2018年03月31日

【日記】聖土曜日の典礼色

 さて、去年の「【日記】聖土曜日」の記事で、やはり「聖土曜日の典礼色」の話題を書き、一度は「未定義」という結論をだしたはものの、その直後、正解を見つけた、という話を記した。

 その正解だが、「来年までのロングパスとしたい」と、カト信者への宿題にしていたわけだが、敬虔なるカトリック信者の皆さま、この一年で、「聖土曜日の典礼色」はおわかりいただけましたかな?

 念のため、半可通のカトかぶれを排除しておくために書いておくが、「聖土曜日」の(一般人にとっては)夜に行われる「復活徹夜祭の典礼色(白)」ではないですよ。あくまで「聖土曜日」の典礼色。

 なんと正解は、われわれカト信者にとって、とても身近なところにあった。しかもおそらく、ズボラな信者でも、おそらく今なら、まだ手の届くところにある。書類入れとかにね(いやもう捨てちゃったかもしれないが)。



 これは、先週の日曜日、つまり2018年3月25日にもらったばかりの「受難の主日(枝の主日)」の「聖書と典礼である。
 そう、正解は、毎週、ミサの前に配られる「聖書と典礼」に記されていたのである。しかも、今週のみの「聖書と典礼」に。
 カト信者の皆さま。どうです? 今なら、まだ先週のそれが手元にあるでしょう? 引っ張り出して見てみてください。


(石黒正数「それでも町は廻っている」1巻より引用)




(石黒正数「それでも町は廻っている」1巻より引用)



 紫!

 これほど明快な答えがあろうか。やるな、オリエンス宗教研究所(「聖書と典礼」の出版元)。しかもちゃんと「読書」時、「朝の祈り」時、「昼の祈り」時と、使うときの例まで列記している。

 ちなみに、英語版の「SUNDAY LITURGY」、スペイン語版の「LITURGIA DEL DOMINGO」の表4には、そういったことは記されていない。


(これはスペイン語の「LITURGIA DEL DOMINGOの表4。そっけないものだ。典礼色自体が書いてない)

 ふっふー。というわけで、日本語圏以外のカト信者の友人がいる方は、ぜひとも「聖土曜日の典礼色ってなーんだ?」と質問していじめてあげていただきたい(笑)。きっと、敬虔で知識のある信者ほど、いろいろ悩むと思う。

 ちなみに「聖土曜日の典礼色」について、プロフェッショナルである司祭がどのような反応を示したかは、去年の「【日記】聖土曜日」に書いた。

 司祭や司教にお尋ねしたこともたびたびある。が、真剣に考えて「聖土曜日にバチカンへ行ってみればわかるのではないか」と答えてくれた司祭、「知りません」とすげなくスルーした司教、と、いろいろである。
 この質問への答え方で、その司祭の姿勢がわかったりするな、と、最近は意地悪く思っていたりする。


 ふふっ(笑)。←いろんな意味での「(笑)」。

 聖土曜日は、ミサはもちろん典礼も行われない日なので、その日に教会へ訪れる人は少ないかもしれないが、わたしは教会委員をやっていた関係もあって、聖土曜日の真っ昼間に何度か教会を訪れたことがある。
 そのときの雰囲気が、とてもいい。これからイエスの復活が起こるという期待感の中、まったりとしていて、時間がのんびりと流れている。

 そして、日没後には、華やかな「光の祭儀」。つづいて一年のミサの中で一番豊かな「ことばの典礼」のある「復活徹夜祭」がある。おそらく世界中に、今夜、洗礼を受けて、新しくカト信者になる人々がいるであろう。

 そんな皆さまに、一足早く、「ご洗礼、おめでとうございます! あなたのこれからの信仰生活に、神さまの豊かな祝福がありますように!!」
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記