2019年10月16日

【日記】台風19号の被害に遭われた方にお見舞い申しあげます

 台風15号が、わたしが住む千葉県を中心に猛威をふるって、まだ一カ月も経っていないというのに、今度はこちら側が皆さまの心配をする事態になるとは思わなかった。

 10月12日に日本を通り過ぎていった台風19号の被害に遭われた読者の方がいらっしゃいましたら、深くご同情申しあげます。
 なによりお体とご家族のご無事と、これからのトラブルが少ないことを神さまにお祈りすることしかできないわたしですが、もし15号のときにお見舞いをくださった方の中に被害に遭われた方がいらっしゃいましたら、ご一報ください。せめて個別にお返事をさしあげたい次第です。
 それ以外にも「おまえの駄文の愛読者だけど被害にあったよ(怒)」という方がいらっしゃいましたら、ぜひフォームメールから。

 わたし自身の被害としては、今回の台風は根城である千葉市にあまり爪痕を残すことはなく、停電も一回、それも短時間で復旧したので、ちょっと拍子抜け、という感じであった。もちろん台風がくる前に、今回は抜かりなく準備をしておいた成果が出たからこそではあるが。
 ただ、ケーブルテレビのジェイコムが、台風の情報が一番ほしい時間帯に放送停止するという事態に陥り、これはけっこう不安であった。
 日頃、テレビはもう見ない、とか言っていても、やはり災害時にはNHKが頼りになる。ま、受信料払っていわけだから、こういうときにこそNHKにはがんばってもらわなければ。

 台風15号は千葉県南部を中心に、猛烈な風を原因とする被害が多かったわけだが、今回の19号は風よりも雨、それも堤防が決壊したりあふれたりの水害が多かったようだ。

 わたしがまだ小学生低学年だった頃、こういう水害は決して少なくなかった。テレビで流れる、水害に遭い、街がプールのようになっている光景を、子どものわたしは、不謹慎ながら少しわくわくしてそれを眺めていたものだった。
 そして、一緒にテレビを見ていた母に言ったのだった。

 わたし「もしこの町がこんなになったら、ぼく、水着に着替えて泳ぎたいな」
 母「やめなさい!」
 わたし「え、なんで?」
 母「こういう水はね、雨水だけじゃなくて、下水もまざってるの。とても汚いの。病気になっちゃうよ」

 はえ〜そうなんだ(粉みかん)。
 その会話で、水害都市で泳ぎたいという衝動ルーチンがあったわたしのファームウェアに、災害で街に満ちた水は汚いので泳げない。というバグフィクスアップデートがあったのである。

 今回、汚水が満ちた街で浮輪を使って泳ぐという蛮勇をふるっていた方がいて、Twitterなどでプチ炎上したようだが、わたし的には、わたしの小学生低学年時代の夢をかなえてくれたヒーローなのであるw。

 ま、その発想自体が、小学校低学年並だという証左でもあるよね。
 でも、でも、でも――ほんとはみんな、小さい頃、やりたかったんじゃないの(笑)。

 冗談はともかく、今回、東日本を襲った台風19号のの爪痕が、少しでも早く癒えることを祈るばかりである。

 台風の思い出を回想録に記そうと思ったが、正直、人生半分終わっている歳だというのに、今回の15号、19号以上に(身の回りの環境で)猛威をふるった台風を経験したことがないことに気づいた。
 もう秋のこの季節に、一カ月の間に連続二発というのも初めての体験である。

 地震も怖いが台風も怖い。願わくば、皆さまがこれからの人生で、これ以上の大きな台風にみまわれませんようにと祈り、筆を置く。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記