2018年08月11日

【日記】口内炎

 細君が「口内炎ができたー」と嘆いているので、そんなことについてひとくさり。

 口内炎は確かに憂鬱である。最初、ちょびっと穴が開いたかな? 程度で済んでいればよいが、それが広がって数ミリ台になると、もういけない。ものを食べるのがとてもつらくなってくるのは、みなさまもご経験あるとおり。

 ひどいときには、ひとつだけではなく、ふたつ、みっつできて、しかもそれがひとつに合体したりすると、もう憂鬱の極みである。おまえらはコンバトラーVか! バンダイの回し者か!?

 言うまでもなく、口内炎は食生活のバランスが崩れているときにできやすい。野菜中心でビタミンBを摂っていれば、ちょっと傷ついてもすぐ治る。このあたり、ダニエル書の第一章を思い出すところだ。

 ダニエルは宮廷の肉類と酒で自分を汚すまいと決心し、自分を汚すようなことはさせないでほしいと侍従長に願い出た。
(中略)
「どうかわたしたちを十日間試してください。その間、食べる物は野菜だけ、飲む物は水だけにさせてください。その後、わたしたちの顔色と、宮廷の肉類をいただいた少年の顔色をよくお比べになり、その上でお考えどおりにしてください。」
 世話係はこの願いを聞き入れ、十日間彼らを試した。
 十日たってみると、彼らの顔色と健康は宮廷の食べ物を受けているどの少年よりも良かった。
 それ以来、世話係は彼らに支給される肉類と酒を除いて、野菜だけ与えることにした。


 わたしは子どもの頃、食が細かったので栄養バランスが悪く、口内炎だけでなく、口角炎もよくつくっていた。唇の端がパカッと割れて、これが痛い痛い。
 当時は口内炎も口角炎も特に治療法はなく、ビタミン錠を飲んで、ただ治るのを待つしかなかった。

 その後「アフタパッチ」や塗り薬もでてきているから、多少の治療はできるが、経験則として、「あんまり効果はないなぁ」というところ。
 今はもっと効果のある「パッチ」や塗り薬がでてきているのかもしれない。

 やったことはないが、あまりに口内炎がひどいときは、歯医者に行って、「焼いてもらう(?)」とすぐに治るらしい。

 個人的に、口内炎ができたときに一番効くのは、塩水でのうがいと、ちょっと痛いが、綿棒にエタノールを湿らせて、それで消毒することである。特に後者はお勧め。ただし、その瞬間は飛び上がるほど痛い。

 と、ここまで書きつつ、そういえば――と振り返り、自分自身はここ数年、あまりひどい口内炎になったことがないことに気がついた。
 歯並びは決してよくはないので、それで口内が傷つくことはよくあるが、すぐに治ってしまう。
 わたしは酒もタバコもやらないが、細君もそうだし、同じものを食べて生きているので、栄養バランス云々の差ではないようだ。
 ひょっとしたら、わたしが服用している持病のクスリいくつかのうちに、免疫力を高めるなにかがあるのかもしれない。

 そういえば、主治医の指示であるクスリを変えたとき、足の親指の爪が、そのクスリを服用し始めた頃から、あきらかに状態が違うのである。自覚はできていないが、クスリひとつで体質そのものに変化が起きているのだなぁ、と、びっくりした出来事であった。

 細君が口内炎をつくってしまうひとつの要因としては、睡眠不足が大きいと思う。わたしとの違いはそこだ。細君は忙しければ忙しいほど、生きている実感を味わえるタイプなので(これはそのうち別記事で書こう)、睡眠不足を厭わない人。ベッドにもわたしより後に入り、わたしより先に出て行く。おーう、さだまさしの「関白宣言」みたいじゃん。実態は違(検閲済)。

 わたしは主治医に「たっぷり睡眠をとること」と厳命されているのをいいことに、おかげさまで一日八時間以上は眠っている(が、入眠潜時――睡眠に入るまでの時間――はかかり、眠り自体も浅い。草食動物の眠り方ですな)。

 話をもとにもどして、口内炎。これはやっぱりね、野菜中心の食生活と、十分な休息が必要なんですよ。これができたときは、体が悲鳴を上げているのだと思って、休むのが一番。

 まあ、それがわかっていても、なかなかできないのが現代人なのだけれどもね。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記