2019年04月13日

【カットリク!】復讐するは我にあり

 この聖句(聖書の中の一節)をご存じの方は、わりと多いのではないだろうか。
 佐木隆三先生の著作のタイトルにもなっているし、映画化、ドラマ化も同タイトルでなされた。
 もちろん、キリスト教国でも有名な聖句であり、洋画などでも――


(映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」より引用)

 のように登場してきたりする。

 わたしが最初にこの聖句を知ったのは中学の頃、小松左京先生の「復活の日」からであった。
「復活の日」は、米ソ冷戦時代に生物兵器の漏出によって、南極に数千名の人間を残したまま世界が滅んでしまうというストーリー。その死滅した世界で、将来的に起こる地震によって発射される核ミサイルが、ビリヤードの球のように次々と米ソ互いに発射されてしまう可能性がある、その一発は南極に向いているかもしれない。という設定で、そのとき、つぶやかれる台詞だ。


(小松左京「復活の日」より引用)

 非常に印象的で、最初に読んだときは「自分が復讐するという強い決意を現した一節」だと思っていた。
 さてこの聖句、実際には新約聖書のパウロ書簡のひとつ、「ロマ12:19」が引用もとなわけだが、パウロ自身は、自分の台詞を旧約聖書を引いて言っているのである。つまり言ってしまえば「復讐するは我にあり」を我々が使うのは孫引きである。
 先にパウロが引用した旧約聖書をみてみよう。ここは日本聖書協会の文語訳で味わっていただきたく。

汝仇をかへすべからず汝の民の子孫に對ひて怨を懐くべからず己のごとく汝の鄰を愛すべし我はヱホバなり (レビ記19:18)


 なんと、原典の旧約聖書では、神は「復讐するな」と言っているのである。
 で、それをパウロはどう引いたかというと――

愛する者よ、自ら復讐すな、ただ神の怒に任せまつれ。録して『主いひ給ふ、復讐するは我にあり、我これに報いん』とあり。(ロマ人への書 12:19)


 どうだろう。全文を読むとおわかりいただけるとおり「復讐するは我にあり」の「我」とは、神ご自身のことなのである。

「復讐するは我にあり」――このインパクトのある一節で、「復讐するのは自分。その強い決意を現す聖書の言葉」と思っている方は、けっこう多いのではないだろうか。実際には真逆、復讐心は神に預け、敵を隣人のように愛しなさい」というのがパウロの主張、ひいてはイエスの教え、キリスト教の考え方なのである。

 真の意味を知っていると、上に上げた「バイオハザード:ザ・ファイナル」のナイフにこの聖句が刻まれているのは、実にカットリク!なのである。キリスト教国だからと言って、誰もが聖書に精通しているわけではない、ということは、以前に何度も書いたことだが。

カットリク!・ポイント77――
 カットリク!では「復讐するのは自分だ」と教えちゃったりする。


 余談だが、ミステリを書いているとき、犯人に殺意を持たすために自分が想定できるのは、この「復讐心」だけであった。逆説的に「復讐心」をなくすのはなんと難しいことかと思う。
 神が実際に「我、これに報いん」してくれれば良いのだけれどね。世界はそれほど公正ではないのだ。神の思惑に逆らって。残念なことだが。
posted by 結城恭介 at 08:00| 新興宗教カットリク!の研究