2018年07月21日

【回想録】飽きっぽい

「恭介は飽きっぽいからなぁ」というこの言葉、中学時代に畏友H君から、それこそ飽きるほど聞かされたものだ。

 どうも、当時のわたしは「マイブーム」がやってきてから去るスパンが、ほかの子より短いらしく、周りから見ると「飽きっぽい」と思われていたらしい。
 本人からすると、そんなに「飽きっぽい」とは感じていなかった。それだけ、当時は時間が圧縮されていたのだとも言える。オトナが一日と感じる時間を、極端な話、一時間で体験していたのだ。
 ようするに、それだけ、同級生より子どもぽかった、ということかもしれない。

 確かに言われてみると、中学時代に長く続けた趣味趣向というものがそう思い当たらない。一時、電卓集めにハマったことがあったが、振り返ってみると、これも数ヶ月くらいだったのかなぁ。

 言葉を選ばなければ、根気がないのだとも言える。「継続は力なり」と言うが、継続できないから、なにをやってもろくな力がつかなったというのはありそうだ。

 読書量は多かったと思う。平井和正先生や横溝正史先生、星新一先生、筒井康隆先生、山田正紀先生の本などは、当時出版されているほとんどの本を読んでいたはずである。
 読書は日常に組み込まれていたので、趣味という感じではなかった。これは今でもそう。「趣味は読書です」、というのはどこか抵抗がある。「趣味は食べることです」というのと同じような感じで。

 これは自慢話ととられてしまっては本意ではないのだが(実際に自慢できることではないし)、わたしの場合、物事の習熟曲線が初期はとても高いのである。他の人が三カ月かかって習得することを、三日で習得できる。しかし逆に、ほかの人が三年かかって習得できるレベルには、三年かかってもたどり着くことができない。極端な「広く浅く」なのである。

 長く続けられていることは、日常生活に組み込まれて習慣化されていることばかりである。読書や日記書きのような。
 逆に、習慣化されていたのに、今はすっかり無縁になってしまったものもある。テレビ視聴がそれだ。わたしはひとりでいるときはまったくテレビを見なくなってしまった。

 習慣というものは大事なものなのだなぁ。おそらくわたしはゾンビになっても、日記を書き続けるのだろう。

かゆい
うま


 ブログの「毎日更新」は、残念ながら二年で止まってしまった。この「二年」という期間は微妙だなぁ、と自分でも思う。「三年」なら「卒業」という感じだったのにね。中途半端だ。しかし「一年」だとさすがに飽きっぽいと自分でも思うし、難しいところだ。
 それこそ、日常の日記を垂れ流すようなブログならいくらでも書ける。しかしわたしは、ブログは日記と違うのだから、読者がいることを想定して、読んだ時間分、楽しんでほしいと思って書いているのである。
 日常生活の垂れ流しはツイッターでやればいい(実際には匿アカでもやっていないけど)。

 最近ハマっているキューブは、五月の連休後にはじめて、七月の今でも、まだブームが続いている。タイムは縮まなくなってしまったが、そんなに簡単にsub60いけてしまう趣味では、きっとすぐに飽きてしまう。これでいいのだと思って、まだがんばっている最中。
 問題は、これが日常に組み込めるかどうか、だな。きっと。日常に組み込めないと、そのうち飽きてしまうだろう。

 あとはそうだな、結婚生活は銀婚式を過ぎるほど続いている。これは日常だから。しかし、日常に組み込むまではなかなか大変だったかもしれない。
 離婚にいたってしまう夫婦は、何年経っても、結婚生活が日常に組み込めなかったからではないかな?
 前にも書いたかもしれないが、結婚というものは、「港の見える高層レストランでワイングラスで乾杯する」ような非日常的なことではないのだ。それこそ「カップラは高いから袋の素ラーメンを二人ですする」ような、そんないじましい日常が続くのが結婚生活である。それに慣れることができない人が「港の見える――」ような非日常に憧れて浮気したり不倫したりして、結婚という日常を壊すのである。

 数段前に、自分が中学時代は「オトナが一日と感じる時間を、極端な話、一時間で体験していた」と書いたが、自分が相応なオトナになってみると、逆に一日が短くなってくる。やらなければいけないことも多いし、子どものころのように無責任に生きてはいけない。それが幸いして、ひとつのことが長続きしているような気がする。

 ブログも「不定期更新に変更――」と言いつつ、一週間に二回、水曜、土曜の更新に落ち着きつつある感じ。このあたり、やはり自分は「タイトが好き」なんだなぁ。

 二年間のブログ毎日更新卒業に、ねぎらいメールをくださったみなさん、ありがとうございます。ボチボチお返事を書きますので、もうしばらくお待ちくださいませ。

「人生は、あの世までの暇つぶし」という言葉があるか、あるいは自分で作ったのかは覚えていないが、まぁ、そんなもんだと思っている。これまでの人生で、やりたいことはやりつくしたなぁ、と――人生にもちょっと飽いてきた? やっぱりわたしは飽きっぽいのかも!?
 なんてことを書いていくと、細君に怒られてしまうので、この話はこのへんで。
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録