2019年04月27日

【回想録】「メイドインヘブン」の思い出

 あぁいかん。最近、どうも妙な曲が頭に常駐しているのである。気づけば脳内でその曲がリフレインしている。この常駐ソングについてはそのうちにまた。

 で、「常駐ソング」で連想して思い出したのが、アダルトゲーム「メイドインヘブン」なのであった。

 このゲームは、確かPILLというブランドが出していたソフトで、とても能天気な内容だった。
 特にネタバレするストーリーがあるようなゲームでもないので、遠慮なく書いてしまう。もう記憶も曖昧だが、ここは検索などせず自分のそれを頼りにいこう。

 一人暮らしの主人公のところに転がり込んできた(幼なじみの?)美少女なぎさちゃん。彼女、なぜか最初から主人公のメイドとして過ごすことになるのである。主人公は別に良家の坊ちゃんというわけではないフツーの男。ただ違うのはちょっと(かなり?)エッチで鬼畜で、なぎさちゃんに毎晩アレコレしまくるのである。
 大人のおもちゃ屋に行って怪しげな道具を買ってはそれを試したり、夜、屋外に連れ出して露出プレイをしたりとやりたい放題。なぎさちゃんには好感度レベルなどというものはなく、ひたすらされるがままである。そんな感じで、毎日毎日毎日毎日、ただ愛欲にただれた生活を送る二人なのであった。ちゃんちゃん。

 ひとつだけ、ゲームオーバーになる条件がある。なぎさちゃんの誕生日に結婚届にサインしてしまうこと。これだけを避ければ、ゲーム時間で何年でもなぎさちゃんをいじめることができるのだ。

 このゲーム、オープニングが(今だと珍しくもないが)なぎさちゃんのライブアニメ動画で、そこにつけられていた曲が、なんとも常駐しやすいそれだったのであった。



 その歌詞がまた、とてもお上品とはいえないので、ここには転記できないのである(笑)。
 ゲームには一緒にCDも入っていて、そちらは全曲版が含まれていたような。オープニングアニメの方は、ヤバゲな歌詞のあたりが観客の「ワーッ」という声援でかき消してあるあたりもおかしかった。

 そして、そして――この「メイドインヘブン」にはさらに伝説がある。インストールすると、なんと、有無を言わさず起動ドライブのルートに――

 C:\巨乳メイド


 というディレクトリを掘ってくれるのである!
 これはもう決めうちで、Program Filesの下にしてくれたりはしない。
 もうこれだけで、私的ネットの仲間うちでは大爆笑のアダルトゲーだったのであった。

「メイドインヘブン」は好評だったのか、後にAV女優を使ったリアル写真版のリメイク版が発売されたと思う。しかしこちらには食指が動かなかった。

 ゲームとしては上記の通りなので、それほど面白いわけではなかったが、なぎさちゃんのかわいらしさと、常駐する曲、さらに「C:\巨乳メイド」のインパクトで、今でも心に残る一作となっている。



 HDDから掘り出してきた、当時、「メイドインヘブン」公式サイトよりいただいた壁紙を貼ってみる。
 スタッフのみなさま、良作をありがとうございました。

     *     *

 さて、気づけばこれが、平成最後の記事となる。
 えっ、いいの? 平成最後の記事が「メイドインヘブン」でいいの!? 他にもっと、叙情的で感動的な記事を書くべきではないの? えっ、えっ、本当に平成最後の記事が「メイドインヘブン」でいいの?

 まぁいいか(笑) 前述の通り、このゲーム、その気になればゲームオーバーのないストーリー。なぎさちゃんよ、平成の世で永遠なれ、なのだ。
タグ:ゲーム
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録