2017年09月30日

【回想録】パンダの思い出

 ふっふふふ……。
 はーはっははははは!

 怖い、自分が怖い!

 パンダの赤ちゃんの命名、おめでとうございます。
 わたしはやってしまいました。「【日記】新元号を当ててみせる!」「新元号予想リスト(zip)」をご覧いただきたいッ!

 あるでしょう、2699065行目に!





「香香」!

 というわけで、新元号を当てる前に、パンダの赤ちゃんの名前を当ててしまった。
 これは運ではない、計算ですよ。ふふふ。これからわたしのことは「パンダの赤ちゃんの名前をコンピュータ演算で当てた男」と呼んでいただきたい。ふふ、ふ。
 なんか新元号よりちょっとパワーが少ない気がするのは、ま、ちょとあれだ。

 しかしこの調子なら、きっと新元号も当たる。当たる気がする。当たるんじゃないかな。これは吉兆である。

 これだけではなんなので、短く、パンダの思い出を。

 わたしは日中国交正常化を記念して中国から上野動物園に送られたカンカン、ランランを見に行った世代である。あれは小学校低学年のときではなかったかな。そんなだから、もちろんデートなどではなく、親が連れて行ってくれたのだ。

 パンダ舎の周りは人ごみでいっぱい。ラッシュの電車の中のようだった。列はゆーっくりゆっくり進み、ガラス越しのパンダは全然見えない。やっと見えてきたと思ったら、ランランかカンカンのどちらか一頭だけで、しかもずーっと動かない。寝ているのであった。
 たまにちょっと動くと、見物人から「おーっ」と歓声があがる。

 結局最後まで、遠くから豆粒のように小さいパンダを眺めて、列に流されるまま押し出されたという思い出しかない。家の14型テレビで見ている方がよっぽど大きいと感じた。
 それでも、日本に初めて来た生パンダを見たというのは自慢である。エッヘン。

 当時は「♪リンリン、ランラン、龍園、龍園行って幸せ食べよー」というCMも流れ、ちょっとした中国ブームであった。

 パンダと言えば、「深夜のお茶会」でアクセスログを眺めていて「panda.co.jp」というものがあり、「なんだこのパンダ.co.jpって」とビックリしたことがある。調べてみると、パソコンショップで有名なP&Aのドメインだった。
 P&A秋葉原店には何度か入った覚えがあるが、今現在は潰れるか、どこかに吸収されたかしたのだろうか。同ドメインは全然関係ない会社が使っているようだ。
「P&A パソコンショップ」で検索してもあまり情報が出てこないのが淋しい。

 カンカン、ランラン以降、実は生パンダを見たことがないことに気がついた。
 上野のシャンシャンちゃんはいつ公開されるのだろうか。今度は是非、細君とデートで見に行きたいと思っている。
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録