2018年05月06日

【日記】禁酒

 以前、「【日記】禁煙」の記事を書いたので、「禁酒」についてもそろそろ書こう。
 恥ずかしながら、アルコール依存症一歩手前の時期があった。いや、すでにアルコール依存者になっていて、今は断酒しているので、症状が出ていないだけと言ってもいいだろう。

 アルコール依存症患者というものは「否認の病」にかかっており、自分が「アルコール依存症だとは認めない」のだという。
 そして、飲酒を自力でやめることはできないのだとも。
 不思議なことだが、自力でやめることができる人は、まだアルコール依存症ではないのだそうだ。なんだか、箱の中にその箱の鍵が入っているような、妙な感じだが、医者がそう言っているのだから仕方ない。

 そういう意味では、わたしは自力でアルコールをやめられたので本当の意味では「アルコール依存症」ではなかったのかもしれない。しかしアルコール依存症とは上記のとおり「否認の病」なので……と、堂々巡りである。

 しかし、一歩手前であったことは否定しない。できない。
 酒屋の店頭で、少しでもアルコール度数が高くコストパフォーマンスがいい酒を計算して買っていたくらいである。
 夜になると、毎日、手酌で飲んでいた。日本酒は安いが甘い。アルコール度数の高い焼酎から、やがて、もっと度数の高いウイスキーをストレートで飲むようになる。
 最後の方では、ものは試しと、消毒用エタノールまでグイッとやっていたのだから呆れる。これは――さすがにまずくて常飲できなかった。

 やめるきっかけは、ブラックアウトを起こして、転んで足の爪を割る大ケガをしてしまったからであった。
 その日の昼は展示会があり、片足を引きずりながら回っていたのだが、いきなり吐き気がやってきて、身障者用トイレに飛び込んで吐いた。驚くべきことに、ゆうべの酒が翌日の午後まで残っていたのである。
 そこで初めて、自分のケガがかなり重度のものであることに気づいた。酔っていたから、痛みにも耐えられていたのである。初めて、酒の魔力に恐怖したのであった。

 その日から、わたしはピッタリと酒をやめた。半月以上は足の指に包帯を巻いて過ごしたと思う。足に爪がちゃんと生えてくるまでには半年かかった。

 そののち、病気を患い、当時の主治医にこの事件のことを話して「アルコール依存とまではいかないと思うんですが」と言ったら、「ブラックアウトを起こしてもやめられない人は、もう、アルコール依存ですよ」と断言された。耳に痛い人も多いのではないだろうか。

 酒もタバコと同じように、「やめる」と決めたら、それ自体は簡単であった。禁断症状などもなく、手足に震えがくるとか、大名行列が見えるとか、そういったこともない。
 そういった意味でも、わたしが本当の「アルコール依存」であったかどうかは疑問なのだが、なにしろ「否認の病」なので以下略。

 そんなこんなで、お酒をやめてから、もう十年以上の月日が経っている。
 最初、細君は、わたしがお酒をやめたのに、自分は平気で忘年会などで飲んできていたのだが、わたしが「それは俺がつらいからやめられない?」とお願いしたら、自分も禁酒してくれるようになった。
 そんなこんなで、わたしたち夫婦が最後にお酒を舐めたのは、洗礼式のキリストのご聖血だけである。

 洗礼式の前、洗礼者は両形態(ご聖体だけではなくご聖血までいただける)と聞いたとき、正直、自分はちょっと躊躇してしまった。アル依者は酒をどれだけ断っていても、一滴舐めただけでスリップしてしまうなどと聞いていたからだ。
 キリストの御血はあくまでブドウ酒ではなく聖変化したご聖血だが、それでも、自分の飲酒癖が戻ってきてしまうのではないか、と。

 しかし洗礼の恵みはその程度のことでわたしを飲酒者に引き戻すことはなかった。久しぶりに口にしたブドウ酒(ご聖体にひたしたご聖血)は、ブドウ酒であって、ブドウ酒ではなかった。

「禁酒なんで簡単だよ。現に俺は何度もやってる」というジョークが禁煙のように使われないところをみると、この日本においてアルコールはだいぶ甘く見られている危険薬物であるということがよくわかる。

 自分がアルコールをやめてみると、本当にこの世界はアルコール(と飲酒者)に毒されていると思う。
 飲酒運転はもちろん、飲酒が引き起こす事件があとを絶たないことは言を待つまでもない。今の若い方の飲酒離れ、飲み会離れはいい傾向だと思う。こんなものは、たとえ文化と言われても、飲まない方がいいに決まっている。

 今でも、「こんな夜にお酒が飲めたらなぁ」と思う晩はあるが、酒とタバコ、どちらかを選べ、と言われたら、タバコの方を選んでしまう程度には、酒はもう十分だ。

 カトリックには、飲酒、喫煙の禁忌はないが、そのあたりを知らないノンクリに飲酒、喫煙を誘われたときは「自分、クリスチャンなので」で通してしまえるので良い。このあたり、飲酒、喫煙をしないプロテスタントの方をリスペクトして、本稿の筆を置く。

 追記:この記事は、今年の始めに書いたものの(その証拠に「「【日記】禁煙」の記事は2018年01月04日に公開している)公開するのがやはり気恥ずかしく≠クっと後伸ばしにしてきたのであった。
 今回、タレントの山口達也氏がお酒で「やらかした」事件が話題になっており、まあこれもいい機会かと、わたしの失敗譚も時流に乗ってさりげなく(笑)公開したわけだ。
 私見ではあるが、山口達也氏は、間違いなく「アルコール依存症」であると思う。おそらく、「今は≠ィ酒を飲まない」などと甘いことを言っていないで、これ以降一生、一滴もアルコールを飲まないという完全断酒を敢行しないと、また事件を起こすだろうと予言しておく。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記