2019年08月14日

【映画評】ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(ネタバレあり)・その1

 この八月から九月は、劇場で観たい映画がたくさんあって嬉しい。

・天気の子
・アラジン
・ダンス・ウィズ・ミー
・アルキメデスの大戦
・ゴーストランドの惨劇
・ライオンキング
・かぐや様は告らせたい
・HELLO WORLD
・アド・アストラ
・空の青さを知る人よ

 このあたりは劇場で観たいなぁとチェックを入れていたのだが、ここにきてダークホースが現れた。
 チャララチャッチャッチャーン!

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」が現れた。どうする?
 →観る
  観ない


 実はこのタイトル。はなっから観る気はなかった。好きだったドラクエVをベースにしているとのことだが、当時はそれこそ、ステータスカンストまでやりこんだとはいえ「いまさらドラクエ映画!? オワコンじゃないの?」という意識があり、観たいものリストから外していたのだ。

 それが蓋を開けてみれば、なんとSNSでも5ちゃんねるでも悪評の嵐。中には「平成のワースト映画がデビルマンなら、令和のワーストはドラクエ映画」とまで(まだ令和元年なのに)言う人も。
 シアターから出てくる人が葬式の顔。地獄を見た。それをやってはいけないオチ。クソ映画。ドラクエ愛がない。とにかくひどい。戦犯は山崎監督。エトセトラ、エトセトラ。
 わたし、こういうのに弱いんですよw そんなにひどい映画なら、劇場で観て、後々友人に「あれ、公開時に劇場で観たんですよ」と自慢したいから。

 というわけで、暑い真夏の日差しの中、細君となじみのシアターへ。小さい箱で席は埋まっていない。どうやらチビッ子たちは「ワンピース」の方へ行ってしまうらしいですな。いやしかし、この閑散ぶり、SNSの悪評というのは、今の時代、本当に効くらしい。

 全あらすじ(ねたばれいくよーッ!)

 主人公の少年リュカは、父パパスとともに修行の旅を続けていた。目的は宿敵ゲマに連れ去られた母を取り返すこと。パパスはリュカを、かつて世界の平和をもたらした「天空人」の末裔だと信じていた。

 美少女フローラとの出会い、ビアンカとの冒険、(ベビー)キラーパンサーのゲレゲレにも懐かれたり、不思議な青年にドラゴンオーブを見せびらかしたり、ヘンリー王子との邂逅などを経験し、やがて二人は宿敵ゲマに相対。しかしパパスはゲマに殺されてしまう。

 ゲマの奴隷としてヘンリー王子とともに働かされて十年。二人は策謀してゲマの配下を脱出。優しい老人プサンの手助けもあり、ヘンリー王子は故郷の城へ。リュカは母を探す旅に復帰する。

 リュカは旅の途中で、ブオーンという魔物が平和を脅かしている街サラボナへ。そこで美少女フローラと再会する。美少女フローラの父ルドマンは、ブオーンを倒すには、天空人だけが鞘を抜けるという「天空の剣」が必要だと言うが、その天空の剣はブオーンに奪われてしまっていた。

 かつての冒険の相棒、ビアンカとブオーンの居住地へ向かうリュカ。苦戦の末、ブオーンから天空の剣を取り返すが、なんとリュカはその鞘を抜くことができない。自分は天空人の末裔ではなかったのか!? 迷っている暇もなく、闘いで辛勝を収めたリュカとビアンカ。ブオーンを味方にすることに成功した。
 街に戻り、美少女フローラとの結婚に舞い上がるリュカ。しかしそこに老婆が現れ「真の心を知りたければこれを飲め」とクスリを置いていく。リュカは迷った末にそれを飲み、自分が本当に好きなのはビアンカだと気づく。
 美少女フローラの父ルドマンに美少女フローラとは結婚できないと伝えたリュカ。そして宿屋へ戻り、すったもんだの末にビアンカに求婚。二人は結婚することになる。
 宿屋を出るところで、昨夜の老婆に出会い、礼を言うリュカ。二人が去ったあと、老婆は変身を解く。なんと彼女は美少女フローラであった。美少女フローラは、リュカの本当の気持ちが自分にないことに気づき、ひと芝居打ったのである(なお、筆者はフローラ派である(怒))。

 パパスとの居住地に戻り、従者サンチョとも再び邂逅。ビアンカは懐妊し、二人の間に、一子アルスが誕生した。

 話は進み、ゲレゲレとの再会なども経て、宿敵ゲマとついに闘うリュカとビアンカ。しかしゲマの圧倒的な力によって二人は組み伏せられ、リュカは石化させられてしまう。ゲマはビアンカが「なにかと違う」ことに気づき、彼女をさらい、すべての悪の元凶「ミルドラース」の城へと連れていく。
 そこにはリュカの母マーサが、心を閉ざしたまま球形バリアの中いた。ゲマは、実はビアンカこそ「天空人」の末裔であり、マーサと会話し、魔界の門を開けミルドラースを呼び出せ、と命令する。
 マーサとテレパシーで話すビアンカ。しかしマーサは「今回は今までと違うのです」と意味深な言葉を言い、魔界の門を開ける呪文は教えず、怒ったゲマはビアンカをも石化したのであった。

