2018年10月13日

【日記】Xiaomi GiiKER Smart Cubeレビュー・その3

 Xiaomiが販売している、Bluetoothでスマホと連携できるルービック・キューブ(*1)=ASmart Cube「GiiKER」についてレビューを続けている。その3は、スマホアプリSupercubeでできる、ソルブ(六面完成)関係以外のゲームについて触れてみよう。

(*1)「ルービック・キューブ」は現在、メガハウスの登録商標となっているので、正確には「六面立体パズル」と呼ぶのが正しいが、検索でも引っかかるよう、ここでは「ルービック」と記した。なお、六面立体パズルの特許自体はすでに切れているので、メガハウス以外のメーカーが製作・販売しても、いわゆるパチモノ≠ノはならない。

 さて、アプリSupercube≠立ち上げ、GiiKERとBluetoothでつながると、以下の画面になる。



1)CUBIC RUN
2)CRAZY PUZZLE
3)COMMPLETE CLONE
4)CUBIC ESCAPE

 の4ゲームが、GiiKERキューブでできるようになっている。順に追っていこう。

1)CUBIC RUN



 下部のキャプションには「Test your reaction by following the moves(おまえの反応を試してやるからついてきな(意)」と書いてある。
 ここで「GO」をタップすると――



「Place your cube as shown above(おまえのキューブをこういうふうに見えるようにしな(意)」と出て、さらに「GO」。



「Follow me!(ついてこい!)」というメッセージとともに、上のキューブが回り、カウントダウンが始まる。カウントがゼロになる前に、GiiKER本体を画面のキューブと同じように回せばいいわけだ。
 最初のほうはペースも遅く簡単だが、やがて、回転がいきなり速くなったり、いちフェイズに数回転したりして、ついていくのが難しくなっていく。
 R、R'、L、L'、F、F'、U、U'あたりは、基本フォームで回せるので楽勝だが、コンビネーションでD、D'や、B、B'あたりが入り始めると、わたしのようなヘボキュービストは慌ててしまう。
 途中でカウントダウンがゼロになったり、間違えたりしたらゲームオーバー。次の画面が出て、今回のゲームのリザルトが表示される。



 言うまでもなく、「Restart」を押せば、またゼロからゲーム再開だ。

2)CRAZY PUZZLE



「Collect pixel pics by one-face clone(一面だけの絵合わせをしようぜ(意)」

 例のごとく「GO」タップでゲーム画面へ。これはレベル1から順番にクリアしていくゲームだ。



 クリアしたいマスをタップするとゲーム開始。



 この、上の画面と同じようにGiiKERキューブの色合わせをすればいいわけだ。GiiKERキューブと同期して、下の小さな3x3キューブも回るので、それを参考に。横面の色は考慮しなくていいので、最初のほうはけっこう簡単。できあがると――



 こんな感じのご褒美画面。どうやらしばらくは「国旗」シリーズが続くらしい。「Next」で次のレベルへ。
 タイトルほどCrazyとは感じないが、レベルがあがるとOOPS!となるような仕掛けがあるのかもしれない。

3)COMPLETE CLONE



「Six-face complete clone challenge!(六面全部を合わせてみろよ(意)」
「CRAZY PUZZLE」の六面版だ。やはりレベル1からの挑戦となる。





 これがレベル1の画面。いわゆる「へそキューブ」の配列だ。しかも時間制限があるのである。ヘタレなキュービストのわたしは、この画面を見ただけで「もうこのゲームはいいや」と放り出してしまった。

4)CUBIC ESCAPE



「Esccape from the cubic within step limits(限られた回数の中でキューブを逃がせ(意)」
 始めると、こんな画面



 キューブの上に妖精さん(?)が立っている。そのキューブをスポットライトを発しているキューブの位置に持っていけばいい。ただし、回転できるステップ数に上限がある。この場合は3だが、F一回で行けてしまうので楽勝だ。
 このゲームも「へぇ、こんなのもあるんだ」というわけで、全然遊んでいない。

 以上の四つが、SupercubeアプリとGiiKERキューブを使って遊べるゲームである。
 正直なところ、どのゲームも試した程度で、熱中するレベルにまでは至らなかった。

 追記:このブログは、ご存知の方はご存知だろうとおもうが、記事を書いてから掲載するまでにかなりのタイムラグがある。そして、このGiiKER用のアプリSupercubeもVer2.0が出てしまった。



 Ver2.0では上記のゲームのほとんどがなくなって、新しいゲームに差し変わってしまっているのに驚いた。ずいぶん思い切ったことをするものだ。まだ、ここに紹介したゲームが遊べるバージョンがスマホに入っている方は、ゲームを堪能してからバージョンアップしたほうがいいと思う。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記