ぎ木によって増やすのだ。バナナはすべて、クローンなのである。

まあゲームだから、と言ってしまえばそうなのだが、ゲーム内ので出来事をそのまま信じてしまう子がいたら、ちょっとアレかな、とは思う。


(うちの村のバナナ林。ちなみに村長は男の娘でございます)

エヴァが蛇に唆され食べてしまい、アダムにも勧めて食べさせた「善悪の知識の木の実」は、宗教画などでは通常リンゴとして描かれているが、聖書には特にどのような実であるかという描写はない。

そして、この「善悪の知識の木の実」がバナナであった、という説がある。

グーテンベルクの活字聖書が底本として使用した聖ヒエロニムスのラテン語聖書は、「悪」を表すのにラテン語の「malum」を使用した。同時に、古代ギリシャ語で果物を表す語も「malum」であり、リンゴと訳すことができる。
それでルネサンス初期の画家たちは、「善悪の知識の木の実」をリンゴとして描くことに躊躇がなかったのだという。

対して、コーランで描写される「エデンの園」の禁断の木は「talh」と呼ばれ、これは古代アラビア語で「楽園の木」、もっと直裁に「バナナの木」と訳されることもあるのだそうだ。そしてコーランの該当の木の描写は、バナナのそれと似ているという。

もちろん、このような議論に明確な決着がつけられるわけはないが、エヴァがアダムに差し出した実がリンゴではなくバナナだと思うと、ちょっとそのシーンにも面白味を感じるというものだ。
リンゴだと「ハイこれ」。バナナだと「ホレッ」という感じがする。

神様が「善悪の知識の木の実」を食べるのを禁じたのは、バナナがオヤツだからだろうか。
いやしかし、聖書の中に食事禁忌事項は少なくないが、オヤツを禁じるというような一文はどこにもないのである。

エヴァ「神様ー、バナナはオヤツに入りますかぁ?」
神様「いや、バナナは食事です。オヤツには入りませんよ」
アダム「神様ー、バナナは甘いのでおかずになりませんからオヤツだと思いまーす」
神様「ううーん、確かにそうだな」
エヴァ「神様ー、どっちなんですか? ハッキリさせてくださーい」
アダム「オーヤーツ! オーヤーツ!!」
エヴァ「ごーはーん! ごーはーん!!」
神様「ええいおまえらうるさい。じゃあもう善悪の知識の木の実は食べちゃダメ! 神様決定。以上!」

聖書には記されていないが、事件以前にこのような経緯があったのかもしれない。

バナナはありがたい食べ物である。甘くて食べやすく、体にも優しい。
わたしの持病のひとつは食事関係の禁忌があるのだが、インターネットで調べても「あれはダメ」「これはダメ」という統一見解がなされない中、唯一バナナだけは、どのサイトもOKを出しているのである。

実際、体調が悪いときは、バナナとチキンラーメンしか食べられないときがあった。

前述したとおり、バナナはすべてクローンである。なので伝染病には非常に弱いとのこと。実際、去年「新パナマ病」で今のバナナが絶滅し、食卓からバナナが消えるかもしれない、というニュースが世界を駆けめぐった。
人間の英知でこの危機を乗り越えられると信じてはいるが、今「バナナはオヤツか食事か?」などとふざけていられる我々は、幸せな世紀の人類なのかもしれない。

なお、今日の記事は、原書房刊、ローナ・ピアッティ=ファーネル著/大山晶訳の「バナナの歴史」を多分に参考にしている。良書への感謝とともに。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記