2018年05月16日

【日記】ポメラの使い分け

 DM200を導入して「【日記】ポメラDM200いらっしゃい・その1」の記事を書いたのが2017年3月8日。それ以来、DM5、DM100、DM200を併用して書き物をしてきたのだが、DM200を使い始めて、はや一年以上も経っていることに、いまさらながら気がついた。

 ポメラ三台とも、それぞれまだ健在である。特に不具合も発生せず、DM5で心配されるフレキシブルケーブルの損傷、代替機が来る前まで頻発していたDM100のソフトウェア上の不具合、DM200で懸念されるバッテリー寿命なども問題ない。
 この記事では、このポメラ三台の使い分けの試行と現状などを書こうと思っている。
 もう古い機種なので、DM5もDM100も新品は買いにくくなっているだろうが、迷っている方のなにかの参考になれば。

 結論から先に言えば、最新機種のDM200に触れている時間が一番長くなっている。これはやはり、液晶の見やすさと、なんと言っても、ctrl-hがエディタ内でもバックスペースになったことが大きい。ATOKの頭の良さも多少は後押ししているかもしれない。
 DM200に慣れてしまうと、DM100の、エディタ内でctrl-hが効かないこと、ATOKがアホなことがやはり苦痛に感じてしまう。電池駆動ということと、あの軽さは大きなアドバンテージなのだが……。

 正直言うと、できれば、すべての書き物をDM200で行ってしまっても構わない、とさえ思うようにすらなっている。ただひとつの難点、持ち運びの際の「重量」さえなければ、だが……。

 DM200を持参して外出するときは、やはり「外出中にも書くぞ!」という気分で持っていく。外で書かなかったときは「あー、重い思いをして持っていったのにもったいないことをした」という気分になりがちだ。
 逆に、帰宅時に重い荷物になることがわかっている日には、ポメラを持っていかず、カバンにいつも突っ込んである原稿用紙コクヨ「ケ-35N」とプラチナ#3776MSで書き物をするという選択肢を選んでしまっている。

 ここで、「あれ? 軽い荷物にするためにDM5を買ったのでは?」という指摘もあろうかと思う。(「【日記】君の名は?」参照)
 が――、DM5はさすがに使いにくい。液晶画面にバックライトはないし、ctrl-hでバックスペースは効かないし、第一ctrlとcaps lockの交換すらできないのだ。結局、数度、外へ連れ出してはみたものの、これなら原稿用紙と万年筆とそう変わりないなぁ、という結論に落ち着きつつある。
 しかもDM5は、起動しないでおいても、電池をけっこう消費する。いざ持ち出そうとしたら電池が交換が必要なほど減っていることが二、三度あり、ゲンナリしてしまった。
 結局今は、DM5は電池を抜いて、予備機として待機となってしまった。

 さて、一世代前のDM100。本当に惜しい執筆機だと思う。軽く、エネループ駆動で、気軽に持ち歩ける。
 正直、エディタ内でctrl-hのバックスペースが効いてくれるなら――この一点さえクリアしてくれれば、これを常に外出のおともにしたい、と思うくらいなのだ(それだけ、わたしにとって、ctrl-hがバックスペースであるというのは大事なのである)。
 しかし、もう旧機種ということもあって、ファームで対応、ということもなさそうだ。
 あぁ、あと、Evernoteとの連携がク○である。これはもう、本当に○ソ。Evernote自体が○○だから仕方がないが。

 というわけで、DM100は、結局、蟄居房内で毎日の日記を書くためだけに使うようになってしまった。この日記書きもDM200で済ましてもいいのだが、DM200にトラブルが発生していざ使えないとき、すぐDM100をバックアップとして使えるよう、毎日、電源を入れておくためにやっているようなものだ。

 一年以上、DM5、DM100と併用して使い続けた総論として――わたしにとってDM200は、唯一の難点、「重量」さえ除けば、とても良い執筆機である。購入前はバッテリー内蔵であることを心配していたが、一日執筆していても50パーセントも減らない。モバイルバッテリーも持ち歩いているが、世話になったこともない。

「アップロード」機能を使い、メールで原稿を送信できるのも便利である。メモカもUSBコネクタも挿抜回数には寿命がある、原稿をPCに持っていくのに、メールという一番基本的なプロトコルで送信できるというのは便利だ。

 でもねぇ、この唯一の難点「重量」がやっぱりナンなのである。DM100の重さは、持ち出して使わなくても「まっいいか」で済んでしまうが、DM200の重さだと「使わないともったいない」と思ってしまう。
 わたしにとって、DM200はポメラシリーズの中で、圧倒的に「気軽さ」が足りなくなってしまった。そのために専用のキャリングバッグまで買ってみた(「【日記】ポメラDM100 & DM200用キャリングバッグ」)が、やはり持ち出すときは「外でも書くぞ!」という意識が頭の隅どころか真ん真ん中に鎮座ましましている状態。
 少なくとも、ポメラの愛称「ポケット・メモ・ライター」ではなくなってしまったなぁ、というのが正直な感想。

 もし、DM250とか、300とかが出るのなら、性能はもう上げずとも良いから、まずは軽さを目指してほしいと思う。

「重い」「重い」と文句ばっかり言っているが、単一電池を四本も使っていたOASYS Lite K FD20や、単三電池を五本も使って二時間しか駆動できなかったOASYS 30 ADにくらべれば、今のDM200はまるで天使の落とし物のような夢の機種である。

 ワープロが絶滅した時代に、こんなニッチな製品を実現してくれたキングジムには、改めて、大きな感謝の言葉を贈りたい、本当にありがとう! と。

 追記:この記事は例のごとくだいぶ前に書いて、予約投稿にしてあったのだが、その間に、結局、日記もDM200で書くようになってしまい、今はDM100まで予備機扱いになってしまった(汗)。
 そして昨日の2018/05/15、新ポメラのDM30発売予定の報が! 今度は画面がe-inkで折り畳みキーボード仕様。しかも電源は電池とな!? なんとも、うーむ、やってくれるぜキングジムさん。DM30への期待は、明日の記事で!
タグ:執筆機
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記