2018年05月31日

【日記】スタンプラリー完走

 今まで、わたしは自分の居住範囲を「ある地方都市」と書いてきた。これは別に、それが個人情報だから隠したい、といった意図ではなく、特に記事自体に、その「地方都市」が直接関連することが少なかったからである。

 ソースの中に、固定された数字(これを「マジック・ナンバー」という)を書き込んではならない、というのは、プログラマの習い性である。

 同じことは物語における創作理念においても自分の中にあって、登場人物でそれほど重要でないキャラクターは、「サングラスの男」などという「変数」を用いて書くことにしている。
 これは前にも書いたかもしれないが、わたしの作劇法は、映画的ではなく舞台的なのである。

 しかしこの記事は「わたしの住む地方都市」が舞台になっているので、いよいよそれが明らかになるのである。実はオレは、お前の父親だったのだぁーっ! 的展開、ではないけどね(笑)。

 というわけで、わたしが住んでいる地方都市、千葉市では、2017年12月1日から2018年6月30日まで、「千葉市がもっと「好き♥」になる! スタンプラリー」というイベントを実施しているのである。
 具体的には、千葉市内の観光名所五カ所≠ノスタンプを置いて、スタンプラリー用ノートに押していき、全箇所制覇すると、漫画家オーサ・イェークストロム先生のお描きになったクリアファイル≠ェもらえる、というもの。

 オーサ先生の「北欧女子オーサが見つけた日本の不思議」は拝読したことがあるので、これは千葉市住民として、またオーサ先生のいちファンとしては千載一遇の機会。と、実は去年からボチボチと観光名所≠ノ行ってはスタンプを押して、ついに先日、やっと完走。記念のクリアファイルをいただいたのであった。



 スタンプラリー用ノートにはオーサ先生書き下ろしのマンガもたくさん載っていて、ファンなら絶対確保しておきたい一冊。ラリー完走時にはチェックを入れて返してもらえる。
 クリアファイルのデザインはスタンプラリーの表紙とそう変わらないのが残念だが、裏にはゲーム「ステーションメモリーズ」のキャラなども描いてあり、好事家にはたまらないだろう。

 で、実はこのスタンプラリー、地元千葉市の人間ならばわかるのだが、かなり「完走は簡単ではない」のである。

 五カ所の観光名所は次の通り――。

1)蓮華亭(千葉公園)
2)加曽利貝塚博物館(資料室内)
3)千葉モノレール千葉駅(改札口)
4)ケーズハーバー/千葉ポートタワー
5)郷土博物館(千葉城)/いのはな亭

 いただいたスタンプノートには「移動には千葉モノレールが便利です」となっているが、いやいやいやいや、千葉モノレールで素直に行けるのは「千葉モノレール千葉駅」くらい。あとはけっこう、クルマを使ったり、駅から徒歩で向かったりしなければいけない場所ばかりなのだ。
 逆に、クルマを使うとなると、今度は、「その観光名所には駐車場がない」という壁にぶちあたる。
 特に「郷土博物館」が難物だろう。モノレール駅から離れている上に、駐車場もない。
 逆に「加曽利貝塚」「ポートタワー」は駐車場があるので、クルマで行くのは簡単だが、一番近くのモノレール駅からは、実はかなり離れている。

 おそらく、市内のこういった地理を知らない市外の方が、このスタンプラリーに挑戦しようと、クルマを使わず千葉都市モノレールだけで臨んだとしたら、途中で「これは一日では終わらない!」ことに気づき、根を上げるに違いない。
 逆にクルマで回ろうとすると、今度は「駐車場がない」場所に閉口すると思う。

 そんなこんなで、千葉市在住のわたしでさえ、去年の12月の寒い季節に始めて、もう暖かくなった5月の末に、やっと最後の蓮華亭(千葉公園)でスタンプを押し、オーサ先生のクリアファイルをいただいたのであった。
 苦労もあって、感激もひとしおである。

 まだ開催期間が残っているので、これからチャレンジしよう、という方にアドバイスするとしたら、少なくとも一晩千葉市に止まって二日かけて回るか、あるいは、タクシーをぜいたくに使って回るのが良いかもしれない。

 さて、やっとオーサ先生のクリアファイルがもらえた、と思ったら、今度は千葉市と千葉氏の北斗七星≠フ縁から「北斗の拳」とのコラボイベントで、やはりスタンプラリーをやるとのこと。
 うーむ、そちらはどうするかな。「北斗の拳」は連載中、それこそ台詞を覚えてしまうほどファンだったけれど、今度のスタンプラリーもかなり無理ゲな場所設定なような気がする。
 まあ、気が向いたらボチボチと、ということで。
 もし完走できたら、また喜びの記事を書くかもしれない。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記