2018年04月05日

【日記】洗濯機給水口の水漏れ

 洗濯機が壊れたので新調したのだが、やってきた業者が、今までの給水栓にジョイントプラグで接続し、テストも完了して数日後、細君が「水漏れするぅ」と報告してきた。



 このプラスチック部品と銀色の境い目から、水がポタポタと垂れてくる。水道の蛇口には、前回、洗濯機を交換したときにつけたアダプターがそのままついており、それを今回、流用したのである(というか、業界標準なのかな? これは)。



 アダプターを外してみると、このタイプの蛇口。調べてみると、本来、このデコボコのついた蛇口にアダプターをつけることは推奨されていないらしい。前の業者が無理やりつけたのだろうか。
 あまりにアダプターを締め付けたために、蛇口そのものに小さな穴が開いてしまっている。そこから水漏れしているのかもしれない。

 だからわたしはソフト屋なんだって。ハード屋じゃないんだって。しかも水周りの工事なんて絶対したくないんだって! と主張したが、他にやる人がいないので、わたしが一応、工事にチャレンジしてみる。



 レンチで蛇口の先端部分だけを取ろうと格闘していたら、蛇口そのものが取れてしまった。こんなこともあろうかと、止水栓を閉めていたので助かった。

 さて、ホームセンターへ行って迷ってしまった。





 蛇口の部分につけて、ワンタッチでアタッチメントをつけられるパーツがいくつもある。さて、どれを買ったらいいものやら。
 プラスチック製と金属製の用途の違いもよくわからない。メーカーは同じだ。値段は長く使うものなので特に考慮はしない。問題はまず、ウチの蛇口につけられるか、だ。

 その場でスマホでいろいろ検索し、迷った末に、プラスチック製の方でいいらしい(しかも水漏れストッパーがついている)ということで、そちらを購入。カクダイというメーカーの「洗濯機用 水漏れ防止ストッパー付きニップル 2サイズ兼用 取付簡単 樹脂製 772-510」という製品である。



 わが家に帰って、なれないレンチを使って、なんとか配管につないでみた。止水栓を開けて、蛇口を回してみる、と――盛大に水が漏れるorz
 こりゃやっちまったか、選択を誤ったか(洗濯だけに)と思ったが、真ん中のプラスチックのプラグを硬く締めると水漏れは止まった。どうやらこのパーツは、この部品のところで二分でき、二種類のアダプターをつけられる仕組みだったようだ。

 早速、細君に自慢する。

 わたし「へへーん。直したぞ」
 細君「さすがー! もうこういうの任して大丈夫だね」

 いーやーだー! だから俺はソフト屋なんだって!!

 こういうのを「クラシアン」とかに頼むと、工事費込みで一万何がし円くらいは取られるらしい。自分で直せばパーツ代だけ、そんなところに頼むのは莫迦らしい、あれはボッタクリだ! という人もいるが、わたしはそうは思わない。本来、技術料というものは高くて当たり前≠フものである。

 わたし個人も、朝飯前≠フ仕事をすると、クライアントに適正な価格よりかなり割り引いた請求をしてしまい、経理にいい顔をされないものだから、これは肝に銘じておきたい。

 今回だって、成功したからいいようなものの、うまくいかなかったら、さらに試行錯誤を繰り返して、配管をダメにしていたかもしれないのだから。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記