2018年01月31日

【日記】セブンイレブン「ティラミスわらびもち」「抹茶ティラミスわらびもち」

 夕食後に甘味が欲しくなって、「【日記】セブンイレブン「チョコブレッド」」で予告していた、セブンイレブン「ティラミスわらびもち」「抹茶ティラミスわらびもち」を開ける日が来ましたよ。

 なんでも、井村屋とセブンイレブンが共同開発した和洋折衷のアイスクリームだそうで。



 食べ物が和洋折衷ということなので、飲み物はアジア圏から「ベトナムコーヒー」といきましょうか。



 ベトナムコーヒーはコーヒー豆をバター焙煎したものを挽いて、専用の抽出器具に入れ、それをコンデンスミルクをたっぷり底に入れた耐熱グラスに乗せ、お湯をそそいで作る。
 もとはあまりいい豆がとれず、さらに新鮮なミルクが保存できないベトナムだからこそ生まれたコーヒーだ。

 日本国内だと(名前を出して申しわけないが)「サンマルクカフェ」が「ベトナムコーヒー」の名をメニューに載せているが、これは豆をバター焙煎していない、コンデンスミルクにエスプレッソをそそいだだけの「なんちゃってベトナムコーヒー」である。
 あのバター焙煎の独特の風味は、エスプレッソと練乳だけでは出すことはできない。第一、エスプレッソでは洗練されすぎている。本物のベトナムコーヒーは、コーヒー粉がカップに落ちたりして野暮ったく、コーヒーの味はいまいちで練乳の甘さが強く、それでいて不思議とどこか懐かしい、たまに飲みたくなる味だ。



 耐熱ガラスのカップを使うのは、コンデンスミルクの層とコーヒー層が二分されているのを楽しむため。

 ウチではベトナムコーヒーの粉を買って作っているが、ふつうのコーヒー豆にバターを乗せてレンチンしてから挽いた粉でコーヒーを淹れ、それを上記のようにコンデンスミルクを入れたグラスへそそいでも、それっぽいコーヒーが作れるので、ご興味のある方は一度お試しあれ。

 サンマルクカフェの「なんちゃってベトナムコーヒー」も、あれはあれでうまいんだけどね(と、フォローもいれて)。



 やっと新郎新婦の入場です。左が「抹茶ティラミスわらびもち」、右が「ティラミスわらびもち」。開けてみると――



 こんな感じ。



 一式そろったので、食後のデザートタイム。ちなみにデザートとはフランス語のdesservirに由来し「食卓を片づける」という意味なのだそうだ。って、ちょっと確認のために検索したら、こんなこともWikipediaに載っている。ちょっとしたウンチクすらすぐ孫引きできる時代というのは、便利というか、見栄を張れなくなったというか(笑)。



「抹茶ティラミスわらびもち」は抹茶味がけっこう強い。ティラミス風味はあまり感じない。入っているわらびもちも、どちらかというと「白玉団子」っぽい。



 こちらは抹茶が入っていない「ティラミスわらびもち」。うーん、ティラミスという感じではないなぁ。チョコ風味である。そしてわらびもちもやはり「白玉団子」。

 もちろん、両方とも美味しい。「わらびもち」や「ティラミス」に目をとらわれやすいが、これは「アイス」である。

 わたし「でも、ティラミス」って感じではないねぇ」
 細君「だね」
 わたし「わらびもちは白玉団子だしね」
 細君「わたしは雪見大福≠ンたいに感じたなー」

 これでお値段、一個224円(税込)。吝嗇家のスイーツイーターとしては、ちょっとリピートに躊躇してしまう、かも。カモ。

 甘ーいベトナムコーヒーをチビチビ飲んで、さて、今日の食卓を片づけましょうか。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記