2019年06月26日

【日記】胃カメラふたたび

 と書いてはいるが、この日記に再度登場というだけで、内視鏡検査は定期的に受けている。

 前回は「【日記】機械触手に犯された姫の宴のあと」というタイトルで、触手マニアの気持ちになってみれば胃カメラもつらくないのでは、というコンセプトで攻めてみたのだが、今回はストレートに「大丈夫、全身の力を抜いて、先生の言うとおりにしてごらん」といういささか受けチックな気持ちで挑んでみた。

 わたしの通っている病院の胃腸科は、キシロカインゼリーで喉の麻酔をするだけである。もちろん胃の消泡剤は服用し、蠕動をゆるめるための注射はするが、患者よりの苦痛を少なくする鎮静剤や睡眠薬は使ってくれない。けっこう男らしいプロシジャだ。

 よく「わたしは胃カメラ、全身麻酔でやってもらったから楽だったよ」という人がいるが、それは意識下鎮静法という、鎮静剤や鎮痛剤を静脈注射する方法で、全麻ではない。全麻だったら自力呼吸も止まるので口から人工呼吸器を気管挿入して人工呼吸をする。カメラの入る余地がないじゃん。

 喉の麻酔が効いてきたところで、いつも通り、身体の左側を下にしてベッドで横になり、先生登場。おっ、女医さんひとりだ。ここでちょっとホッとする自分。というのも経験則的に女医さんは、手先が器用なせいか検査が楽なのだ。
 ここで先生が二名出てきたりすると、これはダメコースかと緊張してしまう。研修医とオーベンの組みあわせで、研修医の実験台に使われることを覚悟しなければならない。
 さて、マウスピースをつけてカメラを挿管。喉の奥をとおるあたりが一番つらいわけだが、おおっ、これは……。

「大あたりの先生だ!」

 何回か内視鏡検査を受けていると、ここで「あたり」か「はずれ」の先生かわかる。そう、内視鏡検査は先生との相性がとてもある。いや、相性というか、先生の腕前ひとつで受ける苦痛がかなり違うのである。
 今回は大あたりの先生で、胃の中でカメラを動き回されたり、空気を入れたり、水を出されても、全然つらくない。
 先生の腕前次第はあるが、やはりお互い、呼吸があうというのもあるとは思う。先生の方も「おっ、この患者はあたりだ」と思っていたかもしれない。
 無事、カメラを抜いて、いつもなら大量に吐くよだれも、今回はティッシュ二、三枚で済んでしまった。
 さて、診断結果だが、軽い慢性胃炎は仕方ないが、食道、十二指腸ともきれいなもの、とのこと。服薬を継続で、定期的な内視鏡検査を受けましょう、となった。

 腕の悪い、というか、相性の悪い先生に検査してもらうと、内視鏡検査のあと、数日、食道と胃の境目(噴門)が痛かったりするのだが、今回はそんなこともなく、麻酔が切れた数時間後に、スタバでレモンヨーグルト発酵フラペチーノを飲みながらこれを書いている。
 こんな楽な検査なら、一年に一度と言わず、毎月受けても大丈夫なくらいだ。

 特に記事にしようとは思っていなかったスケジュールだったのだが、今回の先生のあまりのうまさに感激して、一筆残しておきたいと記事にしてしまった。
 もちろん、わたし自身が胃カメラになれてきているというのもあるのだろうけれども。

 と、思ってナメてかかると、翌年はとてもつらかったりするのだけれどね。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記