2019年04月10日

【映画評】麻雀放浪記2020

 実を言うと、多少のうしろめたさを持って、この記事を書いている。
 言うまでもなく、この映画「麻雀放浪記2020」に、コカインを使用した容疑で逮捕されたピエール瀧氏が出演しているからである。
 ピエール瀧氏については、声優として「アナ雪」のオラフがうまかったなぁという思いくらいしかなく、電気グルーヴやその他の活動についてはなんの知識もないわたしが語れるなにかを持っているはずもない。
 よって、わたしは本作を、ピエール瀧氏個人や、今回の事件をとりまく状況――東映が公開を決定したことなど――を「応援するつもりで観た」わけではない。和田誠監督の傑作映画「麻雀放浪記」のいちファンとして、この21世紀に「麻雀放浪記」の名を冠した作品が新しく銀幕に映る、ということに期待して劇場に足を運んだのである。



 冒頭の「多少のうしろめたさ」は、コカインなどの麻薬の流通には必ず反社会的勢力がなにかしら絡んでおり、わたしがこの映画に払ったお金が、ほんのわずかでもピエール瀧氏を通して反社会的勢力に流れる可能性があるという事実を無視できないからである。

 今回の事件に関して「被害者はいない」と言っているワイドショーがあって、これには仰天してしまった。麻薬の売買は明らかに反社会的勢力の糧のひとつであり、健全な国家に対する明らかな加害行為である。日本国民ひとりひとりが被害者なのである。
 ワイドショーの出演者やテレビ局は、反社会的勢力に忖度しなければならない理由でもあるのだろうか。それともただの莫迦ばかりなのか。後者であれば、まだ救われるというものだが……。

「作品に罪はない」という声もあるが、それもまた違うだろう。それを言ったら、スポーツにおいてドーピングでつくられた記録にも罪はない。少なくとも「参考記録」として残す価値はある。

 しかしまた、自粛と称して放映、公開を取りやめたりするのも筋違いだと思うのだ。それは臭いものにフタをするというその場しのぎの対策にすぎない。反社会的勢力を見ないことにして、その存在がないことのように振る舞っているだけだ。



 これから書くことは、あくまで夢物語、絶対に不可能であろうことは承知で記すのだが、むしろ、出演者が違法薬物を使用していたとわかった作品は、「著作権フリー」として無償で放映、公開するべきではないだろうか。発表後50年経ったのと同様に扱うのである。そうすれば、誰しもが自由に、対価を払わず観ることができる。すなわち、反社会的勢力に対して、おまえたちには一銭も渡さないという確固とした姿勢を見せるのである。
 もちろん、原因となった出演者に対しては損害賠償請求などを行い、反社会的勢力に流れたカネをカタチとしてでも回収する。

 基本にあるのは、「反社会的勢力にカネを流さない」というシンプルな思想である。善いヤクザやギャングなどというものは、それこそ銀幕の中にだけ存在しているものだからだ。

 前置きが長くなった。これでこの「麻雀放浪記2020」が傑作ならば良かったのだが――
 以下、ネタバレ嫌いの方は、あらすじのうちに別ページへとんでいただきたく。

 あらすじ――1945年、戦後の焼け野原に残った雀荘オックスクラブで、後に伝説となる大勝負をしていた坊や哲=B出目徳が九蓮宝燈をあがって死んだ後、ママのユキが入り勝負は続行(このあたりが映画「麻雀放浪記」とは違う)。そして坊や哲も九蓮宝燈をあがる。その瞬間、彼は雷に打たれ2020年の東京へタイムスリップしてしまうのであった。
 2020年の日本は、再び起こった戦争に破れ、ゴリンピック≠熬止となり、過剰な管理社会となっていた。坊や哲はその日本でギャンブラーとしてもがくように生きていくことになる。果たして彼は、もといた1945年に帰ることができるのか――。


 今この記事は、観終わってすぐに書いているのだが、正直「なんだかなぁ」という感想であった。
 いや、面白い。面白くないという話で言えば、面白かったのですよ。まあまあね。少なくとも、観ているうちは飽きなかった。観ていて本当につまらなかった映画は記事にすらしないのがわたしの主義。

