2018年07月04日

【日記】ポメラDM30いらっしゃい・その3/底板作成編

 ポメラDM30――ネット評では毀誉褒貶の多い機種だが、わたしは気に入って使っている。DM100よりいいというのが率直な感想。

「ダメ」と言っている人は、実は自分で思っているより(総合的な)タイピングが速いのではなく、Ctrl-hをバックスペースにすることに慣れていないのではないかな。わたしにすれば、Ctrl-hがバックスペースではないDM100より快適に打てるマシンだ。
 逆に言えば、そういう人は普段、どんなふうにPCでエディタを使っているのだろう、と疑問に思ってしまう。ダイヤモンドカーソルを駆使しないで、総合的に「速いタイピング」ができるとは思えないからだ。

 わたしは、一時間程度の講演の録音なら、三時間以内で、タイトな文字起こしができる程度のタッチタイピストである。もちろん数秒戻しのフットスイッチは使うし、ましてやポメラでそれをやろうとは思わない(ダイヤモンドカーソルが全然完璧ではないから)。

 そのわたしでも、DM30の反応はそれほど悪くないと思っている。

 一度、DM30の反応が遅い、遅いと言っている人のタイピングを実際にみてみたいと思う。けっこう、右小指をのばしてバックスペースを探し探し打っている人が多いのではないかな?
 電源キーがバックスペースやデリートの近くにあって怖い、という評もあった。その人が普段、どんなタッチタイピングをしているか想像できる。さもありなんである。ダイヤモンドカーソルを使える者なら、右小指をそう使ったりしない。EnterもCtrl-mである。

 あと、情報として、DM30はバッテリーによって反応速度が違う、といううわさがある。わたしはエネループノーマルを使っているが、これで遅いと思ったことはない。
 ローマ字打ちで、一瞬ローマ字が出るのも別に不快ではない。別に動体視力鍛錬ソフトではないのだから。

 念のため言っておくと、わたしはDM100、DM200も愛用しているユーザーである。そしてやはり、DM200が一番いい、とは思っている。DM30は、DM200を持っている人が、折りたたみの機種をほしいと思ったときに選択できるニッチな機種だという結論は変わらない。
 ただ、DM100はどうかな。もう生産中止の機種だし、中古あるいは在庫残りのDM100を買うくらいなら、このDM30の方が数倍コスパがいいと感じる。

 いや、余談がすぎた。あまりにDM30への風当たりが強いもので、少し擁護したくなったのだ。

 さて、以前、DM100、DM200の持ち運び用キャリングケースとして、HHKのキャリングケースを流用した、という記事を書いたが(【日記】ポメラDM100 & DM200用キャリングバッグ)、DM30もこのキャリングケースに入れて持ち運ぶことがある。



 容積に余りができるので、そこにキューブを入れて出掛けられるのもよい。



 ただ、難点として――DM30は観音開きの折りたたみ筐体のため、膝の上で打つことができないのである。キーボードを左右に開くと、両足が出てくるようになっているのだが、それを保持する平面がそれなりにないと不安定になる。
 これでは、外で使うために気軽にHHKキャリングケースに入れて、持って出る気にならない。

 そこで、DM100、DM200のとき、Kananaバッグでも重宝した「アクリサンデー」の出番である。
 ガラスよりも剛性が高いというアクリサンデーの3ミリ板を、HHKキャリングバッグに合うよう、14センチ×28センチに切削、さらに角を丸めて、HHKキャリングバッグの底に敷いてみた。上記写真の青色の板がそれである。
 そして、DM30を使うときはこれを取り出し、DM30の底板として使う。



 まだテスト中で、もう少し角のRを取ってもいいかなとも思うが、まあまあの出来だと思っている。



 このように、観音開きのキーボードのフットプリントもきちんと受け止めてくれる。
 DM30を折りたためばこんな感じだ↓



 DM30は、不満点をあげれば、それはいくつも出てくる機種である。今、気づいたのだが、カーソル位置を「最後の場所」に指定していても、別のファイルを開きなおすと忘れている。このあたり、DM200は各ファイルの最後のカーソル位置を覚えてくれていた。
 バッテリも公称値より食う印象がある。わたしはDM100の故障でサンプル機を借りたことがあるのだが、そのサンプル機もバッテリ食いだった。おそらくDM100は初期型と後期型では基板の設計が違っていると見ている。DM30もそういうことがこの先あるかもしれない。
 これは触れてみればすぐにわかるが、プログラムはDM100を基本として、それをブラッシュアップした感じである。だから、DM100や、そのほかの折りたたみポメラからの買い換えには向いていると思う。

 あとはやはり、いち文書の文字数が少ないのは、温厚で許容量が広いわたしでも、さすがに口がへの字≠ノなってしまう。DM200で書いた文書のSDメモカがそのまま読めないのは、後発の機種としてはどうだろう。
 ここはファームアップで直せるところだから(DM200で実現していた)、ぜひともファームアップでの改良に期待したいところだ。

 最後に為念繰り返し。
 ポメラDM30は――


(秋本治「こちら葛飾区亀有公園前派出所」166巻より引用)

 のように、「ポメラ」の特性をわかっている人だけが「いいよね」と言える機種である。それ以外の方はDM200をお求めになるのが正解。いやほんと。
タグ:執筆機
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記