2017年12月31日

【回想録】大晦日の思い出

 大晦日くらいは、それにちなんだ思い出を書くことにしよう。
 去年は確かNHKの「紅白歌合戦」について書いたと思う。
 その昔は、「紅白歌合戦」が終わったあとの「ゆく年くる年」は、各局とも同じ内容だったのである。つまり、どのチャンネルを回しても同じ画面が流れている。これはちょっと不思議な感覚であった。

 各局でどこも同じ画面が流れているが、これがまた、微妙に色合いが違うのである。それが知りたくてガチャガチャチャンネルを回して怒られたことを覚えている。

 我が家は近所のお寺からは遠く、それでも冬の深夜だけに、ゴーン、ゴーンと除夜の鐘が鳴るのが聞こえた。明らかに百八つ以上鳴っていたのは、並んだ客へのサービスなのだろう。

「ゆく年くる年」が終わると、各局とも、またそれぞれの番組へと戻っていくのだが、今と違って深夜の視聴率が取れない or 問題にされなかった時代には、よくその時間帯に、過去の名画が流れたのであった。「シェーン」とか「マイ・フェア・レディ」とか「ティファニーで朝食を」とかを、その時間帯に観たことを覚えている。

 家庭用ビデオすらない時代である。今なら古い映画でも、セル or レンタルDVDはもちろん、ネットでも観られる時代だが、当時はテレビで放映されるチャンスを逃すと、次はいつ観られるのかがわからなかった。それだけに、テレビで流される名画を観られるのは至福であった。

 テレビを観ていたのはこたつであった。今のように椅子が普通の生活ではなかったなぁ。
 テレビの大きさも、驚くなかれ、14型である。そんな小さくて、角の丸いブラウン管を、家族四人で観ていたのだから、時代は今と比べれば貧しかった。

 結婚して、カトリックの洗礼を受ける前は、年が明けたら近所の神社へ行ってお参りし、年によってはお寺まで行って除夜の鐘を鳴らさせて貰い、帰りにセブンイレブンでおでんを買って食べたり、深夜営業のファミレスへ寄るのが定例行事になった。
 その頃、わたしたち夫婦は「冬コミ」の島の中の人であったので、これで本当に今年も終わったねぇ、と、ホッと一息つくのが常であったのだ。

 カトリックの洗礼を受けてからは、1月1日の「神の母聖マリア」ミサに必ず与っている。一度、新年の午前零時から開かれる英語ミサにも与ったことがあった。あれはとてもよい雰囲気であった。

 ふりかえると、自分は新年になると、長い間、神道、仏教と節操なしにお参りに行っていて、結局最後はカトリックに落ち着いたのだった。
 祈り自体も、少しずつ、変化しているように思う。昔は、祈ればそれに神が応えてくれる自動販売機のように思っていた。今はそうではない。ただ、いつも主がともにいてくださいますように、と祈っている。

 神道の神を信じる人も、仏教の神を信じる方も、キリスト教の神を信じる方も、それ以外のものを信じる方も、そして、なにも信じないという方にとっても、来年が、みなさんにとって、よいお年でありますように。

 行きましょう、主の平和のうちに。
 神に感謝。
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録