2017年08月31日

【映画評】打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?

 ネット評だと爆死街道邁進中? という感じなので、同日、押さえに「ベイビー・ドライバー」を入れておいたのだが、どうしてどうして、こちらもけっこういい映画じゃないですか。
 と思ってしまうのは、わたしが制作者側に立ってしまうからかなぁ。甘いかしらん。
 ともかく、観終わってあれこれ考えてしまう楽しみは、こちらの映画に軍配があがる。



 ネタバレらしいネタバレはない映画なので特に配慮はしないが、事前情報を入れて観るのがお嫌な方は、あらすじのうちに別ページへ移動していただきたく。

 あらすじ――主人公の典通は中学生男子。同じクラスの女の子、なずなが気になっているが、親友が彼女のことを憎からず思っていることも知っており、心中複雑だ。
 そんな夏休みの登校日、巡り合わせでプールに居合わせたなずなと親友、典通の三人は、勝った者のいうことを聞く、という条件で50メートルを泳ぐが、典通は負けてしまう。
 彼の知らないところで、なずなは親友と「今夜の花火大会を見に行こう」と約束。
 その夕方、浴衣をきたなずなは大きな荷物を持ち、親友の家を訪れるが、気後れした親友は、ことから逃げてしまっていた。そのことを知っていた典通は、「彼は戻ってこないよ」と彼女に伝え、なずなは落胆する。
 田舎道を典通とともに歩くなずな。「典通くんが勝つと思ってた」「勝った方とかけおちするつもりだった」――。なずなには家庭の事情があり、大きな荷物は家出のそれだったのだ。
 その場に現れた母親に連れ戻されそうになり、抵抗するなずな。カバンが開き、不思議な珠が落ちる。それは彼女が、朝、海で拾ったものだ。
 叫びながらも連れ戻されるなずな。そこに現れる親友。典通は思わず彼に殴りかかる。
 そして不思議な珠を持ち、看板に向けて投げつけた。「あのとき、俺が勝っていれば――」


 というわけで、珠が壊れるたびに、前の誤った選択肢のところに時間が飛び、やりなおせる、というストーリーだが、はっきり言って、上記「あらすじ」に書いた以降のことは、すべて典通の妄想だと思われる。これは作中でそう明言されているわけではないが、言い切ってしまってかまわないと思う。
 珠に不思議な力が宿っていて――などというSFではない。ただ、「あのときこうしていれば」という典通くんの童貞妄想を映像化したものだ(褒めているのか貶しているのか……いや、褒めているのです(断言))。

 似たような映画としては、ニコラス・ケイジの「NEXT-ネクスト-」を連想していただければ。あとは「ラ・ラ・ランド」の最後の方のシーケンスをながーく観させられる、といった感じだ。

 典通が選択肢を間違い、珠を壊してやりなおすたびに、ストーリーが現実から解離してファンタジックになっていくのが面白い。

 チラシには――



「繰り返す、夏のある一日。」――となっているが、別に繰り返さなーい。選択肢をやりなおすだけ。
「花火が上がるとき、恋の奇跡がおきる――」――となっているが、別に奇跡は起こらなーい。典通の妄想が激しくなっていくだけ。

 などと書くと身も蓋もないな……。
 しかし、そういう映画なのだとわかったら、とても映像の流れに身を任せやすくなった。
 これは、少し大人びた中学生の少女が家の都合で転校し、彼女に淡い恋心をいだいていた少年が、こんな未来もあったかもしれない、と、あれこれ思い惑う一夏の自涜行為をファンタジーに昇華したものである。

 正直な話、苦言を言うと、見始めは「ちぐはぐ感」が抑えられなかった。設定にも映像にも、妙に描写が細かい部分と、アラがある部分がある。登場人物たちの年齢もわかりにくく、高校生のような外見と、台詞の幼さが似合わない。
 わたしは、中盤でなずなが浴衣から白いワンピース(夏の定番!)に着替え「16歳に見える?」と言ったシーンで、初めて「ああ中学生たちの話なんだな」と思ったくらい。

 そういった点はあれど、わたしはこの映画を気に入った。
 未来にはたくさんの可能性、選択肢があるように見えていても、中学生くらいだと、実は選択できるそれは少ないものだ。そんな、自分も同じ年頃に感じた切なさが観劇後に残る。

 友人たちが好きな女の子の名をそれぞれ叫ぶシーンで、一人が「みずきありさー」と声を上げる。それがネットで「今の子が観月ありさ≠ヘない」とツッコまれていたが、わたしは普通に、同じクラスにそういう名の子がいるのだろうな、と納得してしまった。

 ラスト、二学期の始めに出席を取っている中で、典通の名が呼ばれるが、彼の返事はない。もしかしたら、なずなを追ってどこかへ行っているのかもしれないし、ただ風力発電所の下でサボっているのかもしれないし、たんに寝坊しているだけかもしれない。
 この「もしかして」を観た者にいろいろ考えさせるために、ストーリー上、典通に学校を休ませたのではないだろうか。
 なにしろ本作のキモは「もしかして」なのだ。ここでいろいろ考えてしまった観劇者は、それなりに制作者の手の内に入ってしまっているのである。

 今まで触れてこなかったが、原作である岩井俊二監督の同名テレビドラマ作品はもちろん観たことがあり、それの映像美、小学生だったヒロインのはかなげな美しさは今でも心に残っている。
 もし、同作の感動を期待して観に行っていたら、きっとガッカリしたことだろう。
 しかし、24年を経て、同作からインスパイアされた21世紀のアニメ作品単独として観れば悪くはない。2017年の夏、この作品を観られたことを幸せに思う。

 余談だが、わたしがよく行く映画館は港に面しており、出ると海の匂いがする。と言えば格好良いが、要するに磯臭い。
 ラスト近く、なずなと典通が海に飛び込むシーンはロマンチックだが、いやあれ、絶対、磯臭いよな、と思いつつ、映画館を後にしたのであった。

追記:あまりに内容がアレだったら「洋式トイレ、上げてからするか、下げてからするか(※小)」というタイトルで茶化して書こうと思っていたのだが、ちゃんと記事にしたということは、そういうこと。
 なお、その記事もそのうち書きますよ、きっと(笑)。
posted by 結城恭介 at 08:00| 書評・映画評