2019年07月17日

【日記】書斎の冷蔵庫の入れ替え・その1

 ついに最近の自分の恥をネタにしなければいけないくらい、ネタぎれになりつつあるのである(笑)。

 わたしの書斎の奥には、小型の冷蔵庫が置いてあった。もともと、わたしは仕事場で食事、間食をしない主義だったので、この冷蔵庫には(酒が飲めた頃には)ビールしか入れていなかった。間食はしないが、飲酒しながら執筆はしょっちゅうしていた。
 それが細君と結婚してからというもの、細君は仕事場で間食、食事が平気なのである。冷蔵庫には飲み物しか入れておきたくないなぁ、という、わたしの抵抗もむなしく、冷蔵庫には食品がどんどん詰め込まれていくのであった。

 この小型冷蔵庫は個体が良かったのか、二十年保ってくれた。ある日、冷凍庫の霜がひどいので、マイナスドライバーと小づちで氷をたたいて落としていると(これはしょっちゅうやっていた)、そのときに限って、大事なパイプを傷つけてしまったらしく、冷媒が勢いよく吹き出して、故障してしまった、いや、壊してしまったのである。

 その日のうちに、細君と家電量販店へ行き、冷蔵庫なんて完成品は、どうせどこのメーカーのものも変わらないだろうと、一番安い、聞いたこともないメーカーの中型冷蔵庫を買って届けてもらった。結果的には、この判断がいけなかった。冷蔵庫にもピンからキリまであったのである。

 この買い換えた冷蔵庫には苦労させられた。とにかく霜がよくつき、溶けた霜の水は蒸発皿にたまるわけだが、これがとても小さく、蒸発する前にあふれてしまうのである。説明書にはシレッと「定期的に水を捨ててください」とある。今の時代の冷蔵庫に、こんな前時代的な設計のモノがあるとは思わなかった。
 当然、水受けの水を捨て忘れると、あふれて外にこぼれてくる。そのたびに冷蔵庫の下がビショビショである。本当にこれには毎回げんなりさせられた。

 この冷蔵庫、五年は使ったろうか。去年の秋、細君がこう言ってきた。
「なんか書斎の冷蔵庫、冷えてないみたいなんだけど」
「ええー、またかよ」
 わたしがそう答えたのはわけがある。このブログをお読みの方ならお覚えかもしれないが、確か去年の春、キッチンで使っていた大型冷蔵庫も壊れてリプレースしたばかりだったからだ。
 確かめてみると、確かに庫内が冷えていない。まいったなぁ。また故障である。
 すぐに交換――できない理由が今回はあった。書斎が本と書類で埋まってしまい、部屋の奥にある冷蔵庫を廊下に出すのが困難になってしまったのだ。
 モーセなら本と書類で埋まった部屋にドバーッと道をつくることができるかもしれないが、信仰心の浅いわたしは「めんどくさい」という理由で、壊れた冷蔵庫からナマ物を出して、電源を切り、放っておくというしょうもない解決策――やる気がでたらやる――を取ったのであった。

 冬がすぎ、梅雨がきた。
 どうにも、書斎にコバエが飛ぶようになってきた。
 このあたりになって、エッと思うようになったが、一週間は忙しさに追われ、というより、原因から目をそらしていたいという思いもあり(笑)、気づかないフリをしていた。
 しかし、さすがにコバエの量が増えてきた段になって、冷蔵庫の外側を見ると――どうやらそこがコバエの発生源らしいのである。正直、開ける気は起きなかった。

「ナマ物、入ってたっけ?」
「入れてなかったと思うけど――」
 そして見てみれば、冷蔵庫の下から、赤茶色の、なにかドロッとした液体がこぼれている。しかもひどい悪臭だ。

 モーセとアロンは、主の命じられたとおりにした。彼は杖を振り上げて、ファラオとその家臣の前でナイル川の水を打った。川の水はことごとく血に変わり、川の魚は死に、川は悪臭を放ち、エジプト人はナイル川の水を飲めなくなった。こうして、エジプトの国中が血に浸った。(出エジプト記 7:20-21)


「げええええーっ」

 こ、これは「モーセの十の災い」の始まりか!?

 というわけで、ちょっと気持ち悪くなったので、この記事次回に続く!
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記