2019年10月05日

【回想録】おねしょの思い出

 わたしは幼児期、二回、引っ越しをしている。つまり三カ所、家を変わったわけだが、三カ所目に移ったときは小学校二年生で、三カ所目の家でのおねしょの経験はない。
 ということは、推察するに、小学校一年生くらいまではおねしょをしていた可能性があるということだ。
 卒おねしょが小学校一年生というのは、ちょっと遅いほうなのかもしれない。実際には幼稚園で卒おねしょをしていたのかもしれないが、このあたりはわからない。

 おねしょにまつわる思い出と言えば、母が「おねしょのクスリだよ」と言って、ギンナンの実を炒って食べさせてくれたことである。もちろん、なんの根拠もないプラシーボなのだが、不思議と、ギンナンを食べた晩はおねしょなしでいられるのだった。

 もっともっと小さい頃、本当に記憶リミットの思い出としては、一晩に二回、おねしょをしてしまい、さすがの母もキレてわたしの布団をはぎ取り、泣くわたしを、父が自分の布団にいれてくれたことがある。このときの父母は、今のわたしより若かったはずだ。この子はどうなるのだろう、と頭を抱えていたに違いないが、わたしは父の布団の温かさで、すぐに眠ってしまった。

 そんな父母の心配をよそに、大きくなったら自然におねしょなど治ってしまう。まあ、そんなもんである。

 さて、それが最近、歳を取って、だいぶ就寝中のトイレが近くなってしまったのである。
 夢の中で、トイレを探して、ジャーッとやる。たいていそれは汚いトイレで、イヤだなぁ、と思いながら放尿する夢だ。
 そこでハッとして目覚め、「この歳で寝小便してないだろうな!?」と慌てて確認して、無事なことにホッとしつつ、現実のトイレへ行く、と、まあこんな感じである。
 ひどいときなど。この「現実のトイレへ行く」ところまで夢だったりするから気が抜けない。それでいて、実際に出る尿量は多くないのだから、歳を取るというのはやっかいなものだ。

 などということを繰り返すようになった頃、リアルにトイレで放尿しているのに、妙に寝小便をしている感覚≠味わうようになった。

 このときわたしは確信したね。この世界は創られたものだと。アンダーソン君。君は実は、現実世界ではケーブルに繋がれて眠っており、放尿もそのまま垂れ流ししているのだよ――そんな感じ。

 この奇妙な感覚は一ヶ月くらいで消えてしまったが、依然として就寝時の小用衝動は消えず、夢の中でトイレを探したり、汚いトイレで用を足してハッとして起きる、というようなことは続いている。

 夜中に起きてトイレへ行くのが面倒くさいので、細君に、世の中にたくさんいるという「ペットボトル尿」推進派の話をし、「どうだろう?」と提案したら、無碍に却下されてしまった(あたりまえだ)。

 うちは結婚以来ダブルベッドで、いつも細君が横に寝ている。
 仕方ない。もし、おねしょをしたら、そっちに細君を転がして、朝、細君のせいにしようっと。
posted by 結城恭介 at 08:00| 回想録