2018年12月29日

【日記】気がつけば今年最後の

 %title%更新である。
 そんな感じで、今年一年を振り返ってつらつらと。

 6月13日まで毎日更新を二年続け、そこから先は水、土の週二回更新に頻度を減らし、これでだいぶ楽になるかと思いきや、前よりも記事が自転車操業になっているということはすでに書いた。

 思うに、本当のリア充というのは、マジにネットでSNSなどしない。そんな暇がないのである。フェイスブックやインスタグラムでリア充自慢をしている人というのは、それにかまけている時間があるというだけで、実はあんまりリアルが充実していないのだ。

 などと書く、ということは、わたしは今、けっこうリアルが充実しているのである。「これはブログネタになる」というようなことがあっても、ポメラに向かうわずかな時間が捻出できない。

 ひとつには、この秋から毎日早朝、フィットネスジム通いを続けているということがある。おかげさまでBMIも20まで落ちて、多少出ていた腹も平らになった。
 トレッドミルの上でウォーキングをしながら、ポメラで文字を打つことはさすがにできないので、タブレットで本を読んでいる。集中して読めるので、これがわりとストレス解消になる。

 この冬に出た「聖書・聖書協会共同訳」はもちろん買っている。これもウォーキングをしながら読み、つらつらと感想を書いていこうと思っていたのだが、その矢先にジムが機器の入れ替えをして、トレッドミルが、タブレットは辛うじて置けるが、厚い本は置けない仕様になってしまった。おかげで今は、まだ本棚の肥やしとなっている。
 はやく新共同訳の「バイブルキューブ」のような、小型版の発売を望むところだ。
 30年前、新共同訳が発売されたときは、「プロテスタントとカトリック共同の聖書ができた」と、一般のニュースでも話題になったものだが、今回の発売は「ひっそりと」という感じである。カトリック界隈でも全然話題になっていない。
 この先のミサで聖書協会共同訳が使われるのかどうか、カトリック中央協議会の動きに非常に興味があるところだ。

 確かゴールデンウィークのオフで、畏友R氏の部屋で久々に「ルービック・キューブ」に出会い、ハマったことは、このブログを通してお読みの方はご存じだと思う。
 あれからルービック・キューブはどうしてるの? という問いには、なんともお恥ずかしいことだが、えー、別に飽きたわけではないのだが、いろいろと忙しく、鍛える時間がとれない日々がすぎていき、先日、久しぶりに手に取ってみたら、六面完成ができなくなっていた……。
 途中までは手が覚えているのだが、そこから先がいきなりできなくなる。こういうのも、毎日やらなければどんどん忘れていくものなのだなぁ、と痛感した。
 とはいえ、タイマーなども買いそろえてしまったので、このまま忘れたままにしておくつもりはない。来年、また再スタートでチャレンジしていきたい。

 一昨年あたりから何度か触れていた左肩の五十肩だが、やっと慢性期も終わったようだ。気がつけば、痛みがなくなっていた。特に特別ななにかをしたわけでもなく、自然に治ったという感じだ。一時は寝るのも大変だったことを思うと、ふしぎな感じである。
 五十肩は何度もなる、という。まあそのときはそのときだ。「必ず治る」という希望があるのは良いことである。

 そうそう、実は年も押し詰まった12月の後半、クルマ対クルマの事故に遭ってしまった。詳細はネタになるので来年に回そうと思うが、幸い、双方ともけがはなく、物損事故で済んだ。
 ただ、修理は来年になってしまうので、残念なことに、愛車の扉がへこんだまま、年を越えることが決定している。まあ仕方がない。
 この件で学んだことは多いが、取りあえず、結城も細君も、精神的な面でも元気なので安心していただきたく。

 ああそうだ。「深夜のお茶会いまさら」の方、小説の新作が載せられなくてもうしわけない。これは現在、マジで取材・研究中なのである。なんの取材・研究かというと「腐女子の生態について」である。
 もしそちら方面のポインタをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひともいろいろご教示いただきたく。

 今年は家人の突発的な入院やけが、電化製品の連続的な故障、夏にはクルマを電柱にかすらせ、最後に物損事故と、いろいろ災厄の年であった。
 とはいえ振り返ってみると、いいこともたくさんあったように思う。悪い年ではなかった。

 そう、俺、今、リア充だしw

 というわけで、今年最後の「いまさら日記」、このあたりで筆を置くことにする。

 今年一年、お読みいただきありがとうございました。
 来年もまた、このペースでやっていこうと思っていますので、よろしくお願いいたします。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記