2018年09月15日

【回想録】ダイナビーの思い出

 中学に入った頃から、自分の手首の細さにコンプレックスがあった。なぜ中学からかというと、腕時計をするようになったからである。それまでは、自分の手首が細いことに気づかなかったのだ。

 腕時計の金属製のバンドを最狭にしても、まだゆるい。当時、というか、小学校の頃からわたしは、背の順で並ぶと必ず一番先頭になるくらい、身体が小さかった。
 それまでは、あまり気にしたことはなかったが、入学祝いにいただいた時計がゆるゆるだったのはちょっとショックで、自分はクラスメートにくらべて脆弱な身体なんだなぁ、と、改めて認識させられたのである。
 そのコンプレックスを克服するために、中学入学当初は運動部に入ってがんばってみたが、小さな身体に当時の運動部の苛烈なシゴキは耐えられず、一年保たずにやめざるをえなかった。
 当時の運動部の常識は「部活中、水を飲むな」が当然のような非科学的な根性論が幅をきかす世界である。
 今でも、あのとき、運動部をやめたのは仕方ないと思っているが、今、わたしがオリンピックとかワールドカップとかにまったく興味がなく「健全な精神は健全な肉体にやどる」とかのたまうスポーツ界に不祥事が連続するのをゲラゲラ笑っているのは、そういうチャレンジした上での下地があるのである。

 ところが、誰にでも成長期というものはあるもので、皮肉なことに運動部をやめたあたりから、わたしの背は伸びて、クラスの最前列ではなくなった。それにともない、最初に触れた手首も多少は太くなって、腕時計が限界までバンド調整してもゆるゆる、ということもなくなったのであった。

 さて、話は大きく飛んで――
 わたしが住んでいる地方都市には、以前、パルコがあったのだが――


(閉店して看板を外しているパルコ。ドナドナな哀愁漂う)

 その中に、これもさらに以前、「王様のアイデア」というお店があった。これはとても面白い店で、基本的には雑貨屋になるのだろうが、ショウ・ウィンドウの中に、さまざまなアイデア商品が並べられ、見ているだけでも楽しく、わくわくしてくるようなラインナップであった。
 今で言えば、「ビレッジバンガード」を、もっと整然とさせた感じかな。並べられている商品はけっこうピンキリで、実用品からオモチャまで多種多様であった。

 その中に「ダイナビー」という一品があったのである。

 オレンジ色をしたリンゴ大の「トレーニング用品」で、「これを回すことで手首や腕を鍛えられる」とうたっていた。
 高校生の自分は、もう身体を鍛えることに興味を失っていたが、何度か「王様のアイデア」に通ううち、これは面白そうだなぁ、と、心惹かれてしまったのである。
 値段はおぼろな記憶だが、3,500円くらいではなかったかなぁ。思い切って買って、ホクホクと家に帰った覚えがある。やはり、手首の細さというコンプレックスが後押ししたことは否めない。

 ダイナビーの構造を文章で記すことは難しい。リンゴ大の筐体の中には回転するオモリが入っており、これの一部が外側に出ている。回転するオモリはさらにリンゴ筐体の中で水平に回るようにできており、筐体を手で持って、うまく手首のスナップを利かせてオモリを水平軸にかけて回すと、コリオリ力によりオモリの回転が増し、ダイナビー自身がダンベルのように手首に荷重をかける。それで手首と腕が鍛えられる、とこういうわけだ。

 このとき、ダイナビーは「ブーン」という蜂のような音を立てる。力学的(Dyna)な蜂(Bee)という名前はここから取ったのだろう(と書いたが、確証はない)。

 先にネタバラシしてしまうと、この「ダイナビー」、実は今でも売っている。売っているどころか進化している。ただ、商品名は「ダイナビー」ではない。「パワースピナー」という名称だ。ちょっと前に流行した「ハンドスピナー」とは別物なのでヨロ。

「ダイナビー」は、一度オモリをコリオリ力で回転させることに成功すると、あとは簡単に回し続けることができる(体力が続く限りね)のだが、その最初の回転をかけるのが難しかった。
 説明書はあったかな? 確か、慣れると親指で最初にオモリへ回転をかけ、五指でぶら下げるように持ってダイナビー自体をクルクル回せば徐々にオモリを加速できる、などというようなことが書いてあったと思うが――できないのだ、これが。
 キックスタートに成功しない、バイクのエンジンみたいな感じ。

 さて、果たして「ダイナビー」は回るのか?
 この記事、長くなったので次回(「【日記】パワースピナー」)に続く。
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録