2018年08月29日

【日記】寝相

 結婚してから銀婚式を過ぎた今まで、細君とはダブルベッドで一緒に寝ている。
 世の中の統計によれば、妻の夫に対する不満のベスト2は「夫のいびき」だそうである。
 わたしもいびきをかいているのかもしれないが、寝ているので気づかなーい。だからきっといびきはかいていないと思われる(断言)。

 対して、細君の寝相は悪い! 深夜にドスッドスッとわたしに蹴りが入る。たまにこれは、意図的に日頃の恨みを込めてやっているのではないか? と思って、寝ている頬を押してみたりするが、熟睡している。うーん。
 まあきっと、いい夢を見ているのだろうと思って、わたしは「太刀魚」のように体をピンと延ばして、ベッドの縁に寝ているのである。

 さらに細君は、膝を曲げ、足を立てて寝るのが好きだ。これをやられると、布団が乱れるので、キッチリカッキリが好きなわたしとしてはやめてほしいのだが、「これじゃなきゃいやだー」と細君が抵抗するので仕方なく許すことにした。

 最初のうちは、細君がこの「立て膝」をやっているときに、彼女のかかとにこちらの足をひっかけ、ストン≠ニ延ばしてやるのが楽しかった。膝かっくんみたいな感じである。
 しかしこれ、やられる方は、無性に腹が立つらしい。細君が怒るので、わたしもためしに「立て膝」にして同じようにやってもらったら、確かにこれは腹が立つ。こりゃいいや(笑)。
 最近は、わたしがこの技をやろうとすると、細君も足にグッと力を入れ、足払いをさせまいとする。むきー。つまらない。

 細君に言わせると、わたしの寝相も相当に悪いそうだ。「太刀魚? はぁ?」だそうである。
 細君も相当に腹が立っていたようで、わたしが一人で寝ているところをデジカメで撮って「ほら、こんなに寝相悪いじゃない」と見せてくれたことがある。
 最近の画像修正技術は進んだもので、太刀魚のようにピシッと寝ているわたしが、だらしなく大の字に寝ているのだから始末に悪い。合成だ。合成に決まっている。それでなくても、細君はその手のプロフェッショナルなのである。ワターシ、シンジマセンネー。

 冗談めかして書いているが、細君はいつでもどこでも、寝ようと思えば眠れる人。そして眠りも深い人。それが二人、25年以上、一緒のベッドで眠れているコツなのだろう。わたしの努力はまったくない(いや、太刀魚のようにピシッと寝てるんですけどね)。

 細君が入院して、一人で寝ていたときは、とても寂しかった。のろけるわけではないが、これもやはり習慣である。
 同じベッドで寝ている夫婦と、そうでない夫婦の間で、離婚率が違うのかどうか検索してみると、ダブルベッドで一緒に寝ている夫婦の方が離婚率が高い、という話が最初にでてきてびっくりしている。互いに相手の寝相といびきに我慢できず、ストレスがたまるからなのだそうだ。

 ま、太刀魚のようにピシーッとまっすぐに寝て、いびきのひとつもかかないわたしには、関係ない話ですけどね。

細君注:そんなことはまーったくぜんぜん金輪際ありません!!
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記