2018年04月26日

【甘味】さかい珈琲「いちごと抹茶のマリアージュ」

 たまに通る道沿いに「さかい珈琲」という看板を出している店があって、ちょっと雰囲気よさそうで気になっていたのであった。
 ネットで調べると、本社は岐阜発祥のチェーン店らしい。

 かなりコーヒーに自信を持っていると上に、この春は「いちごと抹茶のマリアージュ」という、いかにも美味しそうなメニューを限定発売しているとのこと。
 これは甘味者として、一度は行っておかねば、と、細君と寄ってみたのであった。

 店内の雰囲気はちょっと薄暗く、調度品は豪華な感じ。椅子もフカフカだ。そういう系統の店なのね、と、納得。

 肝心の「いちごと抹茶のマリアージュ」は――





 いやぁ、これは美味しそうだ。お値段1,274円(税込)はちょっと高めに感じるが――

※ご注文を頂いてからメレンゲと生地をあわせて焼くためご提供に20〜30分程かかります。また、注文数が多い場合は更にお時間がかかりますので予めご了承ください。


 との注意書きが、逆に甘味者の心をくすぐってくれる。

 コーヒーはブレンドとアメリカンを注文。こちらはすぐ出してくれるようお願いし、細君と交互に一口づつ。うーん。もうしわけないけれど、コーヒーはごくふつうかな。お値段はまあ、場所代として納得しましょう。



 豆菓子がついてくるのは、まるでコメダ珈琲。箱根の山を越えると、喫茶店はみんな豆菓子を出すものなのだろうか?

 そして待つこと数十分。きましたよ――



 おおう、これは美味そう。しかもいつぞやの「コメダ珈琲」の「君なんか写真と違わない?」事件と違って、写真より抹茶パウダーがふんだんに振り掛けられており、豪華感が増しているではないはないの。

 さっそく、細君と食前の祈りを済ませて、いただきます。







 美味しそうでしょう!
 半分に切ると、断面は――



 メレンゲとスポンジ、それにちょっとすっぱいイチゴ、そして抹茶パウダーに、かかっているアンコが、絶妙なマリアージュである。うん、これはいいよ。美味しい。



 あっという間に食べてしまって、もうこんなに少なくなってしまった。
 量的にも、コメダのシロノワール(大)よりはちょっと多く、シェアして食べても十分満足感があると思う。
 ま、その分、お値段がちょっと、ね。

 今週はちょっとがんばったので、自分へのご褒美にはいいかな、と思った、贅沢な甘味でした。ごちそうさま。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味