2017年11月30日

【日記】やっちまったよ過放電

 家電リモコンやガジェットなどで使っている乾電池の多くをエネループに変えた話は以前にもしたと思う。
 エネループはサンヨーの素晴らしい発明だが、同社がパナソニックに買われてからはPanasonicのロゴの方が大きくなってしまった。ここはサンヨー開発陣への敬意を表して、大きなエネループロゴを継承してほしかったところだ。

 それはともかく――
 エネループは二本組、四本組で売られているが、これらはそれぞれ、「組」で使うことが前提となっている。いくら充電可能回数が多いエネループとはいえ劣化はしていく、その劣化具合が同じものを、足並みを揃えて使っていくのが常道だからである。
 劣化具合が違うエネループを組で使ってはいけない。それをしてしまうと、劣化が進んでいないエネループにも悪影響を及ぼしてしまう。

 最近の家電品、電子ガジェットの類は単四であることが多く、単三はあまり使い出がなくなった。
 わたしは単三エネループ四本×四組をローテーションして使っていた。風呂場用CDプレイヤー、カメラのストロボ、廊下用の人感センサーライト、そして予備用である。
 ひとつの機器のバッテリがあがったら、予備の四本を入れて、あがったエネループは充電して予備用に回しておく。
 予備用の電池はストロボのおともとしても持っていき、撮影時のストロボの電池切れのときは交換して使う。
 これで数年、うまく回っていたのであった。

 なお、ポメラDM100だけは専用の二本×二組で回している。どうもDM100はバッテリにセンシティブなガジェットらしいからである。

 ところが今回、やってしまったのである。
 廊下用の人感センサーライトに使っていた四本。風邪をひいて寝込んでいるときに、そのエネループがあがってしまった。それを承知で交換しないでいたのがまずかった。

 ひさびさに人感センサーライトの単三エネループ四本を取り出して、エネループチャージャーにセットすると、チャージャーが異常終了してしまう。
 えっ、と思って、最初はチャージャーの故障を疑った。チャージャーはチャージャーで、端子を常に清掃しておかないと、ちょっとの汚れでも異常終了することがあるセンシティブな機器である。
 がしかし、障害の切り分けをしても、チャージャーは大丈夫そうである。

 そこで、異常終了する四本組の単三エネループの電圧を一本一本テスターで測ってみると、なんとそのうちの一本が、マイナス側に針が振れてしまう。放電どころか、テスターの電池から(テスターも電池内蔵機器である)充電しようとしているのだ。

 あー、やっちまったよ過放電。

 これがストロボやCDプレイヤーだったら、過放電は起こらなかった。一定以下の電圧では機器自体が動かないからである。問題は人感センサーライトのような「電灯」は、エネループの最後のひとしずくまで使い切ってしまいかねないということだ。
 灯かなくなったな、と気づいた時点で、すぐに予備バッテリに交換しておけばよかったのだが、後の祭りである。

 これは四本を組で廃棄して、新しい四本組を購入しなければいけないかとガッカリしていたのだが、しばらくダメな一本を放置していたら、電圧が1ボルトまで復活してくれた。


(1ボルトまで復活してくれた。最初はマイナス側に振れていたのである)。

 ひょっとして……と一縷の望みをかけて、その一本だけをチャージャーで充電してみると、異常終了することなく最後までチャージを完遂。



 乾電池の電圧は1.5ボルト、という知識からすると低すぎるように思われるかもしれないが、実はエネループの電圧は1.2ボルトである。試しに、同じ組の他の三本と一緒に、廊下の人感センサーライトに入れてみると、パッと灯りをともしてくれた。よかった。

 とはいえ、一回、過放電をやらかした電池の組を、大事な撮影があるかもしれないストロボには回せない。これからはこの四本はローテーションに入れず、人感センサーライト単体で使うことにしようと決めた。

 もともと、エネループは電灯には向いていないことは承知している。それでも今回は、なにより、灯かなくなってから放置していたのがまずかったのである。

 エネループの公称充電可能回数は千回ということになっているが、経験則ではそれ以下になってしまうことが多いような気がする。もちろん原因はエネループ側ではなく、今回のように、わたしの使い方がラフだったり、最後まで使い切ろうとしてしまったり、チャージャーの端子清掃を怠ったりしているのがいけないのだろう。
 また、小物ガジェットなどでは待機電流で過放電にしてしまう機器がないとはいえない(わたしの場合、Bluetoothレシーバがそれだった)。

 今回のことはよい勉強になった。できればローテーションなどせず、その機器専用のエネループと決めて使った方がよいと考えを改めた。
 それだと、「自己放電が少ない」というエネループの利点のひとつを狭めてしまうことにもなるのが痛し痒しではあるが。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記