2019年05月29日

【日記】迷ったら寄れ

 スマホが普及して誰もが持っている時代になり、素人が「決定的瞬間」を動画で録画することも珍しくなくなった。

 その昔、素人の動画と、プロの動画とでは決定的な差があった。素人の動画はやたらズームが激しいのである。対象物にズーミングして数秒、すぐに引いて数秒。またズーム、そしてすぐに引く。パン(横移動)チルト(縦移動)も多く、しかも手ぶれで画面の揺れが激しい。
 逆にプロの撮ったものは、三脚でピタリと安定し、画角は静止(フィックス)が多い。やたらズームはしない。パン、チルトも最小限。そしてフィックスの時間を長く撮る。

 なので、素人が結婚式などを撮ったムービーを見ると疲れる。酔うという人もいる。プロの成果物ではそんなことはない。

 もちろん、素人とプロの違いは、素人はカメラ一台でがんばらなければいけないとか、プロの機材は重く手ぶれしにくく、しかも画質がいいのでフィックスでも細かいところがよく映る、というアドバンテージもあったわけだが。

 最近はスマホカメラの機能も上がり、全編iphoneで撮影したという映画も出てきた。「麻雀放浪記2020」がそれである。ストーリーの内容はともかく、画像的には劇場で見ていて違和感がなかった、と、これははっきり言える。すごい時代になったものだ。
 もちろん、そのiphone撮影も、撮影のプロがやっているからこそ、商業映画にできるわけである。

 ここで素人のみなさんに、その昔、カメラマンから教わった「撮影物をうまく見せるテクニック」の格言をひとつ、お教えしたい。

「迷ったら寄れ、トチったら引け」

 である。
 対象を撮影中、「この画面でいいのかな?」と迷うことがあると思う。そういうときは対象物に寄る。ズームするのである。ズームができないカメラなら歩いて寄る。
 さらに、撮影中「しまった、この画面じゃまずい」と思う瞬間もあると思う。そういうときは即座に画角を広げる。ズームを戻す。対象物から離れて撮影を続けるのである。

 そして、寄るにしても引くにしても、いったん画角を確保したら、フィックスで一息(三秒から五秒ほど)耐える。
 これだけで、あなたの撮る動画は、これらを気にしなかった頃より、格段に「見やすくなる」はずだ。

 この「迷ったら寄れ、トチったら引け」というのは、日常生活でも応用できるかもしれない。
 意中の異性に告白しようか――迷ったら告白だ。反応がいまいちだったら距離をおけ。
 ちょっと高いぜいたく品だけどどうしようか――迷ったら買え、分不相応だったらネットオークションだ。
 観光旅行先を海外にしようか国内にしようか――迷ったら海外へ、その過程でトラブルがひとつでもあったら国内にしとこう。
 とかね。

 さて、ここまでで千文字ちょっと。いつものブログ記事よりは短めなのだが、どうしよう。
 迷ったら寄れ、というわけで、こうやって読者のみなさんに寄ってみたのだが、こんなことを書いてしまうこと自体、トチっている証拠なのである。

 というわけで、トチったら引け! この記事はここでおしまい。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記