 しかし本作「麻雀放浪記2020」を、和田誠版「麻雀放浪記」の続編、リメイク、スピンアウト、パロディ、オマージュとして観ようという方がいらっしゃるのなら、それはやめたほうがいい、と、強くお引き止めする。

「麻雀放浪記2020」には、和田誠版「麻雀放浪記」はもちろん、原作の阿佐田哲也先生に対する敬意はほとんどない。むしろ、それらもはや伝説となった権威を笑い飛ばそうという裏の意志すら感じられる。
 わたしはこういうの、嫌いではないから受け入れられるが、「麻雀放浪記」の根強いファンならば「こんなくだらない作品に『麻雀放浪記』の名を冠するなど許せない」と怒るのではないだろうか。

 ストーリーは本当にいただけない。坊や哲が未来へタイムスリップというだけでカビの生えた発想だというのに、しっかりとしたキールもなく、二転三転する流れだけの物語。
 作中、坊や哲が賭博容疑でお上に逮捕され、街中にあふれていた彼のグッズが破棄されたり、謝罪会見を行ったりするのは、妙に現実と合致した現実のパロディか、と、心の中でツッコミ。
 さらに、麻雀五輪世界大会というのがクライマックスになるのだが、世界大会というくせに、そこへ各選手たちが至るまでの詳しい経緯や背景はまったく描かれておらず、観劇者をおきざりにしたまま、勝負に突入していくというていたらく。

 闘牌シーンも緊迫感がなく、ひりつくような勝負のほてりもない。「ざわ……ざわ……」どころか「シーン……」である。
 ラストのネタバレを書いてしまうが、坊や哲は九蓮宝燈を聴牌するが、あがり牌のウーピンがすでに場に四枚出てしまっている。それをいかさまの「拾い」でツモるのかと思いきや、過去から持ってきてポケットに入っていたウーピンを卓にたたきつけ「ツモ、九蓮宝燈」。おいおいおい、それはあれか? 麻雀マンガでたまにある闘牌シーンのミスをパロッたのか!?

 観るまで知らなかったのだが、「スーパーヅガン」の片山まさゆき先生が「プロット協力」をなさっていらっしゃるとのこと。なるほど、それを知って振り返ってみると、この「麻雀放浪記2020」、どこか片山ワールドっぽい。片山先生の絵が浮かんでくるようなシーンがいくつもある。うーん、それが駄作≠ニ切って捨てられない味になっているのかなぁ。わたしは片山先生のファンなのである。

 今、「麻雀放浪記2020」の公式サイトを見てみると「センセーショナル・コメディ」とうたわれている。そうか、製作者側もそういう意識で作っているのか……。
 うーむ、主演の斎藤工さんは、本作が「構想10年! 念願の企画」なのだそうだが、本当にこれをつくりたかったのだろうか。本当は、正統派の「麻雀放浪記」のリメイクを作りたかったのでは、と、うがった見方をしてしまう。



 話をピエール瀧氏のほうに戻せば、映画の冒頭部に「この映画には麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者が云々」というテロップが流れる。
 ご本人の登場は数カット。特に不愉快ということもないが、うまくカット編集すれば、全然構わないようなシーンであった。
 これをそのまま公開することにした東映の判断を、わたしは支持も不支持もしない。いやまあ、本作が大傑作なら、いや、傑作なら、いやいや、せめて佳作なら、「東映の英断に拍手したい」と書くところなのだが……。

 この先、「麻雀放浪記2020」はパッケージビデオ化されるのだろうか。少なくとも地上波での放映はないだろう。有料放送ではどうだろう。
 そう考えると、「麻雀放浪記2020」を観られるのは、今しかないのかもしれない。

 いろいろな意味で(わたし自身はお値段相当楽しめたが)おすすめはしない「麻雀放浪記2020」だが、観るチャンスは限られているのかもしれない。上映劇場もそう多くはなさそうなので、リスクを冒してでもスリルを味わいたいという方はどうぞ劇場へ足をお運びを。

 だって、ギャンブルってそういうものじゃないですか!
posted by 結城恭介 at 08:00| 書評・映画評