2019年08月24日

【日記】J:COMの点検営業にちょっと強気で出てみた話

 前回は「某:COM」と伏せ字にして同じような記事を書いたが(「【日記】某:COMの点検営業来たる」)、検索エンジンのことを考えると、伏せ字にすると本当にその情報がほしい人が読めないかもしれないという可能性があることを考え、今回ははっきりと書く。「J:COM」あるいは「JCOM」、「ジェイコム」の「点検営業」である。

 前回の記事を書いたのが2017/06/14。もちろん、2018年の同時期にも、やはり同じような点検営業の電話がかかってきて、そのときも2017年と同じようにのらりくらりと営業トークをかわしてお帰りいただいたのであった。
 ちなみにそのときも、電波の具合は我が家の受像機の電波強度インジケーターで確認し「良好ですね」のあと、怒涛の4K、8K、インターネットの営業トークであった。
 このとき、2017年とは違い、あまりにしつこかった印象があるので、ちょっと腹立たしく感じていたのだ。

 さて今年2019年の初夏にも、留守中に二、三回、J:COMから「点検のためお伺いしたいので、立ち会いできる日を決めたくお電話さし上げました」という留守電が入るようになった。

 今回は、家に病人がいることもあり、また、忙しい時間をくだらない営業トークでつぶされたくないため、ちょっと強気に出てみよう、と腹を決めていたのである。

 そんなある日のこと、電話が鳴った。PHSからである。J:COMからの番号だとわかっていたので、警戒しつつ受話器を取る。

 J:COM「もしもし。結城さんのお宅でいらっしゃいますか。今回は、点検のご案内の電話を差し上げました」

 わたし「その点検ていうのは、義務なんですか?」

 相手は、ちょっと気おくれしたようだった。

 J:COM「いえあの、これはですね、地上波デジタルを弊社のケーブルでご覧いただいている方に行っている、電波がちゃんと来ているかどうかをチェックするですね」

 しどろもどろである。で、ちょっと強く出てみた。

 わたし「チェックっていったって、専用の機械を持ってくるわけでもなく、いつも我が家の受像機のアンテナインジケーターを見て良好っていうだけじゃないですか。そんなのはね、わたしだってできるんですよ」

 J:COM「え、あ、いや、そうなんですけれどもね。ケーブルの太さのご案内とか――」

 わたし「で、いつもそのあとは、いらない4Kだ8Kだインターネットだのの営業じゃないですか。ウチはね、ケーブルでそれはいらないんですよ」

 J:COM「そ、それは、いろいろとご案内さしあげたいこともゴニョゴニョ」

 わたし「でですね、今回もそういう営業をなさるんでしたら、それは不必要ですから。インジケーターだけ見て帰ってください」

 J:COM「……わかりました。そういうご迷惑をかけていたとは申しわけありませんでした。それでは失礼いたします……」

 ありゃりゃ、ショボンとさせちゃったよ……。こっちも胸にチクンとくるものが、これって、恋、ちげーよ。

 なんにしろ、相手が素直に謝ってきてしまったので、後味が悪い。
 後味は悪いが、まあJ:COMの点検営業はこんな感じで見事に断ることができたという例ということで。

 聞いた話によると、J:COMの点検営業は成功歩合制で、契約がとれないと一銭にもならないのだとか。そう考えれば、電話の相手に無駄足をさせなくて済んだよな、と、心も少し軽くなるのである。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記