2018年06月09日

【日記】「メリタいいよね」

「いい……」


(秋本治「こちら葛飾区亀有公園前派出所」166巻より引用)

 最近、夕食後のコーヒー淹れは、面倒なサイフォンをサボって、ドリッパーで淹れてしまっている。
 以前にも触れたが、コーヒーの味は――

「上手い人がドリッパーで」>「サイフォン」>「下手な人がドリッパーで」

 淹れた順に美味い。ま、何度も書いてますが、わたしは味音痴なので、話半分に聞いていただきたい。

 ところで、ドリッパーには大きく分けて、底に三つ穴があいた「カリタ」のものと、ひとつだけ穴があいた「メリタ」のものがある。わたしが今まで使っていたのは、三つ穴の「カリタ」のものであった。
 で、わたしはドリップが上手くないので、どうにも酸っぱかったり、雑味が多かったりして、あぁ、不器用な自分にドリップは向かないな、と、サイフォンを使っていたのである。

 サイフォンはコーヒー粉の量と浸漬時間、ヘラで回すテクニックさえ守れば、それほど味にブレはない。特別に美味いコーヒーが淹れられるわけではないが、酸っぱくて飲めないような代物になることもない。
 喫茶店で「当店ではサイフォンでの抽出にこだわっています」という店があるが、正直、舌の肥えた今の若い人には、「サイフォンで淹れた」というのは味的≠ノはアドバンテージにはならないのではないか、そう思う。

 逆にサイフォンには、アルバイトでもちょっと修行すれば、そこそこの味で淹れられるというメリットがあるわけだ。わたしのように不器用でも、ね(いやもちろん、一流のサイフォニストが最高の技術で淹れたコーヒーは本当に美味いと思いますよ、と、ちょっとフォローしておく)。

 しかし、ちょっと調べてみると、ひとつ穴のメリタは、そういった不器用な人でも、わりと美味く淹れられるドリッパーらしいのだ。

 というわけで、ひとつ穴のメリタを購入してみた。時代はプラスチック(メラミン?)素材のものが主流のようだが、ここはわたしのこだわりで、陶器のものを選択。


(左がカリタ、右がメリタ、一見、同じように見えますが……)


(上から見たところ)

 うーん、メリタ、ひとつ穴が頼もしい。
 さっそく、このメリタで淹れてみる。
 最初にお湯を注いで蒸らす行程はカリタと同じ。挽いた豆がふっくらと炭酸ガスを出して膨らんだところで、カリタならばお湯を掛け回すのだが、メリタは構わずドバーッっとお湯を注いでしまっていい。

 三つ穴のカリタは、さらに二湯目、三湯目も気を遣って掛け回さねばならない。これにも流儀があって、フィルターに直接掛けないとかいろいろあるらしい。

 が、メリタはいい。お湯が減ってきたら、さらにドバーッ!



 ひとつ穴の底からは、抽出されたコーヒー液がポタポタと垂れてくる。だいたい出が悪くなって、コーヒーサーバーが定量になったら潮時である。
 味は驚いたことに、正直、「メリタで淹れたコーヒー」≧「サイフォン」くらいになっていると感じる。

 正確に言えば、ひとつ穴のメリタは、三つ穴で「濾過式」のカリタと違って、サイフォンと同じ「浸漬式」に入るのだと思う。
 カリタのようにマニアックなテクニックも不要。サイフォンより面倒くさくない。そして味も悪くない。

 というわけで、三つ穴カリタで「あまり美味いコーヒーが淹れられないなぁ」とお嘆きのあなた、一度、ひとつ穴の「メリタ」を使ってみられたらいかがでしょう?
「へぇー、こんなに手軽なのに、けっこう美味いじゃない」とびっくりすること間違いなし、なのである。

 あ、シングルオリジンのスペシャリティコーヒーは、やはりコーヒープレスが一番だと思う。さすがにそんな豆を、メリタやサイフォンで淹れる気はしない。
 もちろん、不器用でなければ、三つ穴カリタでドリップするんだけれども、ね。
 コーヒー教室にでも通ってみようかな。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記