2019年07月20日

【日記】書斎の冷蔵庫の入れ替え・その2

 エジプトの王女に助けられたモーセはすくすくと育ち、我が家の書斎の冷蔵庫に呪いをかけコバエをとばしたのだが、わたしは心を頑迷にして、冷蔵庫を入れ替えようとはしなかった。主が仰せになったとおりである。

 というわけで、「【日記】書斎の冷蔵庫の入れ替え・その1」の続きである。

 ナイル川の血の流れのごとく、赤茶色の液体がこぼれている冷蔵庫を前にして、細君と相談し、書斎内で冷蔵庫の扉を開けるのはやめよう、と結論。とにかく、冷蔵庫の扉を閉めたまま、玄関まで持って行き、庭でオープンしよう、ということにした。

 大量の本と書類そのほかを待避させて、冷蔵庫の道をつくるのに半日。そしてズリズリと、コンセントを抜いた冷蔵庫を移動させる。思ったより「赤茶色の液体」がこぼれてこないことは良かったが、この液体が少量でも実に臭い! 腐臭である。まともに嗅いだら、五分で肺が腐ってしまいそうだ。

 書斎は二階にあるので、細君と二人、苦労して階段を降ろしていく。うう、途中で休んだとき、尻に茶色い液体がついた。手もこの臭い液体でぐっしょり。気持ち悪い。
 そして、なんとか冷蔵庫の扉を開けず、玄関から庭に出すことに成功。

「さて、ご開帳といきますか」
「いやなご開帳だね」

 冷蔵庫の扉をそっと開けてみる。すると――

 彼らは言われたとおりにし、アロンが杖を持った手を差し伸べ土の塵を打つと、土の塵はすべてぶよとなり、エジプト全土に広がって人と家畜を襲った。(出エジプト記 8:13)


 ぶよならぬ大量のコバエがまるで黒い霧のように勢いよくドバーッと――のようなことはなく、拍子抜けするほど、中にはハエはいない。ウジがうごめいていることもない。正直、ちょっと、いやかなりホッとした。
 ただ、サナギやその抜け殻は冷蔵庫の中そこかしこについていて、おそらくダメな人はそれだけで「ゲーッ」だろうとは思う。

 コバエ発生の原因は、腐った牛乳であった。紙パック入りの牛乳(未開封)を、ウッカリ庫内に入れておいてしまったのだ。それが腐って、ハエの住処となったらしい。赤茶色の液体は腐った牛乳のなれの果てであった。

 ゴム手袋をして、中を掃除し、可燃ゴミに出す。そのほかの処置も施して、この古い冷蔵庫は庭の隅に置いてシャワーを浴び、新しい冷蔵庫を買いにヨドバシカメラへ。ヨドコムにしなかったのは、今回のことで、やはりちゃんと商品を見て確かめたいという気持ちが細君ともども生まれたからである。

 冷蔵庫売り場で店員さんの話をいろいろ聞き、今回はちょっとおごって、名の通ったメーカーの、そこそこいい製品を購入した。冷凍庫が下についている、今、主流の型である。もちろん書斎用だから、中型のものだ。
 なんでも冷蔵庫は、鉄板の薄さ零点何ミリの差で、内容積がかなり違ってしまう代物なのだとか。冷蔵庫は完成した商品だ、と思っていた自分は大いに反省せざるをえなかった。メーカーは今でも、よりよい製品をつくるために努力を重ねているのだなぁ。

 ヨドバシは即日配達もできるとのことだが、こちらの都合があったので、中一日開けて翌々日に配達してもらうことにした。

 当日の搬入も、書斎の本の隙間を開けておいたままにしておいたのでほぼスムーズに。意外だったのが、古い冷蔵庫の引き取り価格がけっこう高価なコースだったこと。これはメーカーによって引き取り価格が違うのだが、この名も知らぬメーカーの冷蔵庫は高い引き取り価格だったのである。

「やっぱりこういうのは、リサイクル価格まで考えると、名の通ったメーカーのを買うべきなんだねぇ」とは細君の弁。まったくだ。特に長年使う製品は、最初にケチってしまうと後々までそれが尾を引いてしまう可能性があるということを思い知った。

 新しい冷蔵庫が収まるべきところに収まると、書斎の本を積み替えて(笑)、またモノだらけの仕事場になってしまった。これを機に、断捨離すればいいのにね。でもさすがに、そんな気力はわかなかった。
 まあ、古い書類でいらなそうなものは捨てられたのでよしとしよう。本当はスキャンしてから捨てたかったのだけれど、ちょっと思い切ってしまった。

 新しい冷蔵庫の中には、とりあえず細君の手によって、パンと牛乳が入れられたのであった。今はガラガラだが、細君の性格だから、この庫内もきっとすぐにいっぱいになってしまうに違いない。
 まあ、壊れた冷蔵庫よりトラブルレスで、長く保ってくれることを祈るばかりである。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記