 リュカの石化が解かれたのは、なんと十年(たぶん)もあと、やりとげたのは息子アルスであった。アルスは元気な少年としてサンチョのもとで成長し、父リュカの石化を解く冒険をしていたのだ。
 そこで魔物と相対するアルス、リュカはこれを使え、と間違って「天空の剣」を投げ渡してしまう。するとアルスはその剣の鞘を抜き、魔物を一刀両断してしまった。アルスこそ「天空人」の末裔だったのだ(ま、ビアンカがそうだからね)。

 二人はゲマと闘うために、竜が人の姿を借りているという話がある街へ。そこで以前ヘンリー王子とリュカを助けた優しい老人プサンと出会い、彼こそが竜であることを知る。しかし、ドラゴンオーブがないので竜に戻れないとのこと。リュカが持っていたドラゴンオーブは偽物だったのだ。

 ここは妖精の力を借りる一手だな、というプサンの助言に従って、スライムのスラリンを伴って妖精の国へ行くリュカ。そこで艱難辛苦を乗り越え、妖精の力を借りて、過去の自分に会いに行くことに。そう、子どもの頃、ドラゴンオーブを見せびらかした不思議な青年は、自分自身だったのだ。
 ドラゴンオーブをすり替え、今の時間に戻るリュカ。プサンは竜として復活し、ゲマの待つミルドラースの城へと向かう。
 アルスは母リュカの石化を解き、闘いは開始された。だが多勢に無勢。大勢の魔物に囲まれ旗色が悪い彼らに、突然、力強い味方が現れた。ブオーンと、ヘンリー王子の戦闘部隊であった。彼らに後衛を任せゲマを追い込んだリュカとビアンカ、そしてアルス。
 しかしゲマは、リュカの母マーサの力を利用して、自らを崩壊させながらも、ミルドラースを復活させてしまった。
 魔界の門を封じるには、天空人の末裔が、「天空の剣」を使うしかない。
 ブオーンに投げられ、天空の剣を掲げ、天高く飛ぶアルス。ミルドラースはついに倒された――

 と、リュカの周りの時間が止まった。そこは不思議な空間であった。すべてのものが静止した空間の中で、ミルドラースがついに姿を現す。
「わたしはミルドラースに化身したウイルス。この世界が嫌いなものに仕掛けられた存在だ。君がいるのはバーチャル世界のドラゴンクエストワールドに過ぎない」
 ミルドラースが「テクスチャオフ!」と唱えると、リュカの周りの世界が真っ白に、「グラビティオフ!」、「コリジョンオフ!」次々とゲーム世界のリアルが崩れていく。

「リュカ」はそこでやっと思い出した。これは確かにバーチャルゲームの中だったと。自分は「リュカ」などではない。ドラゴンクエスト好きの名もない青年。街のバーチャルゲーム屋で「ぼく、いっつもビアンカ選んじゃうんですよねー」などと軽口を叩くような、ただの青年だった、と。
 今回のゲームの少年時代が短かったのも、そのとき「少年時代:スキップ」を選んでいたから。またビアンカを即選ばなかったのも、「選択:フローラ」にしていたからだと。

 茫然とする「リュカ」に、ミルドラースの名を借りたウイルスは勝ち誇ったように言う。

「早くオトナになれ!」

「リュカ」はハッとする。「それでも、ゲームの中であっても、ぼくにとっては、大事な現実なんだ!」
 正面からウイルスに立ち向かうリュカ。そこに現れたのは、ゲームの最初から主人公に付き添っていた、あのスライム「スラリン」であった。
「ぼくは君を最初から見守っていたワクチンだ。これを使って!」スラリンの背から「天空の剣」が出てくる。
 リュカはその剣でウイルスを突き刺し、ゲーム世界は再び、リアルなものとなって復活した。

 丘の上を走るアルス。それにビアンカ、ゲレゲレ。このドラクエ世界の平和よ、永遠に――

  Continue your adventure.


 ちなみに筆者は本作を一回しか観ておらず、それも三日前のことなので、詳細などは違っている可能性大であるが、ま、流れとオチ、ということでご了承を。

 しかしなっが! なっがいですな。これを103分の尺に納めたものだから、子どもなどは途中、ストーリーを追えなくて飽きてしまったのではないだろうか。ま、いなかったですけどね、チビッ子たち。
 しかし、ストーリーテリングとしては悪くない。伏線はすべて作中で回収し、きれいな構造体として形をなしている。この世界がゲーム世界だ、というのも、唐突に出てきたものではない。途中、マーサが「今回は違う」と言っているのがその伏線だ。

 で、世間の悪評ぷんぷんは、ラスト部分。このドラゴンクエスト世界がバーチャルリアリティであり、今までのストーリーがすべて「創られたもの」であった、というところに集中している。つまりこれね。


(「トータル・リコール」より引用。マトリックスというよりはこっちのイメージだろう)

 ちなみに細君の感想は「フローラを選ばなかったのは許せない」だそうだ(ウチはそろってフローラ派)。

 この記事もあまりに長くなったので、なつよ、次回に続こう。
posted by 結城恭介 at 08:00| 書評・映画評