2019年02月27日

【回想録】スパムメールの思い出

 今となっては「スパムメール」も珍しいものではなくなった。どころか、これほど身近になったものもそうあるまい。わたしが受信しているメアドをすべて総計すれば、毎日、百通を優に越えるスパムを受信している。

 最初にスパムを受け取ったのは、まだパソコン通信の頃、ニフティサーブでだった。

 ご存じの方も少なくなったとは思うが、当時のパソコン通信は会社ごとに内閉的で、他社の会員からのメールは受信できなかった。ニフティサーブならニフティサーブ内でメールは完結していて、例えば、PC-VANの会員がニフティサーブの会員にメールを送ることはできない。名刺にニフティ、PC-VANの両方のIDを載せている方も珍しくなかった時代である。
 インターネットが隆盛になり、ニフティ内、PC-VAN内から外へ向けてメールを出せるようになったのは、かなり後になってからだ。

 そんなシステムであるから、ニフティサーブは強固な中央集権主義であり、今と違って、スパムメールなどを送ろう、というメンバーはそうそういなかった。そんな行為をすれば、すぐに強制退会させられるのが目に見えていたからである。

 しかし中には、「退会上等」とか、あるいは、いわゆる「ネチケット」そのものを知らずに、スパムメールを送ってくる猛者もいたわけだ。

 ニフティサーブのメールアドレスは、そのまま会員IDである。英字三文字と数字五文字。たとえば「AAA01234」。こんな感じ。というか、フォーラムなどの発言には必ずID表示がともなうから、それを抽出すれば、スパムを送るのはたやすかったはずだ。

 最初に送りつけられたスパムの内容は、実は覚えていない。アダルトビデオ関係だったかなぁ?
 当時はスパムメールの方が珍しくて、私的ネットの方で「スパムメールもらった」「自分も」「初めてスパムをもらって感動」というような反応が多かった。迷惑というより、みな面白がっていた、というのが正直な感想。

 言うまでもなく、スパムメールの「スパム」の由来は、アメリカの缶詰「スパム」のテレビCMが「spam, spam, spam, spam, spam」と連呼してウザいことからとられたわけだが、当時ののんびりとした日本のネットワーク事情だと、スパムがくることの方が珍しかったのである。

 実に牧歌的な時代であった。

 あれから二十五年、四半世紀が経って、今やスパムの中に大事なメールが埋もれてしまう情勢である。本当にスパムは腹だたしい。
 プライベートで使っているメアドは強力なスパムフィルタをかけられるし、いざとなったらメアドそのものを変更して、友人にその旨BCCすればいいが、仕事で使っている会社のco.jpメアドはそうはいかない。名刺に刷って配っているから変更はできないし、強力なスパムフィルタをかけて、大事なメールを受信しそこなうと、先方に礼を逸してしまう。

 最近、特にスパムメールにムカッとくるのは、右腕にアクティビティ・トラッカー、MiBand3をつけているからである。これは便利な代物で、スマホにメールが来ると、ブルッと震えて受信を教えてくれる機能がついている。
 出先で、大事なメールを受信し逃さないよう、これを身につけていて、ブルッときて腕を返すと――

Subject:アカウント情報検証を完成してください。
Appleをご利用いただきありがとうございます。アカウント情報を保護し、確認するために簡単な手順を完了するようにお願いいたします。


 ムキーッ! 詐欺メールかよ。まったく、腹が立つ。

 不思議なことに、スパムには波がある。同じ詐欺メールが数日続くと、次はエロ系の出会い系メールの期間があり、それが終わると英語のトロイ添付メールが二、三日。
 同じ業者がクライアントの注文を受けて送っているのかとも思ったが、ヘッダを見ても特徴がまちまちで絞り込めない。

 なんにしろ、スパムを送りつけてくる連中はどうにかならないものだろうか。ひとりひとりの思いは小さくとも、集まれば呪詛になると信じ、削除するたびに「うぜぇ」と呪うことにしている(クリスチャンにあるまじき行為)。

 ニフティサーブで「きたきたスパムー」とやっていた頃を懐かしく思いつつ、おや、ブルッときたぞ。

Subject:添付がコストです
*******************************
いつもお世話になります。
詳細は下記添付ファイルをご覧ください。
ご確認の程、よろしくお願い致します。
*******************************


 ぬっころ(怒)!
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録