2019年09月11日

【日記】キューブふたたび

 なんと、日産があのかわいいキューブを生産中止とな!? まったく最近の日産はなんというか、いろいろと嘆かわしい。
 わたしはそこそこ日産車を乗り継いでいる日産車ファンなので、やっぱり日産には元気でいてほしいのである。

 って、そのキューブの話題ではない。去年の今頃、ハマりにハマっていた、ルービックキューブこと六面立体パズルのことだ。

 このブログから、徐々にキューブの話題が消えていったので、「さては飽きっぽい結城さんのこと、また飽きたに違いない」と思われていたあなた、半分正解である。
 もうなんというか、sub120(120秒で完成させること)以下になかなかならないし、いろいろ手順を覚えるのもシンドイしで、忙しさにかまけてちょっと練習をサボっていたら――手順を忘れてしまって、六面完成ができなくなってしまったのである。

 こうなると、六面完成したままのキューブは聖域となり、動かすことが怖くて、そのまま部屋のオブジェと化してしまう。
 まったく、ハマっていたときは、売れ筋のキューブ三種類を全部買っていたというのに、あきれたものである。
 専用のストップウォッチまで購入したというのにねぇ……。

 それでも、お正月の年始オフには、友人たちに布教用のキューブをプレゼントしたりもしていた。

 わたし「配っておいてなんですが、わたし、六面完成できなくなってしまってます」
 R氏「えーっ、手が覚えてたりしないんですか?」

 そう、手が覚えているかと思ったら、半年以上、キューブに触れずにいたら、忘れてしまったのだ。どうやらルービックキューブの解法は、自転車やスキーのように小脳に刻み込む記憶とはちょっと違って、一度覚えたら忘れない、というものでもないらしい。

 というわけで、ほこりをかぶったキューブに触れず2019年の平成は終了。そして令和になった八月の終わり、どうにも眠りにつけなかったある晩、ベッドの脇に飾ってあったキューブを手に取って書斎へ行き、PCにスキャンした「手順表」を映して、おそるおそるキューブをスクランブルしたのである。

 マニーな専門用語を使わずに、キューブの六面完成の手順を追っていくと――

1)裏面十字クロス完成
2)裏面完全一面完成
3)二段目完成
4)上面十字クロス完成
5)上面色あわせ完成(上下の二面完成)
6)上面四コーナー色あわせ完成
7)上面側面色あわせ完成

 で、六面が揃う(ソルブ)ようになっている。

 上の方で、再三「手が覚えていない」と書いていたが、実際に動かしてみると、なんと、上記手順の3までは、自然に指が動いてできることに、自分で驚いた。
 これはなぜかというと、何千回とソルブしているうち、3の作業量がとても多い、ということがある。それだけ練習量も自然に多かったので、指が忘れていなかったのだろう。

 さて、そこから先の手順。これも「手順表」を見ながら、ああだこうだと動かしているうちに――なんと、朝までに、指が動きを思い出してきたのである。
 そして陽が昇る頃には、手順表を見ず、ソラで六面完成できるところまで復活できたのだ。

 もちろん、いくつかの特殊な手順は忘れている。たとえば、ある手順Aの逆手順Bは、Aを二回繰り返せばできるのだが、もちろんBの方が速い。このBまでは思い出せなかった。

 それでも、である。
 驚いたことに、なんとタイムを計測してみると、sub90台なのである。飽きた頃がsub120だったのに、久しぶりにやってみたら、30秒近く記録が縮まっていたのだ。
 これは上記手順の1と2のスピードがあがっているからのように思う。ここは手順といっても、一番、変化が多いところで、決まった解法自体がない。そこを先読み≠キることでタイムが短縮できたのだ――と自己解析してみたが、実はそれ自体、前もやっていたことだし、なぜ久しぶりにやって30秒もタイムが良くなったのかは、実際のところわからない。

 スーパーサイヤ人のように、一度、瀕死になってから復活すると、指の回りが良くなるのかもしれない。

 そんなこんなで、前よりタイムも縮まるという嬉しい誤算も相まって、またキューブを毎日回している。これからはsub60が目標である。

 triboxを覗くと、ちょっとキューブから離れているうちに、もう新御三家のような新製品がでていてびっくりである。しかしもう置き場もないので、sub60を切るまで、新しいキューブはおあずけにしよう。

 なんて書いているけれど、スーパーサイヤ人理論が正しかったら、また一度、キューブから離れた方がタイムが良くなったりして、ね。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記