2018年12月15日

【日記】クーベルタンはeスポーツの夢を見るか

 なんだ前回に続いてこのタイトル。だって便利なんだもん。このフレーズw

 最初にお断りしておくが、わたしはオリンピックに微塵の興味もない。キリストもんの国籍は天にある(フィリピ 3:20)ので、日本がいくつメダルを取ろうが、開催国になろうが、そんなことはどうでもいいことなのである。

 オリンピックイヤーや、東京オリンピック2020の話題になると「誰しもがオリンピックに興味を持っていて当然」という前提で話が進むからいやになる。
 いいですか? 相手がその話題に興味がないのに、ベラベラベラベラ自分が熱中していることを唾をとばしてしゃべり続けるのは「あしきオタク」の悪い例ですよ。
 それがこと「オリンピック」となると許されてしまうのはなぜなのだろう。国民皆が「オリンピックオタク」なのだろうか。ああいやだ。

 それでなくても、耳に入ってくる最近のスポーツ関係の話題は、どうも首をかしげたくなるものばかりだ。

 ひとつは、もう過去の話題だが、義足の選手が健常者に勝利した、というもの。確か走り幅跳びで、ドイツの話だったと思う。
 まさか「600万ドルの男」や「バイオニック・ジェミー」の世界が、こんなに早く実現してしまうとは、という感じだ。メカニズムは全然違うが。
 これは素直な感想として、差別とかそういうのはっまったくなく、義足の選手はパラリンピックのような枠で出るべきではないかなぁ、と思う。

 もうひとつは最近の話。確か女子バスケットの選手に、MtFTG(元男)の選手が入り、オレスゲーの無双をしてチームに勝利をもたらした、というもの。
 そんなんアリか? というのが正直な印象。たとえ「心が女」でも、「体は男」の名残を残しているのだから、女性選手として採用するのはどうか、これが通用するなら、スポーツの女性枠など意味がなくなってしまうのではないか?

 そして%title%のeスポーツである。ぶっちゃけ言ってしまえば、テレビゲームがスポーツか否か、という議論。こんな世紀がこようとは、MZ-80BのBASICでインベーダーゲームを作っていた高校生の頃の自分が聞いたら、驚きでひっくり返り、後頭部を床に打ちそうだ。

 eスポーツがスポーツか否か、という議論を最初に聞いたとき思い出したのは、中学生の頃「海外でチェスはスポーツとして認められている。なぜなら頭脳のスポーツだから」という論理展開の違和感であった。やはり正直、チェスが「スポーツである」というのは無理筋だよなぁ、と子ども心にも思ったものである。

 当時からわたしは頭が古かったのだろうか。
 やはり「スポーツ」というと、フィジカルに「身体を使って」やるもの、という気持ちが強いのである。それも、シンプルならシンプルほどよい。駆けっこ≠ニかね。

 eスポーツは確かに身体的能力を使う面も多々あるだろうが、それ以上に環境をコンピュータに頼っている部分が多すぎて公平性に欠けると、わたしのコモン・センスが呻いている。

 上記の書き方でわかるように、わたしはeスポーツを認めていないわけではない。見事なプレイには素直に拍手を送る。むしろ、オリンピックより身近に、かつ、観るのも楽しく思っている。
 ただ、eスポーツは、オリンピックのように、基本フィジカル重視の体育会系な、言ってしまえば「粗野な」ものとは一線を画していると思うのだ。

 義足の選手が健常の選手を凌駕し、元男の選手が女子リーグで無双する時代である。
 そんな時代のオリンピックにeスポーツが参加する必要は、むしろない。
 新しい時代の「新しい技能競技」として、オリンピックに尻尾を振ることなく、独自のリーグをフィールドとして展開していくべきではないかなぁ、と思う。

 少なくとも、クーベルタンはeスポーツの夢を見なかっただろう。

 おりしも、脳筋の「スポーツ議員連盟」が、2020年以降は「体育の日」を「スポーツの日」として改称する、と決めたらしい。
「体育」は、わたしのような運動音痴でもできるような気がするが「スポーツ」となると急に縁遠くなる気がする。
 そんな機微は脳筋連中には理解できないことらしいが、せめてeスポーツは新しい競技として、今の「スポーツ」の枠に入らないでほしい、と思う。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記