2019年06月29日

【日記】ベルトケース

 ケータイやPHSが出始めの頃だったから、もう四半世紀も前の話になるだろう。
 わたしはROM専だったが、NIFTY-ServeのケータイやPHSを扱うフォーラムの会議室で、オジさんたちが「駅でアステルのアンテナを発見」、「電柱にNTTパーソナルのアンテナ発見」、「DDIポケットのアンテナは大きくて安定してそう」、などとキャッキャとはしゃいでいると、まだ20代そこそこという若い人が、突然、こんな質問をしてきたのである。

「オジさんたちに質問です。ここの会議室のみなさんもそうみたいですが、世のオジさんたちは、ケータイやPHSをベルトケースに入れてぶらさげていて、カッコ悪いと思わないのですか? ダサくて、ぼくにはとうてい真似できません」

 会議室のオジさんたちは虚をつかれた気がしたようだが(好きなんだよこの表現w)、そこは紳士と淑女の社交場NIFTY-Serve、誰も喧嘩腰になることもなく、ガハハと笑って、「キミもオジさんになればわかるよ」、「オジさんたちから見ると、キミたちの腰パンの方がみっともなく思えるんだけどなぁ」と混ぜっ返し、若者も「そんなもんなんですかね?」とレスを返して、一連のツリー(レスの応酬のこと)は終わったのであった。

 特にいさかいもなく、ネットウォッチャー(は当時もたくさんいた)的に面白い出来事ではなかったのだが、わたしはこのスレが妙に心に残って、今もこうして書いているのである。おそらく当事者ももう、覚えていないのではないだろうか。

 心に残っている原因は、当時オジさんの年齢に差し掛かったばかりのわたしも、ベルトケースにケータイやPHSを入れてぶらさげていたからである。そうか、こういうのはイマ風の男の子にはカッコ悪いのだな、と、気恥ずかしさ半分、若さへの嫉妬半分で強く印象づけられたのだ。

 あれから25年が経って、当時の「若者」も、もう十分オジさんになったことだろう。
 そして真性のオジさんとなったわたしはと言えば――もうベルトケースは使っていないのだった。

 その心はと言えば、やはりなんといっても、今の端末がスマートフォンになってしまったことが大きい。スマホ用のベルトケースも売っているが、腰回りにつけると、ひょんなことからスマホ本体を折り曲げてしまいそうな気がして怖いというのもある。
 いや、実を言えば、これほどまでスマホが大型化する前、まだ筐体がコンパクトだった数世代前は、ベルトケースを使っていたのだ。それがスマホ買い換えに伴う筐体の大型化にともなって、ベルトケースも大型化し、まるで拳銃のホルスターか? という風体になって、さすがにこれは、オジさんのわたしでもカッコ悪いなぁ、と、敬遠するようになってしまったのである。

 行き場のなくなったスマホはどこに入れているかというと、冬場はジャケットの内ポケット、夏場はワイシャツの胸ポケットに入れている。
 今これは、けっこう大きめな総合病院のロビーで書いているのだが、あたりを見回して、男性がどこにスマホを収納しているかしばらく観察してみると、やはりワイシャツのポケット組、スラックスのポケット組、手持ち組、首からぶらさげ組と多種多様だが、ベルトケース使用者は皆無であった。

 過去のベルトケース愛用者としては、二十五年の時を経て、ケータイがスマホになり、オジさんさえも使わなくなり、ひそかにベルトケースが活躍の終焉を迎えているのだなぁ、と感慨深い。
 同時に、若者の「腰パンブーム」も過去の物になったようで、これもめでたい。あれは短足を隠すためにやっていた、という話を聞いたことがあるが、やはりどう見てもみっともなかった。

 ベルトケースから解放されてみると、腰回りが軽くなって、存外良いものだ。両腕を振って歩いていても引っかかる物がないというのもいい。
 ただ、本当にスマホの携帯の仕方には難儀している。胸ポケットに入れると重さでシャツがよれてあまり見栄えはよくないし、楽しいことがあってスキップなどすると(すんなよ)飛んで落ちていきそうだ。

 夏場、胸ポケットのないTシャツ一枚で近所に出かけるときなどは、しかたなくスラックスのポケットに入れるか、手持ちで行くことにしている。どちらもなにか、収まりが悪くて心許ない。
 どうもスマホというやつは、カッコよく携帯するということができない代物なのだと感じているのは、わたしだけなのだろうか。

 服にポケットのすくない諸嬢はどこにスマホをしまっていらっしゃるのだろう。女性は手ぶらで外出ということはまずしないから、バッグの中なのだろうか? ちなみに細君は、ポシェットの中か、手持ちで歩いている。

 その昔、香港でPHSが出た頃(日本よりも早く、筐体もコードレスホンのように大きかった)、香港の女性たちは左手にそのPHSをそのまま持って出歩くのがファッションなのだ、という記事を読んだことがある。四半世紀以上が経って、日本のファッションも香港に追いついたということか。

 前述の、ベルトケースを「ダサい」と言った若者も、もう十分オジさんの歳になっているはずである。今、彼がどうやってスマホを携帯しているのかな、と想像するのも面白い。わたしの想像もできない「カッコいい」携帯の仕方をしているのかもしれない。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記