2018年04月10日

【日記】店員にお礼とか

 いささか旧聞になってしまったが、ツイッターで出た話題。

 お店でレジ打ちしていたときに男子高校生が「ありがとうございます」と会計後にお礼を言ったところ、その友人が「お前店員にお礼とか恥ずかしいことすんなや」と言った。


 というもの。
 あまりの非常識ぶりに頭がクラクラしてしまった。もちろん、「お前店員にお礼とか恥ずかしいことすんなや」と言ったという男子高校生の友人≠ノ、である。

 こういう子どもは、親に「人になにかをしてもらったらお礼を言うのが当然」という当たり前の教育をうけてこなかったのだろうか。
 それとも「お金を払うのなら立場が上なのだから、お礼を言うのは向こうの方。こちらがお礼を言うのはおかしい」などという敬虔な拝金教徒なのだろうか。
 なんにしろ、育ちが悪かったとしか言いようがない。世の中、いろいろな人がいることは、この歳になって十分承知してはいるが、今の豊かな日本でも、こんな若者もいるということに暗然としてしまう。

 類は友を呼ぶ、というが、わたしの友人関係に、こんな非常識なことを言う人はひとりもいなかった。みな快く、店員さんにお礼を言う。たとえ、実は大会社の社長さんという身上の人でも「ごちそうさま」と言って出て行く。
 いやむしろ、頭のいいヤツ、社会的に身上がいいと言われている人ほど、店員さんへの口調も丁寧だ。

 これには、実は理由があるのである。
 かつて、日本には「やんごとなきお嬢さま」がいる時代があり、「お嬢さま言葉」というものがあった。
 育ちのいいお嬢さま方は、「よろしくてよ」「ごきげんよう」「ごめんあそばせ」などという言葉を使ったのである。
 ある日、お嬢さまが教育係に――
「どうしてこのような丁寧なお言葉を使うのですか?」
 と聞いたところ、教育係はこう答えたという。
「たとえ相手が無礼な人間でも、こちらが丁寧な言葉を使えば、こちらを丁重に扱わざるを得なくなります。お嬢さまが丁寧な言葉を使うのは、相手にお嬢さまをお嬢さまとして扱わせるための矜持なのでございます」
「もし、それでも相手が乱暴な言葉を使ってきたらどうなのです?」
「野蛮人に言葉は通じません。ただそれだけです。相手を野蛮人扱いすればよいのです」

 つまり、こう言ってはなんだが、店員さんに丁寧な言葉を使うのは、こちらも丁寧に客として扱ってもらうためのテクニックなのである。
 頭のいいヤツ、身上の高い人は、それを本能的に、あるいは親に教わって知っている。だから店員さんにもお礼を言うのである。

 そういった功利的なことを抜きにしても、やはり、人になにかしてもらったら、たとえ金銭の授受があったとしても「ありがとうございます」という気持ちと心は必要ではないか。そう思う。

 ひとつ、たしかに言えることがある。店員さんにお礼を言ったら、「お前店員にお礼とか恥ずかしいことすんなや」というような者とは友人になりたくない、そんな恥ずかしい相手と人間関係を結んでいたくない、ということである。

 同じ野蛮人に見られたくないから、ね。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記